2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでゲストハウス、またオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

激ウマ$1ピザや$10イタリアンも!ニューヨークの安くて美味い店、レストランまとめ14選【保存版】

激ウマ$1ピザや$10イタリアンも!ニューヨークの安くて美味い店、レストランまとめ14選【保存版】

ロン毛と坊主とニューヨーク ジョーズ上海 Pho Bang Ruby's Cafe

 

 

 

こんにちは!いつもブログを楽しみに読んでいます。来月に大学の友達と一緒にニューヨークに旅行するのですが、あまりお金がないので、ご飯は安くすませてその分観光やショッピングをしたいと思っています。どこか安くていい感じのレストランってありますか?」

 

こんにちは、ロン毛と坊主です。

読者の方々からの質問に答えるQ&A企画、

今回はニューヨークの安くて美味しいレストランについて。

 

 

旅行でご飯を食べる際、

お洒落で流行りのレストランに行くのもいいですが

ローカルしか知らないような小汚くともリーズナブルで味に定評のある店に行くのもいいですよね。

 

 

私たちがよくご飯を食べに行くエリアは

普段の行動範囲であるSoHo周辺やEast Villageなどのダウンタウン界隈が多いので

今回はその周辺のエリアで実際によく利用するレストランを紹介しようと思います。

記事の下にはここで紹介しているおお店のマップがあるので、参考になれば。

 

 

まず、ロン毛のおすすめから。

 

ノリータからチャイナタウンへ向かう道にあるベトナム料理屋「Pho Bang」というお店。

Mott StのBroome StとGrand Stの間にあり赤い屋根が目印です。

ここはベトナム料理屋ということでフォーが美味い!そして安い!です。

$6程度でフォーが食べられます。

私個人的にはBun Bo Xaoという

スープのないライスヌードル(フォーと同じ麺)にビーフ、レタス、モヤシなどが入ったものに甘酸っぱいような専用ソースをかけて食べる料理がイチオシです。

こちらも値段はフォーと同額程度。

ただし店は小汚く、お洒落さはこれっぽっちもない、ローカル感がプンプン漂う店内となっています。

甘いものが好きな人にはベトナムアイスコーヒーやアイスティーもオススメ。

そしてこの店には私のとびっきりのお気に入りがあるのですが

入り口のレジ棚にあるプリンがとんでもないダークホースなのです。

日本の昔ながらの田舎のプリンのような、アメリカでは他では味わったことのない懐かしい美味いプリンも食後にどうぞ。

 

 

 

旅行の道中、小腹が減ったら

チャイナタウンにある「新世界なんちゃら(中国語で読めないですが)」で肉まんを頬張るのはいかがでしょか?

Steamed Pork Bunは豚の角煮のような甘くて柔らかい肉が、これまた柔らかい白い生地に包まれていてとても美味いです。

お値段は$2弱。

中にソーセージが入ったものや、ココナッツが入った菓子パンなども個人的には好きです。

チャイナタウンの大通りに当たるCanal StとWalker Stが交わる三角コーナー、

Waker StとBaxter Stの角にあります。

 

 

次に、これはガイドブックなんかにも載っているし

NYに住む人ならば誰でも知っているであろう程に有名な小籠包のお店「Joe's Shanghai : ジョーズ上海」

ここに関しては値段が安いとか関係なく観光客はマストで行くべきだと思います。

否応なしに美味い!

観光客を連れて行くと、高確率で滞在中にもう一度行きたいとリクエストされます。

ここは豚とカニの2種類の小籠包がメインで、

他のメニューは上海炒飯(Shanghai Fried Rice)以外はスペシャルに美味いものは特にないので、

シンプルに小籠包2種類と炒飯だけでもいいかと思います。

NYの忘れられない味になる人続出なので

NYに来たら最初のうちに一度食べて、気に入ったら帰る前にもう一度というのが後悔しない食べ方かもしれません。

Bowery StからPell Stへ入ってすぐの辺りです。

 

 

チャイナタウン続きで中国の鍋屋「Emperor Japanese Restaurant : 皇帝居日式火鍋小食」という

全然日本とは関係ない中国の鍋料理屋さんはお腹いっぱい美味い鍋が食べられます。

場所はBowery StのHester StとGrand Stの間です。

ここは確か一人$20程度で食べ放題だったと思うので、

配られるメニューに欲しい食材を欲しい分だけチェックして

有無を言わせず中国語で話しかけてくる店員さんに渡せばOKです。

これからの寒い季節にいいですね、鍋。

 

 

もう一つチャイナタウンにある中国料理屋を、

こちらは私はまだ行ったことがないので番外編として。

中国人の友達が絶賛していた「Nom Wah Tea Parlor」というお店ですが

NYのチャイナタウンで最初の飲茶(点心)のレストランだそうで、

内装も当時のままのトラディショナルなスタイル。

飲茶ということでこちらも2人以上の複数人で行った方が楽しめるかもしれませんね。

私も今度行ってみようと思います。

場所は上記で紹介したJoe's Shanghaiのすぐそば、

Doyers Stを入って最初の曲がり角にあるのですが、この辺りはちょっと入り組んでいるため下記のマップを参照していただくことをオススメします。

 

 

 

セレクトがアジア系ばかりに偏ってきたので、

ここで一発、お洒落そうな響きのイタリアンレストラン「II Corallo Trattoria」を。

こちらはパスタ、ピザがメインで品数もかなりありますが

個人的なオススメはクリームソース系のパスタ。

イタリアンレストランでは最初にバゲットが出てきて食前にオリーブオイルで食すのですが、

バゲットをパスタのクリームソースにつけて食べるのも美味いです。

こちらは$10以下から$15ドル程度でお腹いっぱいになります。

店内は特別にお洒落さはないものの、今まで紹介してきたレストランよりは綺麗で入りやすいかもしれません。

Prince StのThompson StとSullivan Stの間にあります。

 

 

最後に、これは正直安いかと言われるとそうでもないというか

妥当な値段かなという感じですがとてもオススメのバーガーがあるので併せてご紹介します。

このバーガーは誰に食べさせても大好評なので、

その周辺で適当に同額のサンドウィッチやバーガーを食べるのであれば

是非「Ruby's Cafe」のメニューのバーガー欄の上から2番目"Bronte ($12)"を試してみてください。

これはもう、食べたらわかります。絶品です。

ご賞味あれ。

Mulberry StのSpring StとPrince Stの間です。

 

 

SoHo界隈は基本的にお洒落でちょっと気持ち高めな料金設定にされている場所が多いのですが、

チャイナタウンの中国料理を始めとするアジア系は結構安いものもありますね。

 

 

続いて坊主の目線でお答えさせていただきます。

 

ニューヨークを学生のうちに訪ねるということで是非満喫してほしいですね。 

 

今日はひとつ健康マニアの坊主から

2年前の週5でジャンクフードを食べていた私に戻って言及したいと思います。

 

まずご紹介したいのが

ニューヨークで1か月暮らしたことのある人は、十中八九食べたことがあるであろう

「チキンオーバーライス」という屋台で$5〜$6で売っている代物があります。 

 

是非食べて下さい。 油ギトギトで凄く美味しいです。

おそらく健康には凄く悪いですが、病み付きになります。 

「HALAL」というキーワードが屋台の看板に書いてあるのが目印です。

 

文字通りチキン と野菜を鉄板で炒めて、ご飯の上にかけるだけですが、

この上にぶっかけるホワイトソースとホットソースの相性が抜群です。

好みによってはバーベキューソースをかける人もいますね。

 羊の肉も中々美味で、ラムオーバーライスと注文すればオッケーです。 

 

屋台の選び方ですが、小さい屋台よりはトラック型の屋台がいいです。

おそらく中に冷蔵設備もありますし、火力も強いと思います。

しかし、ジャンクフードを食べ慣れていない方は高い確率でお腹を壊しますので、

そこらへんは自分の体に聞いてみて下さい。

 

どこでにもある屋台ですが、私のオススメはイーストビレッジにある11th stと1st Aveにある

屋台トラックがいい塩梅ですね。7年前はごく小さな屋台でしたが、今はトラックにまで進化しました。

 

そしてニューヨークといえば、ピザ。

日本では「締めのラーメン」という文化がありますが、こちらでは「締めのピザ」文化があります。

美味いお店も沢山ありますが、私のオススメは$1ピザ屋。

なにせ一番シンプルなチーズピザが$1なので、大抵いつも賑わっています。

あちこちに点在する$1ピザ屋ですが、Bleecker stとMacdougal stにある

「Percy's Pizza」が一番美味しいです。生地が薄めで食べやすく、トマトとチーズのバランスが絶妙です。

しかし締めようとする頃には、もう閉まっているので、

昼間に訪れてください。

 

そして、風情もなにもないですが、Howard stとCentre stの角にある黄色い看板の中華料理屋

「自助餐四菜一湯$5」という看板のごとく、

ご飯、おかず4品、スープ1杯で$5という破格のランチメニューがあります。

おかずは魚から肉、野菜炒めまで多岐にわたるので自分の好みで盛り付けることができます。

ニューヨークの雰囲気はゼロなので、お持ち帰りを選択して

さっさと外に出て、近くのオープングセレモニーの前のベンチにでも座って

お洒落に食べましょう。

 

パスタが美味いのはソーホーの

極小レストラン 「PEPE ROSSO」

W Houston StとPrince Stの間のSullivan Stで営業しています。

ソーホーで働いている人がよくランチをお持ち帰りしていますね。

小さくて可愛らしいお店ですが、

なにせ狭いので、3人以上で訪れるのは賢い選択ではないでしょう。

  

ベジタリアンの方にはオススメのカレー屋さんが

イーストビレッジとソーホーにあり

そこでは豆のカレーをはじめ、様々なカレーがライスと共に楽しめます。

確かラージサイズのライスとカレー3種ミックスで$5〜$6くらいでした。 

イーストビレッジのお店「PUNJABI DELI」

E 1st Stの1st AveとAvenue Aの間です。

ここは24時間営業ですね。

 

ソーホーは「LAHORE DELI」

Crosby StのHouston StとPrince Stの間です。

こちらは夜の12時まで営業しています。

スパイスの効いた体臭のインド人のタクシードライバーの隣で食べるカレーも良いものです。

 

 

おっと、そこの貴方、ウイスキーがお好きですか?

ならイーストビレッジにある「BLUE&GOLD」を訪ねてください。

E 7stの1st Aveと2nd Aveの間に位置する

私が知っている中で一番安いウイスキーバーです。

良いスコッチやバーボンなども、大体一杯$5で、

かつて浴びるように酒を飲んでいた時によくお世話になりました。

すえた匂いのする、こ汚く騒々しいバーですが、夜遊びに行く際の準備運動には最適ですね。

間違ってもイイ感じになった方と二人きりでは行かないでください。

 

 

というわけでソーホー界隈を中心にガイドブックにも載っているような有名店から

小汚く地元民しか知らないようなお店まで

ロン毛と坊主の視点でご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

今回の記事に合わせて旅行者の方にオススメの「絶対に行くべき観光スポットまとめ20選」も是非どうぞ。

2009年からNY在住の私たちと、うちのゲストハウスに滞在された日本人ゲストさんたちからの生の声を元に

ニューヨークのオススメスポットをまとめたハズレなしのオススメスポットたちです。

   → 【旅行者必見!】ニューヨーク在住者が教える絶対行くべき観光おすすめスポット20選

 

他にもニューヨーク古着屋マップ30選もどうぞ。

→ 古着マニア必見!ガイドブックより詳しいNYの古着屋まとめ30選![マップ付き保存版]

 

NYは人種のサラダボウルと言われるほどに沢山の国の人が生活していますが、

それと同じ数の本場の味も存在する街なので

旅行の際は是非色々な国の料理を試してみてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もし何かロン毛と坊主に質問がある方や

記事にしてほしいことなどありましたら

どこかのブログ記事にコメントを残していただいたり、

TwitterFacebookなどのSNS、またはメールにてご連絡いただけましたら

内容によってはできる限り記事として書かせていただこうと思います。

(ロン毛と坊主の完全主観の個人的見解での回答になることをご了承いただける方は)

いつでもお気軽にご連絡ください。

ロン毛坊主共々、質問をもらえることを大変嬉しく思っています。

[断捨離]:離れていったもの:あったかーいシャワー

[断捨離]:離れていったもの:あったかーいシャワー

[ロン毛の彼女はグルジア人] 第三章 : キヅカレナイヨウニ。

[ロン毛の彼女はグルジア人] 第三章 : キヅカレナイヨウニ。