2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

ファッション熱再燃!またソロイスト買って調子に乗り始めた坊主

ファッション熱再燃!またソロイスト買って調子に乗り始めた坊主

 

 

 

今日の一枚

撮影者 : 坊主

初めて買ったソロイストのコートです。嬉しくて思わず写真に撮っちゃいましたね。もう手元にはありませんが…

 

カメラ : Panasonic LUMIX DMC-LX7 

絞り値 : F1.8 / ISO感度 :80 / シャッタースピード : 1/200秒


断捨離やら何やら、ゴチャゴチャ言って、その関連の記事は散々書いてきたわけですが。

断捨離関連ポストまとめ

 

モノを処分するのには、完全に飽きましたていうか、もう処分するものはありません。

 

アウトプットの手段として、断捨離日記的なことをツラツラ書いたお陰で、

頭の中がクリアになったり、お金の使い方が変わってきたりと、良いことづくめの一年間でありました。

自分の欲を知り尽くしたと思っていた私でありますが、実は最近、買い物欲が膨らんできて

ちょいちょいと服を買い足し始めたのです。

 

まぁ過去に沢山服を売っぱらってしまって、そもそもあまり服を持っていない。

そして服の好みが変わり、体型が変わってきて、服が入らなくなったという理由も背景にありますが、

 

…これが、楽しくて仕方がないんですね。

 

服着るのって楽しいですね。完全に忘れてました。

 

一回火が点いたら、数珠繋ぎのように買いたくなってきますね。

 

 

最近のロン毛と坊主の合言葉で、「バチコンだね!」という言葉があり、これからブログの中で度々出てくるかもしれないので、簡単に説明しておきます。

 

バッチリコンプリートの略(今無理やり作りました)で、

主にDIYにて設計した通りに家具が作れた時に、誰ともなく、

「この机バチコンだね」

「うむ。バチコンである。」

または

「このセーリングファンの土台バチコンだな」

「バチコン以外何者でもないね」

 

という感じ。

 

「バチコン!」声に出したら気持ちのいい言葉であります。やっぱ濁点の力なのか、力強いですね。

 

ちなみに一年前は

「このモミジの木、家に置いたらオツ(乙)じゃね?」

「うむ。風情があって非常にオツ(乙)だね。でもモミジって室内で育つのかね。」

なんてのが二人の間で流行ってました。

 

ともあれ、私のファッション熱に、また火がついたキッカケは

先日行われた「IF」というニューヨーク最高峰のお店での大セールでありました。

 

良き友人であるスタッフの方から、セールのお知らせを頂いた時は「まぁ買わないだろうなー」なんて思っており、初日はパスして、お店には寄らず、帰宅しました。

 

すると、セール初日の夜にロン毛が、しらこい顔してIFのショッピングバッグを持って帰ってきやがり、

ニヤニヤしながら、

「買っちゃったね」と、一言。

最近ロン毛の中で話題のGeoffrey B Smallのジャケットを袋から出してきました。

世界で5着しかないジャケットの丁寧な注意書きを読んでいるロン毛に

 

「ロン毛この野郎、ジャケット何枚持ってんだよ。それちゃんと着るんかい?」

 

「いや悩んだんだけど、バチコンだったんだよね」

 

「バチコンか。ていうか最後に服買ったのいつだい?」

 

「一年くらい前だね」

 

「そっか…たまにはいいじゃん。バチコンだったんでしょ」

 

「いや〜バチコンだったね。」

という会話がありました。

 

 

翌日、だったら私も行ってみようかな、なんて思いたって、セールを物色していると、

何とも素敵なジャケットが…

「こりゃ良いぞ。大分良いぞ。」

タグを見てみると、TAKAHIRO MIYASHITA The Soloistの文字が…

[Q&A] 坊主の好きなブランド、注目しているブランド」参照

 

またソロイストかい!って自分で思いながら

「こりゃ、袖通してみたら、絶対買うだろうな。」という予感もしました。

 

試着してみると、正にドンピシャ。

バチコンでありました。

 

IFのスタッフである友人も、「坊主君、こりゃ良いもんだ。君によく似合ってるよ。買いだね。」なんて言われ、

 

久しぶりに360度回転しながら自分が映る鏡を見ながら、悩みました。

 

まぁ着た瞬間から「買うだろうな。」と思ってましたが、

ちょっとくらい悩みたいじゃないですか。心情として。

 

ハイ、結果買いました。秋に着るのが楽しみで仕方ありません。

 

それから、「このジャケットに合うパンツなんてないかしら?」なんて思い始め、

普段見ないウェブサイトなんて見始め、完全に浪費の連鎖が始まりました。

お店の休憩時間に今まで入ったことない服屋に入ってみたりしちゃいました。

 

しかし、ファッション熱が完全に冷めていた私を再点火させた

宮下さんをはじめとする、クリエイターという方達は本当に凄いな、と感じました。

 

人々にインスピレーションを与え、人の価値観を塗り替える、行動させる、表現させる、変身させることができる人達は世の中に決して多くはありません。

 

形は違えど、私達も、自分たちの行動を通して、

誰かにインスピレーションを与えて、人生に良い変化が与えてみたい、と思いました。

 

さて、次は何買おうかな!

自宅のダイニングでの素晴らしき一分間を、私は一生忘れない。

自宅のダイニングでの素晴らしき一分間を、私は一生忘れない。

日本のライブやコンサートでスマホ撮影禁止って時代錯誤じゃないですか?

日本のライブやコンサートでスマホ撮影禁止って時代錯誤じゃないですか?