ロン毛と坊主とニューヨーク+留学+海外移住+まだ東京で消耗してるの?.jpeg
 

ニューヨークおすすめ観光情報

2009年からNY在住のロン毛と坊主が選ぶNYのおすすめ観光スポット集

 

お勧めスポットを探す

 

マンハッタン

 

ソーホー/ノリータ周辺

ソーホーはマンハッタンのダウンタウンに位置するショッピングエリアとして有名で、有名ブランドの旗本店からセレクトショップ、お洒落なカフェなどが集まる、観光では外せないエリアです。お隣のエリアであるノリータも合わせてご紹介します。

イーストヴィレッジ

イーストヴィレッジはその名の通りマンハッタンのダウンタウン、東側のエリア。老舗のバーやヴィンテージショップ、ブティック、タトゥースタジオなど、昔からの文化が色濃く残っています。日本食レストランや居酒屋が多いのもこのエリアです。

 

ユニオンスクエア周辺

マンハッタンのダウンタウンの中心に位置するユニオンスクエア。地下鉄もN,Q,R,W,4,5,6,Lと多くラインが通っており、ユニオンスクエアの公園を中心とした周辺エリアはショッピングエリアでもあり日頃からローカルにも親しまれるエリアです。

グリニッジヴィレッジ

グリニッジヴィレッジはイーストヴィレッジの反対側、マンハッタンの西側ダウンタウンに位置する閑静なお洒落エリアです。ファッションブランドのブティックやお洒落なバーが立ち並ぶ、ゆっくり散歩すれば贅沢な時間が過ごせるでしょう。

ロウアーイーストサイド

ロウアーイストサイドは、イーストヴィレッジの更に北側、ソーホーの東側に位置するエリアです。小さなブティックやアートギャラリー、バーが立ち並ぶ、お洒落エリアなので、ダウンタウンに行ったら歩いてみたいエリアの一つです。

チャイナタウン

マンハッタンのチャイナタウンは、本当に中国にいる感覚に陥るような、ニューヨークでも異彩を放つエリア。英語を喋れない中国人が経営するお店も多いですが、本場の美味しいレストランが多く、価格も安いので一度はご飯に訪れたいエリアです。

 

チェルシー/ミートパッキング周辺

有名なアートギャラリーが立ち並ぶチェルシーエリアと、その南に位置する再開発されお洒落なブティックが立ち並ぶミートパッキングエリア。木曜の夜にはアートギャラリーでエキシビションのオープニングパーティーも多いので、アート好きの人は是非。

ノーホー/ワシントンスクエア周辺

ソーホーの北に位置するノーホーと、その西側に位置するワシントンスクエア公園の周辺は、レストランやバーが多いエリアです。名門ニューヨーク大学に隣接する公園の凱旋門は有名で、休日は多くのニューヨーカーの憩いの場として愛されています。

 

ミッドタウン

基本的にオフィス街でもあるミッドタウンですが、美術館や大型デパートやファストファッションのお店、コリアンタウンなど、観光にも十分に楽しめるエリアです。エンパイアステートビルディングやグランドセントラル駅などのNYのシンボルもこのエリアになります。

 

ブルックリン

 

ウィリアムズバーグ

日本の雑誌やメディアで「ブルックリン=お洒落エリア」の先駆けとして取り上げられ、日人の多くの方が想像する「ブルックリン」はこのエリア。セレクトショップ、古着屋、カフェ、レストラン、バーなどが多く、今もブルックリンの最新カルチャーを発信するエリアとして多くの観光客が訪れるエリアになっています。

ブッシュウィック

ブルックリンの主要エリアであるウィリアムズバーグの東側、地下鉄LトレインでMorgan AvやJefferson Avなどのエリアはもともと工業地帯だったエリア。ウィリアムズバーグ人気に伴う家賃高騰に伴い多くのアーティストやクリエイターがブッシュウィックへ移り住み、現在はお洒落でヒップなエリアとしてNYでも最も注目されているエリアです。

 

ベッドスタイ

ブッシュウィックの南側、J,ZトレインやA,Cトレインが通るあたりのエリアをベッドスタイと言います。住宅地エリアですが、最近ではオーガニックレストランやお洒落なバー、カフェなども続々とオープンしているアップカミングなエリアです。

 

 

クイーンズ

 

クイーンズはマンハッタンやブルックリンと比べると所謂ベッドタウンとして移民が多い住宅地エリア。アジア、インド、中東などの他民族が住むエリアだからこそ、リーズナブルで各国の本場の味を再現したローカルレストランが多いのが特徴です。旅行の際にクイーンズに滞在する場合、そこでしか食べられない現地の味を楽しんでみてはいかがでしょうか。


新着オススメスポット記事

 
 

合わせて読みたい

ニューヨーク関連記事

 

新着ブログ記事


エリア一覧へ