2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでゲストハウス、またオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

実体験から紐解く!冷水シャワーの具体的な効果と感覚的な効能8つまとめ

実体験から紐解く!冷水シャワーの具体的な効果と感覚的な効能8つまとめ

実体験から紐解く!冷水シャワーの具体的な効果と感覚的な効能8つまとめ

 

 

 

コンチワ!皆さん。ロン毛と坊主とニューヨークの坊主、宮本(@longebose)です。

 

先日書いた食に対しての記事が結構読まれて、賛同する方達が多くいたのをロン毛の下里が素直に驚いていましたが、

2017年度まとめ「生きるのに炭水化物、朝食、昼食は必要なかった」」参照

 

驚くだけで、彼の食生活を変化させるには至らず、相変わらず、朝にはパン、夕食後にはアイスクリームを食べております。

まぁ気にせずいきましょう。

 

ともあれ、もう一つ私が是非オススメしたい、皆さんに日常生活に加えてほしいことがあります。

それは冷水シャワー。えぇ、真冬の今こそ冷水シャワーです。

アホか!死ね!と言われるのには、もう慣れっこになっているのでスルーしますが、まぁキツいですよね。

地獄の所業だと思います。シャワー中は軽く死んでます。(そこがミソなんです。)

 

しかし、私がそれを実行するには、やはり具体的な理由があり、大げさかもしれませんが、

「人生がまたとんでもない方向に変わった!」くらいのインパクトがありました。

 

様々な身体的効能がありますので、軽く説明していきたいと思います。

 

1、乳幼児にしか存在しないBrown Fat Cell(茶色い脂肪)が増える

なんじゃそりゃ?って感じですが、一般的に、脂肪には二つ種類があり、

一つは白い脂肪、こちらはカロリーが体の許容範囲を超えると、貯金的な意味で、体に蓄えられる脂肪です。

この脂肪が蓄積すると肥満となり、様々な成人病を始めとする病気の原因となります。

 

一方で茶色い脂肪、Brown Fat Cellという脂肪があります。

こちらは、体内の脂肪を燃やして体全体から熱を発生させるという驚愕の細胞です。

この茶色い脂肪は乳幼児の時には活発に働いていますが、徐々に減少していきます。

だから赤ちゃんって寒くても震えないんです。自分で熱を発生させているから。

まぁ、中年オヤジみたいなグータラな白い脂肪と、活発で元気な子供みたいな茶色い脂肪が体内には存在するんです。

この脂肪を熱に変えて放出する「茶色い脂肪」が体内に増えることにより、

体脂肪が常に燃えている状況を作り出すことで、一般的な肥満へのリスクが減少するわけです。

運動もいいですが、少林寺にでも籠ってないかぎり、一日2時間のトレーニングが限界でしょう。

その運動のカロリー消費プラス、24時間常に脂肪が燃える体のシステムを作ればこっちのもんです。

 

普通に生活することがダイエットになります。

 

さて、この茶色い脂肪を増やすには、どうすればいいか?

そうです。冷水シャワーです。

別に寒いところにパンツ一丁で20分くらい立っててもいいですが、シャワーの方が体温が一気に下がるので、

茶色い脂肪が活動を始めるスピードが速くなります。

寒い日に外で超薄着で運動するのもアリです。

冷たい外気に肌をさらすことによって、茶色い脂肪が増加します。

何故かこの脂肪は首の後ろに多く存在するらしいので、私は冷水で後頭部と首、そして体温を下げるために脇の下、そしてついでに男なので金玉を重点的に冷やしております。

 

英語ですが、一応ソースのひとつを貼っておきます。Brown Fat Cellで調べても結構でてきますよ!

「What Is Brown Fat? 5 Fascinating Facts」

アンチエイジングを心がけている方々、赤ちゃんにしか存在しない細胞が増えると聞いてワクワクしませんか?

私はココロオドっています。


 

2、ストレス解消、鬱防止に効く

このクソまみれな社会で暮らしていると、自分がハッピーでも、

他の人達が大分御機嫌斜めで、つっかかってくるので、結構ストレスが溜まります。

そのストレスを文字通り洗い流してくれるのが、冷水シャワーです。

具体的には、冷水を浴びることによってストレスに関係する尿酸値が下がります。

そして体が老いるのを食い止める抗酸化作用をもつグルタチオンが増加します。

誰かが言っていましたが、雨に打たれることは、体の中に固まっているストレスを浄化する効果がある、

とのことでした。

私も朝運動して、お店で勤務した後は、何だか体が火照っている感じがしますが、

夜に冷水シャワーを浴びると、体の中に溜まったストレスが全て爪先や踵を通り、

排水溝に吸い込まれていく感覚があります。


 

3、運動後の疲労回復にGOOD

結構これは知っている方たちが多いと思いますが、トレーニングの際、使って熱をもった筋肉をできるだけ冷やすと、回復力が高まり、次の日の筋肉痛が和らぎます。

これは自分ではシャワーより、銭湯とかで水風呂に入った方が効くと思います。

アメリカではトップアスリートのレブロン・ジェームス、ベッカム、メイウェザーが、Cryotherapy、クライオセラピー「凍結療法」なるものを取り入れています。

こちらは、マイナス150度以下の冷気がでるカプセルに数分間入るというものです。

私が好きで、よく聞いているJoe Roganのポッドキャストでも言及しているので、英語がわかる人はどうぞ!


 

4、朝浴びるとアドレナリンがドバドバ、感覚が鋭敏になる

いきなり朝に冷水を浴びると、ショックでバンジージャンプ並みのアドレナリンが出るようです。

肌全体がショックを受けて起き上がるので、感覚が鋭敏になり、周りの視野が広がる感覚があります。

街に出ても、よく見えますし、聞こえますし、感じます。


 

5、コートが要らなくなる

これは冬限定ですが、体が自分で熱を発生させるようになるので常に体がポカポカです。

私は真冬でもコート要らずの体となりました。今回の冬、コートを着たのは2回くらいでしょうかね。

だからどうだっていうハナシですが、寒いことは体にイイことだという認識になり、

寒い寒いと文句言ってたのが、「茶色い脂肪全開やな~」となり、

「この気温だったらTシャツでイケるわ」という感じになります。

庭でロン毛がヨージのコートを羽織って優雅にタバコ吸っている時に、

私は上裸で深い呼吸してたりします。


 

6、寝つきが良くなる

これは諸説ありますが、私は効果あると思います。

そもそも温水でも、シャワーを浴びることは自然と体温を下げるので、眠りの準備としては効果的な方法です。

しかし冷水にするとアドレナリンが出るので、そんなん寝る前に興奮してたら寝れるわけあるかい!という意見もあります。

が、私は、アドレナリン云々よりも、

体温が急激に下がって気絶しそうになる位眠くなること、

日中のストレスを全て洗い流せる感覚があること、

そして自然と呼吸が深くなり、体に酸素が充満すること(冷水浴びたらかなり呼吸が荒くなります)

等の理由から良い睡眠に一役買っていると思っております。

ラッパーのNasが Sleep is the cousin of deathと(睡眠は死の従兄弟)と歌っていましたが、

私も「眠るってことは結構死に近い」ことだと思います。もしかしたら「死が眠ることに近い」のかもしれません。

ともあれ、冷やして冷やして、ベッドに倒れこみましょう。

大丈夫です。太陽が昇れば、また生き返ります。

 


 

7、自分の体のコントロールが上手くできるようになる

これは不思議なことなんですが、以前は一日一食とか言っても、昼食にスープとか頻繁に食べていたんです。

理由といえば、単に腹がへって我慢ができなくなったからですが。

それが、冷水シャワーを浴びるようになってから、不思議と空腹を我慢できるようになったんです。

我慢っていうか、そもそも日中に腹があんまり空かなくなったんです。

何か自分の体が自身の欲望を上手く乗りこなしている感覚ですね。


 

8、温かいシャワーの幸せを感じる

冷水シャワーを浴びる日を増やして、たまには普通のお湯のシャワー、もしくは自然の雨くらいの温度で浴びてみて下さい。

無茶苦茶幸せな気分になります。ハンパないです。

この幸福感は冷水シャワーがあってこそです。

人生紆余曲折、ストレス受けた後に解放される瞬間、きついトレーニングの後の爽快感など、言葉にできないくらいの幸福感を感じることがあると思います。

毎日単調で平坦な日の繰り返しだったら、振り幅が少ないんです。

冷水と温水、そして雨の温度を使い分けることによって、言わば人生の縮図みたいなものを、日常的なシャワーで体験することができます。


さてさて、如何でしたでしょうか。

結構具体的なモノから感覚的なモノまで、冷水シャワーの効果について挙げました。

つっても最初から冷水は大変なので、5分くらいお湯で体洗いながらリラックスして冷水に移るのをお勧めします。

1分でも5分でもお好きな時間やってみて下さい。

一週間くらいやると肌と脳が冷水に慣れてくるので、浴びる時間も長くなりますよ。

私も5分くらいお湯、3-5分冷水、3分お湯、3-5分くらい冷水でシメます。

 

この3-5分というのは、聴いている曲によります。

私はシャワー中はスポーツ用のBluetoothの防水イヤホンで自分の好きな曲を聴いております。

まぁ体を洗い終わって、冷水に切り替えるタイミングでイヤホン装着がイイでしょうね。

私は一応濡らさないように気をつけて使用しているので、今のトコロ壊れてはおりません。

気が紛れてイイ感じです。

 

その内、氷風呂とかやってみたいです。因みに日本でも何かのCMに出てたアイスマン、WIM HOFというスーパーお爺ちゃんがいますが、彼が体を張って科学的に冷水シャワーを始めとするCOLD THERAPYを一般化させてくれました。感謝の念が絶えません。

VICEにも出演してますし、他にもウィムホフ式呼吸法など様々なことを紹介してくれています。

日本語には殆ど訳されていないのが残念至極が、時間の問題でしょう!

 

ともあれ、以上が私が実際に体験している冷水シャワーの効能でありました。

ご興味のある方は是非お試しあれ!人生変わりますよ!

冒頭でも紹介しましたが、健康に気をつけている私の食生活のまとめはコチラです。

「2017年度まとめ「生きるのに炭水化物、朝食、昼食は必要なかった」」

以上、坊主(@longebose)でした!

 

 

スタンダードを確立して外的要因に惑わされない人生を。

スタンダードを確立して外的要因に惑わされない人生を。

消費して楽しむ人生から、昇華し創造することで楽しむ人生へ

消費して楽しむ人生から、昇華し創造することで楽しむ人生へ