2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

ビットコインを利用した新サービス「VALU」が革新的すぎて寝食を忘れていじり倒してみたハナシ

ビットコインを利用した新サービス「VALU」が革新的すぎて寝食を忘れていじり倒してみたハナシ

 

 

 

こんにちは、「ロン毛と坊主とニューヨーク(@longebose)」のロン毛、下里(@watarubob)です。

 

半月ほど前に「今がアツいと噂の仮想通貨に投資初心者の私が30万円投資してみたハナシ」という記事で書いたのですが、一ヶ月前くらいに仮想通貨へ投資を始めてみました。

結果的に、今まで55万円の元金を運用していたのですが、この一ヶ月の間に資金は最大で118万円まで増幅し、しかし恥ずかしながら完全に売り時を逃し、そこからものすごい暴落によって一時は38万円(-17万円)まで減って、現在は始めてから一ヶ月程度たった6月5日現在の資産は75万円程度で落ち着いていました。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

で、ここからが本題なのですが。

ロン毛と坊主のツイッターをフォローしてくだっさっている方やこういった情報を仕入れるのが早い人は既にご存知であろう、5月31日にローンチしたVALUというサービスがあるんですね。

これがめちゃくちゃ面白い。

 

簡単に言えば個人が株券を発行し仮想通貨であるビットコインを使って個人株を売買できるというサービスです。

もちろん自分の株を誰かが買ってくれれば、買ってくれたBTCを日本円に換金することでそれを資金源として自分の活動に使ったり、もしくは投資してもらったBTCで他の人の株を購入することも可能。

トッププレイヤーの方達は1日で実際に10BTC(1BTC=約30万円)など多額の金額を調達しています。

すごい世の中になったもんです。

 

ちなみにこのトッププレイヤーランキングにはいつもお馴染みの顔ぶれが並んでおり、堀江貴文さん、イケダハヤトさん、はあちゅうさん、家入一真さん、梅木雄平さんなどがランクインしています。

そしてそこにブロガーや実業家、アイドルなど有名無名問わず様々な個人が参入してきていると言った状況。

5月31日にローンチされたサービスですから、まだまだこれから著名人が参入してくるでしょう。

私も「早くあの人参入しないかなー」と願ってる人が何人かいますね。

詳しいVALUの説明はこの記事が一番わかりやすいかなと思うので、興味がある方はどうぞ。→ 株式のように自分の価値を取引できる「VALU」、購入にはビットコインを利用

 

 

さてそんな今話題のVALUですが、私も3、4日前数日前からアカウントを作成し個人株の承認待ちをしているところです。(今、承認待ちは数日かかっているよう)

ただ、自分の株を売買せずとも既に承認されている他の人の株は購入することができるので昨日から今日にかけてパソコンに張り付き、いろんな人の株の動きを見たり実際に何人かの株を買ったりして研究していました。

 

VALUは個人が株を取引し資金調達できるツールでもありますが、もちろん株の売買をするからには利益が出たり損益が出たりするわけですね。

そんなことを前提に、私が寝るのも忘れてパソコンに向かい続けVALUを使い倒してみた実感としては、私を含め著名人でない多くの人の場合、株式トレードで上手く立ち回れば今の時点ならば十分な利益を出すことが出来るということ。

そして、その十分に利益を出すには早く始めた人で資金力のある人が圧倒的に有利ということを実感しています。

まぁそれに関してはこのサービスだけではなくて、仮想通貨の投資にしてもなんにしても基本的に情報を早くキャッチして取捨選択できた人が強いのは当たり前なのですが。

 

先ほどもこんなツイートをしました。

私はコインチェックという仮想通貨の取引所を利用して仮想通貨への投資をしていて、多少資産は増えていましたが、それでも私が仮想通貨に参入した時期は数年前から参入していた人たちと比べれば圧倒的に遅かったわけです。

そうなると今から仮想通貨にそのまま投資し続けて資産を増やしていくよりも、今私がVALUを使い倒した感覚だと今の段階だとVALUで投資した方が資産を増やしやすいように感じました。

 

理由はまだ個人株を取引している著名人が圧倒的に少なく、また一般ユーザーも少ないことから株価が上がりやすい株を安価で大量に仕入れやすいから。

 

VALUはローンチしてからまだ一週間もしていないので、今後どうなるかもわかりませんが、運営側は半年で100万人ユーザーを目指すとのことだったので、今後ある程度は浸透していくことかと思っています。

が、ますます浸透していけばもちろん競争相手も増えるため株価も安定していきトレードで利益を出すのは難しくなっていくので、やるなら今かなと思っているところ。

 

私が使ってみての感じたのは、誰もが投資してもらえるから有名無名関係ないとは言われているものの、トレードで利益を出そうとするには、やはり今のところ著名人のような人以外では難しいのが現状かなという感じ。

もちろん今全然知られていない若者や無名な人でも、面白そうな人に投資して中長期的に株を所持するやり方もあるでしょうし、本来のVALUの使い方はそうであるべきなんだと思いますが。

もう少し噛み砕いてわかりやすく例えれば、プロジェクト単位で面白そうな企画に支援するクラウドファウンディングが、その人の人生そのものを支援や応援するといったニュアンスに近そうですが、株式のようにVAは価値が上下するので支援先のVAの価値が上がって利益が出ることもあれば逆も然りということですね。

どちらにせよ、こういうのは自己責任で、面白いと思えば食いつけばいいし、興味がなければ放っておくのもいいでしょう。

 

私はこのVALUが面白いと感じたので、55万円から始まった仮想通貨投資、今日までに約75万円ほどになっていた資金のうち約1BTC(約30万円)ほどの資産をVALUに送金し、VALUに送ったBTCは投資しています。

残りの約45万円分の資金もBTCに変えてVALUに送金してVALUで投資しようかと考えているところです。

どっちにしろBTCでの取引なので、VALUで甘い蜜が吸えなくなったらコインチェックに送金し直して、そこからまた仮想通貨へ投資してもいいだろうし、このまましばらくVALUが面白そうだったら引き続きVALUを利用してもいいかなと思っています、その辺は常に面白いモノを探すセンサーを張り巡らせてうまく動いていきたいですね。

 

 

そんなこんなで、まぁそもそも仮想通貨に興味がない人には全くわからない話かもしれませんが、今ネット上ではこんな革新的なサービスが始まっていて世の中どんどん動いているんですよ、というお話でした。

ちなみに法的に大丈夫なサービスなのかというと、

サービスの開発が始まった約9ヶ月前から頻繁に金融庁を訪れ、1つ1つの機能について法律面の問題がないか確認してきた (p.techcrunch.com)

とのことなので問題はない様子です。

 

 

先のツイートにもあったように、VALUではビットコインを購入することができず、私が利用しているコインチェックなどのビットコインを購入できる取引所でビットコインを購入し、それをVALUへ送金するという形を取るため、もしVALUでの取引に興味がある方はVALUへの登録に加えてビットコインを調達する取引所への登録もお忘れなく。

コインチェックは日本最大級の仮想通貨取引所で、ビットコインの他に日本で一番多い種類の仮想通貨を扱っていて、VALUを始めなくとも仮想通貨投資をしてみたい人なんかにもオススメなので興味のある方はそこから初めてみてもいいかもしれませんね。

 

まだ私の個人株は審査待ちですが、審査が通れば私の個人株も購入可能ですので、皆様の中に私の株を持ちたい方がいればぜひ投資をお待ちしております。

 

「ロン毛と坊主とニューヨーク(@longebose)」のロン毛、下里(@watarubob)でした。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
[ダイエットや美容にも]ヘルシー坊主が実践する健康ネタ30選!(食事編)

[ダイエットや美容にも]ヘルシー坊主が実践する健康ネタ30選!(食事編)

坊主が同時にデートしてた二人が同時に消えてしまったハナシ

坊主が同時にデートしてた二人が同時に消えてしまったハナシ