2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでゲストハウス、またオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

【完全保存版】NY在住の服好きが勧めるブルックリン古着屋まとめ

【完全保存版】NY在住の服好きが勧めるブルックリン古着屋まとめ

 

 

 

いつでも流行の最先端をゆくファッション都市として有名なニューヨーク。

中でも日本のメディアでも取り上げられることが多い、ブルックリンというエリアは常に若いアーティストやクリエイターが文化を築き上げてきたエリアで、お洒落なブティックやカフェが立ち並ぶ観光には外せない人気エリアです。

今回はブルックリン在住1年、小汚いワークウェアからハイエンドなヴィンテージまで守備範囲の広い無類の古着好きであるわたしアイザワ(@rika_aizawa)が、実際に足を運んだお店でおすすめの古着屋をご紹介!

新たに訪れた古着屋は随時このページに情報を追加していくので、ニューヨーク旅行の際の参考になれば幸いです。

 

しかしいくら活字で説明しようとも百聞は一見に如かず。お店の情報欄にはそれぞれお店のInstagramアカウントも載せておきますので、文章と合わせてそれぞれのアカウントページでお店のテイストをチェックしてみてください。

※価格は五段階で評価しています。また、各エリアの最後にはエリアの古着屋をまとめたマップもありますのでぜひご活用ください。

 


Williamsburg(ウィリアムズバーグ)

まずはやはりウィリアムズバーグ。こちらはブルックリンの一番西側、Lトレインでマンハッタンから一駅のBedford Av(ベッドフォードアベニュー)を中心に栄えた地域で、今やSOHOをも凌ぐのニューヨーク屈指のお洒落エリアです。

日本人がイメージする"ブルックリン"はまさしくここのこと。

 

Narnia Vintage (ナルニア・ヴィンテージ)

This place is called Narnia #brooklyn

A post shared by Ja'mie (@twisted_femme) on

LトレインのBedford Avから歩いて5分と少し。

こちらはレディースの古着屋さんです。

看板は出ているもののガラスタイルの壁で中の様子が見えないため少し入りづらいのですが、重いドアを開けてみると可愛い店内には年代様々な個性的でガーリーなブランド古着やエスニック、ボヘミアンのヴィンテージ古着が並んでいます。

スペシャルな一品が見つかる可能性は大!

 暖かい時期は店奥にある中庭にもラックを並べていて、その空間がまた素敵なのです。

個人的にとても好きなお店なので、この辺りに訪れた際は是非覗いてみてください。

 

Narnia Vintage : http://narniavintage.com

住所:672 Driggs Ave Brooklyn, NY 11211

電話:+1(718)781-4617

営業時間: 12:00 pm - 7:00 pm

価格:$$$

Instagram : @narnia_vintage


The Quality Mending Co. (ザ・クオリティ・メンディング・コー)

先ほどのNarnia Vintageのお向かい、そしてSOHOにももう一店舗。

主にメンズのアメリカンヴィンテージ、ワークウェアや軍モノを置いています。レディースや子供服もちらほら。

自社製品も作っているそうですがそちらはチックしておりません、、。(ゴメンナサイ)

しかし古着に関しては、ヴィンテージワークウェア好きにはたまらない品揃え。小物も充実しています。

女性にはサイズが見つかりづらいのが難ですが、渋好みの方は男女問わず是非お立ち寄りください。

 

The Quality Mending Co. : www.qualitymending.co/

住所:705 Driggs Ave Brooklyn, NY 11211

電話:+1(212)334-5339

営業時間:Mon-Fri, Sun 12:00 pm - 7:00 pm / Sat 12:00 pm - 8:00 pm

価格:$$$

Instagram : @qualitymending


Amarcord Vintage (アマーコード・ヴィンテージ)

こちらはヨーロピアンな60年代の雰囲気漂うヴィンテージブティック。

シャネル、ヴェルサーチやグッチなどのビックメゾンのヴィンテージを扱っています。

シックなものからヴィヴィットなものまで、良質なヴィンテージを揃えていますがお値段はあまり可愛くありません。(笑)

しかし日本のショップでは見られないようなヴィンテージのセレクトは一見の価値ありです。

オンラインストアもありますので、気になった方は下のリンクからチェックしてみてください。

 

Amarcord Vintage : www.amarcordvintagefashion.com/

住所:223 Bedford Ave Brooklyn, NY 11211

電話:+1(718)963-4001

営業時間:12:00 pm - 8:00 pm

価格:$$$$$

Instagram : @amarcordvintage


Malin Landaeus Vintage (マリーン・ランデス・ヴィンテージ)

こちらはスウェーデン人のオーナーが営むレディースのヴィンテージショップです。大きなショウウィンドウにアットホームな店内にはトレンドを意識しつつもヴィンテージならではの洋服たちとレザーシューズがずらりと並んでいます。

置いてあるものは年代やジャンル問わず様々ですが、オーナーのMalinはスタイリストでもあり彼女の個性が光るセレクト。

Saturday - 70's style. #ootd #malinlandaeusvintage #70s #style #fashion #saturday #brooklyn #shoplocal

A post shared by Malin Landaeus (@malinlandaeusvintage) on

「ゴテゴテのヴィンテージは苦手だ!」という人や「流行も気にしつつヴィンテージも着たい!」という人には是非おすすめしたいです。

お店はBedford Avの駅を降りてすぐ。気になった方はふらっとお尋ねください。

 

Malin Landaeus Vintage:http://malinlandaeus.com

住所:157 N 6th St Brooklyn, NY 11211

電話;+1(347)687-0572

営業時間;11:00 am - 9:00 pm

価格:$$$$

Instagram:@malinlandaeusvintage


10ft Single By Stella Dallas (テンフィート・シングル・バイ・ステラ・ダラス)

こちらはLトレインのBedford Avと一駅お隣りLorimer St(ロリマーストリート)との間にある日系の古着屋さんです。ニューヨークには実は日系の古着屋さんが結構あります。そちらも追ってご紹介を。

お店は広く、小物やシューズも含めとにかく品数が多い。

セレクトは特に偏りなく何でもあります。だいたいのお洋服は25ドル前後と比較的お安め。

奥に行くと価格帯は上がりますが、軍モノやアメリカンヴィンテージなどさらに質の良い物がこれまた多数。

メンズ・レディース共に好みを選ばず、お気に入りの古着探しができるのではないかなと思います。

また日本人のスタッフさんが多数働いているので、英語でのコミュニケーションが不安な方も気兼ねなく足を運べるでしょう。

 

10ft Single By Stella Dallas

住所:285 N 6th St Brooklyn, NY 11211

電話:+1(718)486-9482

営業時間:12:00 pm - 7:45 pm

価格:$$

Instagram:@10ftsinglebystelladallas


Stella Dallas Living (ステラ・ダラス・リビング)

先ほどの10ft singleのお隣り、そして系列店のこちらはラグやケットなどを含むヴィンテージファブリックを扱うお店です。

お値段は様々ですが全体的にお高めです。

しかし日本ではなかなかお目にかかれない素敵なファブリックがしこたま。奮発してでも思わず手に入れてしましたくなります。

そしてもちろんこちらにはお洋服も。

お隣りの10ftとは変わり、やはりファブリックに拘ったセレクト。

中世の貴族か?と思うような古いドレスのようなものから、シックで落ち着いた雰囲気なもの、ワークウェアなどヨーロッパのウィンテージも。

観光で来る方にはあまり知られていないようですが、こちらも個人的におすすめする古着屋さんです。

10ft Single と合わせて是非。

 

Stella Dallas Living

住所:281 N 6th St Brooklyn, NY 11211

電話:+1(718)387-6898

営業時間:12:00 pm - 7:45 pm

価格:$$$

Instagram:@10ftsinglebystelladallas


Raggedy Threads (ラギッジ・スレッズ)

💋

A post shared by Raggedy Threads (@raggedythreads) on

Raggedy ThreadsはLトレインのBedford Avからもう一駅、Lorimer Stを降りてさらに東へ徒歩5分ほど。そしてかなりクセのあるセレクトなので興味を持たれなかった方はどんどんすっ飛ばしてください。

Men 🛠 Women @raggedythreads #calico #denim #indigo

A post shared by Jams (@orangepancakes) on

もともとLAのダウンタウンからスタートしたRaggedy Threadsですが、2016年の春にニューヨークで二号店をオープンさせました。

かつてそうだったのであろうパン屋の看板を今も掲げています。

40~70年代のヴィンテージのユニフォームやワークウェア、プリントTシャツ、デニムなどを置いていて、そのどれもがコレクターにはたまらない一級品ばかりです。

またオーナーが女性ということもあり、レディースサイズのヴィンテージも多く扱っています。

ヴィンテージコレクターの猛者たちは必ず訪れるべき。

 

Raggedy Threads

住所:602 Grand St Brooklyn, NY 11211

電話:+1(718)387-2390

営業時間:12:00 pm -7:30 pm

価格:$$$$

Instagram:@raggedythreads

 

 


Bushwick(ブッシュウィック)

お次はウィリアムズバーグから東へ、「今アツい!」と言われているヒップなエリア、ブッシュウィックです。

地価の高騰でウィリアムズバーグから遠のく若者やアーティストたちが続々と流れているこの地域。

お店が軒を連ねるわけでもなく、一見ただの倉庫街。まだまだ繁華街とは言えませんがそんなブッシュウィックの古着屋さんをご紹介します。

 

Beacon's Closet (ビーコンズ・クローゼット)

photo via https://beaconscloset.com/pages/bushwick

photo via https://beaconscloset.com/pages/bushwick

ニューヨークへ旅行経験のある方やリサーチ熱心な方にとってはすでにお馴染みビーコンズ・クローゼット、通称ビーコン。ニューヨーク内に計4店舗あります。

そんなビーコンについて、少々掘り下げてご紹介。

こちらは買い取り販売を行っているため、実は4店舗のラインナップを見比べるとロケーションによってかなり色が異なるのです。

今回紹介するビーコンはLトレインのMorgan Av(モーガンアベニュー)という駅から徒歩3分。地域紹介で書いた通り、お洒落な若者が集まるエリアの店舗ということもありデザイナーズから無名ブランドまでなかなか良いアイテムが見つかります。

マンハッタンのUnion Squre(ユニアンスクエア)近くにある店舗はお隣りが有名なファッション大学PARSONSということもあり、ハイブランドが落ちている可能性は高いですね。

ブルックリンのGトレインNassau Av(ナッソウアベニュー)にも大きい店舗がありますが、ここは個人的におすすめしません。良いものはほぼありません。

ブルックリンPark Slope(パークスロープ)というエリアにある残りの1店舗は論外でございます。

とは言ったもののどこでお目当のものに出会えるかは誰も分かりません。価格はとても良心的です。わざわざ足を運ばずとも近くに訪れた際は他の店舗も是非入ってみると良いでしょう。

それぞれの店舗情報はホームページよりご確認ください。

おまけ。「ロン毛と坊主とニューヨーク」のロン毛が Beacon's Closet と仕事をした際の写真です。

 

Beacon's Closet Bushwick:https://beaconscloset.com

住所:23 Bogart st Brooklyn, NY 11206

電話:+1(718)417-5683

営業時間:11:00 am - 8:00 pm

価格:$$

Instagram:@beaconscloset


Urban Jungle (アーバン・ジャングル)

photo via https://ltrainvintage.com/pages/urban-jungle

photo via https://ltrainvintage.com/pages/urban-jungle

こちらはメキシカンが経営するチェーンの古着屋、L Train Vintage 系列6店舗のうちの一つ。

LトレインのMorgan Avから歩いて5分ほどの場所にある大型店舗です。

$6.00 denim shirts just arrived @ urban jungle 👖👖👖👖

A post shared by Vintage Clothing New York City (@ltrainvintage) on

今まで紹介したショップとは打って変わり、ブランディングやセレクションは皆無、とにかく良いものも悪いものも雑多。価格帯は店舗により若干変わりますがとにかく安い。

特に軍物やデニムが10~20ドル前後でてんこ盛り。大きいサイズのものが多いというのが難ですが、掘り出し物を求めに行く価値はあると思います。

 

Urban Jungle:https://ltrainvintage.com

住所:118 Knickerbocker St Brooklyn, NY 11237

電話:+1(718) 381-8510

営業時間:12:00 pm - 8:00 pm

価格:$

Instagram:@ltrainvintage

 

 


Dumbo (ダンボ)

映画「マンハッタン」や「ニューヨークの恋人」でおなじみ、ニューヨークに来たら外すことのできない観光地のひとでもあるブルックリンブリッジ。ブルックリン側のそのふもとに広がるエリアがダンボです。

古くからの石畳に倉庫街、そしてイーストリバー沿いには公園がありそこで見るマンハッタンの夜景は燦爛たるものです。

そこから古着屋さんを一つ紹介します。

 

Front General Store (フロント・ジェネラル・ストア)

FトレインのYork St (ヨークストリート)から徒歩3分。こちらは日本人の方が経営する古着屋さんです。

ファッションの最先端の街ニューヨークと言っても古着屋に関しては日本と違い、実はブランデイングやセレクションがきちんとなされているお店はあまり多くありません。

そんな中でさすがは日系、と言わんばかりの良質なヴィンテージを揃えているのがこのお店。

小物やブランド古着も多く取り扱いがあります。

またヴィンテーフリークにおすすめしたいのがこのお店の一番奥のアイテムたち。

日本のボロやヴィンテージのワークウェアなど、お値段は張りますが貴重なピースがずらりと並んでおります。

こちらは以前購入したお気に入りのフレンチヴィンテージワークウェア。

冬季を除き、ダンボではブルックリンフリーというフリーマーケットが催されています。

それも合わせて是非古着探しに訪れてみてはいかがでしょうか。

萬波ユカちゃんがレポートしている記事も合わせてどうぞ。→ 萬波ユカが巡るニューヨークの古着スポット ~ ダンボフリーマーケット編 ~

 

Front General Store:http://www.frontgeneralstore.com

住所:143 Front St Brooklyn, NY 11201

電話:+1(646)573-0123

営業時間:Mon-Sat 11:00 am - 7:30 pm / Sun 11:30 am - 6:30 pm

価格:$$$

Instagram:@frontgeneralstore

 

 


お店の入れ替わりが激しいニューヨーク。完全版ということでこちらの記事は随時新しい情報を追加していきます。

気になるお店を見つけた方はリンクからホームページやインスタグラムをチェックしてみてくださいね。

長らくお付き合いありがとうございました!

 

マンハッタンの古着屋マップは別記事をぜひ! → ガイドブックより詳しいニューヨーク古着屋まとめ30選!【マップ付き保存版】

初めてのニューヨーク旅行には、こちらがおすすめ! → 【旅行者必見!】ニューヨーク在住者が教える絶対行くべき観光おすすめスポット20選

新社会人へ贈る言葉:上司や同僚に期待するな。それスゲーウザいから。

新社会人へ贈る言葉:上司や同僚に期待するな。それスゲーウザいから。

自分の未来を作るのに「決意する」なんていうドラマチックな行動は必要ない

自分の未来を作るのに「決意する」なんていうドラマチックな行動は必要ない