2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

[留学] アメリカでのルームシェア、同居するならアメリカ人?日本人?

[留学] アメリカでのルームシェア、同居するならアメリカ人?日本人?

[留学]同居するならアメリカ人?日本人?

 

 

 

留学をお勧めするか?と問われれば、

全力で「ハイ!是非!」と答える坊主ですが、

7、8年間ニューヨークで暮してきた私の経験から

「アメリカ人と同居するのと、日本人と同居するのはどっちがいいか?」

ということについて言及したいと思います。

 

簡単に私の住居歴を記すと

・大学の寮で半年間、4人で2部屋をシェア

・3ヶ月、黒人のお婆ちゃんとルームシェア

・3ヶ月、白人とルームシェア

・1週間、日本人のアパートに居候

・4年間、洋服屋の倉庫(シャワー、トイレ付き)で一人暮らし

・2週間、日本人のアパートへ居候

・1年間、日本人とルームシェア

・現在、ロシア人とルームシェア

 

渡米した当初は、右も左もわからなかったので、

とりあえず大学の寮に入りました。

ニューヨークの大学寮は、日本のそれとは一線を画し

ベラボウに高い家賃ですが

(2人部屋で一ヶ月12万円くらい)

友達が増えることも考えると、最初の半年は悪くないチョイスだと思います。

ちょうど今、その半年間隣の部屋で暮していた

ドイツ人のナイスガイがニューヨークに遊びにきていて

今夜会う予定です。7年経っても付き合いのある良い関係です。

2人の人間が1つの部屋を共有するというのは、年頃の若者には少々大変です。

(同じ部屋のルームメイトはかなり良い方でしたが、それでも嫌気がさしました。)

私も半年で限界でしたが、それでも最初の期間、寮に入ることはお勧めします。

 

私の場合はビジネスを専攻していたので、1学年300人くらいの学生がいて

同じ生徒と別の授業を受けることは、ほとんどなかったので、

寮で生活していなかったら、友達を作るのには相当苦労しただろうと思います。

 

ニューヨークに来る前に、TOEFLスコア取得のために

半年ほどカナダにいたので、少々調子にのっており、

「日本人となんて暮らしてられるか」

といきりたっていましたので、

寮生活の後には、アメリカ人とルームシェア(HIPHOPが好きだったので黒人と)

したかったので、外人とルームシェア専門の日本の不動産にいくつか斡旋してもらって

まずまずの物件を見つけて、ハーレムで生活することになる予定でした。

 

しかし、そのルームメイト(予定)の方が、

「君の部屋が雨漏りしてるから、とりあえず僕の母の家で暮らしてくれない?」

と引越し一週間前に連絡がきて、私は他の部屋を探す時間も余裕もなかったので

なぜかお婆ちゃんと、しばらく生活することになりました。

その後に、そのルームメイト(予定)から

「部屋雨漏り直ったけど、その部屋の家賃あげたから」

「僕の母の家で暮らしてもいいけど、そこの家賃もあげるから」

「そっちの都合で移ってもいいけど、デポジット(敷金のようなもの、普通は返してもらえます)は返さないよ」

一緒に住んでもいないのに、デポジットを返さないとは。

怒りがメラメラと湧いてきましたが、なにを言ってもノラリクラリと受け答えされるので

不動産屋に連絡して、別の場所を探してもらいました。

(デポジットは半分返ってきました。)

 

次に移ったのは、潔癖性の白人の中年男性のアパート

どれくらい潔癖かというと

使った皿を洗うのを忘れて、外出したら

その汚れた皿や調理器具を僕の部屋まで持ってきて放置される。

リビングで勉強しようとすると、

「君にはリビングの使用権はない。その椅子に座らないでくれ」

最後には「キッチン使用禁止」という通達がきました。

 

今となっては別にアメリカ人と暮らしてもどうってことないですが、

当初はアメリカ人と暮らすことに執着して余計なストレスを抱えていた気がします。

 

日本人はなかなかノーと言えない人種ですが

同居するのが日本人同士なら暗黙の了解というものがあり、日本での常識も通用します。(多分)

 

こちらでは、夜の2時くらいまで

日本の常識じゃ考えられないくらいの音量で大家族BBQパーティ(メキシコ音楽)などもありますし、

夜うるさくて何事かと思い、リビングに出たら

コカインと拳銃と大麻と現金を囲んでいる人達に

「Welcome to America(本当のアメリカへようこそ)」

とやたら陽気にシャウトされたこともあります。(これは高校生の時に中西部に一カ月滞在した時のハナシですが)

 

もし、読者の方々が留学を考えていて

自分は思ったことをすぐ口にできる

議論大好き、そもそも日本人気質ではない、

私はタフである。

という方なら、来てすぐに現地の人とも馴染めると思いますが、

自分のことをザ・日本人だと思うのであれば、

最初の半年間くらいは日本人と暮らして空気に馴染んでから、次の住居を探してもよいかと思います。

 

これまで出会った日本人の中にも一緒に暮らすのは難しいだろうなと思う人もいましたが、

わりかし少なかったようにも思います。

結局運次第と言えばそれまでですが。

(日本人同士で住んでいて、ルームメイトがコカイン中毒者で、色々と巻き込まれた方もいますね。)

 

極寒のニューヨークで日本人同士で鍋をつついて熱燗をすする

というのも中々良いものです。

これであなたもカメラ素人卒業!一眼レフ入門者へ単焦点レンズのススメ

これであなたもカメラ素人卒業!一眼レフ入門者へ単焦点レンズのススメ

[断捨離] 減らした結果、増えたモノ・コト

[断捨離] 減らした結果、増えたモノ・コト