2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

自宅をアートギャラリーにして一夜で70人以上の人を呼んでみて感じた『住居』の可能性

自宅をアートギャラリーにして一夜で70人以上の人を呼んでみて感じた『住居』の可能性

Akito Nara Meteolism No648 ブルックリン ニューヨーク ゲストハウス

 

 

 

 

さて、2月8日の夜はブルックリン在住の日本人アーティストであるAKITO NARAの初の個展を私たちの自宅にて主催しました。(イベントの詳細はこちら)

 

私たちの自宅で催すイベントとしては過去最大のものだったのでどうなるかと思っていたのですが、蓋を開けてみれば述べ70人以上の方にご来場いただき、私たちにとってスペシャルな一夜になり感無量でした。

 

こんな感じでピーク時には人がたくさん来てくださり、賑やかな一夜となりました。

 

そして自宅での催しにも関わらずドリンクはSOTO SAKEという日本酒メーカー様からスポンサーをしていただき、DJが回してくれて、70人以上の人が来てくれたという事実で、「自宅」というものの持つ可能性を更に感じた次第であります。

基本的に自分たちが住む場所なので、自宅で何か出来るのならば余計な場所代も掛からず、更に移動時間も必要なくとても生産的ですからね。

自宅と仕事場は一緒では嫌だという人も多くその意見もわからんではないですが、私は普段からフリーランスでそうした環境で暮らしているため、それが可能ならば一切無駄がなくベストだといつも思っています。

 

Uber PoolやCity Bikeのようにものをシェアするのが一般的に浸透してきているこの時代、私たちは私たちがニューヨーク生活8年間で培ってきた経験や知識、そして私たちの生活拠点である『自宅』をシェアすることで、皆さんに喜んでいただきたいと思っております。

名前も顔も職業も連絡先も自分たちの考えも、さらには自宅をもシェアし、プライベートなんてあってないようなもんですが、私たちは大した価値のないであろう自身のプライバシーを捨て去る代わりに、破棄したプライバシー以上の価値を創造していけたらなという考えです。

 

 

良かったこともあれば様々な課題も見えましたが、なにはともあれまたこういった催し物は開催したいと思っています。

せっかくなので初めて自宅で行った大規模イベントの思い出として、少しだけ昨日の写真を載せておきますね。

AKITO NARA no648 ブルックリン ニューヨーク ゲストハウス
AKITO NARA No648 Brooklyn ニューヨーク ゲストハウス
AKITO NARA no648 ブルックリン ニューヨーク ゲストハウス
AKITO NARA SOTO SAKE No648  ブルックリン ニューヨーク ゲストハウス
AKITO NARA no648 ブルックリン ニューヨーク ゲストハウス

 

 

改めて、昨夜ご来場くださった方々、ありがとうございました!

また何か不定期で開催したいと思っておりますので、その際は是非またよろしくお願いいたします!

AKITO NARA No648 ブルックリン ニューヨーク ゲストハウス
 
ファッションに限らず常に考え行動しない人がオワコンである。

ファッションに限らず常に考え行動しない人がオワコンである。

「ファッションはオワコンか?」という業界紙WWDの記事が既に色んな意味でオワコンだと思う

「ファッションはオワコンか?」という業界紙WWDの記事が既に色んな意味でオワコンだと思う