2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

【保存版】ニューヨークのアパート探し!実際に私が使ったオススメサイト9選!!

【保存版】ニューヨークのアパート探し!実際に私が使ったオススメサイト9選!!

ロン毛と坊主とニューヨーク アパート 物件 引越し オススメサイト

 

 

 

今日の一枚

撮影者 : ロン毛

“こんな天井の高いアーティストロフトに住みたかったです。次に引っ越すときこそは!”

カメラ本体 : iPhone6 Plus

焦点距離 : 29mm / 絞り値 : F2.2 / ISO感度 : 500/ シャッタースピード : 1/4秒


 

5月末で今まで契約していたアパートのリースが切れるということで、引越しをすることに。

そして去年からこのブログを一緒にやっている相棒である坊主と一緒に住むことにしました。

 

それに伴って、先月から約一ヶ月間、それこそ毎日朝晩、外出先、移動中、物件探しに明け暮れ、ついに先日新しいアパートを契約してきました。

6月からロン毛と坊主はブログだけではなく、ルームメイトとして共同生活が始まるので、これからさらにブログ、そしてネット上だけに限らず二人で何か面白いことを追求していけたらと思っています。


さて、今回の一ヶ月間のアパート探しですが、いやはや、これがもう大変でした。

一ヶ月間にネットで見た物件数は1000件以上、実際に内見に行った物件は13件。

 

この物件探しの間にはあまりにも多くのことがあったため、これからいくつかの記事に分けてニューヨークで賃貸物件を契約することについて書いていきたいと思います。


まずは物件探しの始め方として、私が実際に毎日チェックしていた物件サイトの紹介と比較、そして偽物件の見分け方などをご紹介します。

これからニューヨークで賃貸物件を契約しようと考えている方の参考になれば幸いです。

 


1、MixB

まずはニューヨークで生活する日本人だったら一度は見たことがあるであろう、ニューヨークの日系掲示板であるMixBです。

こちらは日本人の不動産会社やフリーで不動産ライセンスを持っている個人の方がアパートの情報を掲示板に投稿しています。

サイト内の一番上のカテゴリにある「住まい・宿泊」というところをクリックすると、たくさんの物件情報が出てきますが、賃貸物件のみを探したい場合は検索欄の「部屋タイプで検索」のところで「賃貸物件」を選択し、値段やエリアを設定することで自分に合う条件を絞ることができます。

 

MixBに投稿されている物件と契約することの一番の利点は、手続きが簡単ということ。

どの不動産屋さんやブローカーさんでも、基本的に日本人のことを信用している大家さんの物件を取り扱っている場合がほとんどで、通常賃貸物件を借りるには物凄い厳しい審査(別記事で記述します)があるのですが、留学生であっても借りられるような物件が多いです。

 

デメリットは、各投稿には部屋の情報がほとんどないこと。

部屋の小さい写真が最大で3枚、説明もかなり曖昧で、詳細は不動産屋さんに問い合わせという物件が9割以上です。

後述する現地のニューヨーカーが物件探しに使うサイトならば物件の住所、最寄り駅、部屋の詳細、写真も多いところでは一つの物件につき20枚以上と、不動産にコンタクトする前に自分の探し求めている物件なのかが分かるようになっています。

掲載画像数についてはMixBのサイトの仕様なのでどうしようもないですが、日本の不動産屋さんはもっと物件の詳細を書くことは可能なはずなので、そのあたりは改善していただけたらと個人的には思いました。

 

また日系の不動産屋さんの手数料(年間家賃の15%)という金額は、現地の不動産屋のそれ(家賃一ヶ月分)と比べてかなり割高になっています。

年間家賃の15%というのは、実質1.8ヶ月分の家賃と同額、つまり現地の人間が払う手数料の1.8倍の金額を払わなければならないのです。

もちろんこの手数料というのは不動産屋さんに支払うもので、一切返金などされることのないお金です。

稀に手数料一ヶ月分というフリーでブローカー業をしている人もいらっしゃるので、その方が良い物件を持っていた場合はラッキーですね。

 

物件の数に関して言うと、ニューヨークにある日系の不動産がそもそも少ない=物件数も少ない、つまり選ぶ側からすると選択肢がかなり少ないので、拘りを持ってアパートを探す場合には適していないように感じます。

分かりやすく表現するとすれば、かっこいい物件が少ない、ということです。

選択肢が絞られる上、わざわざコンタクトしないと詳細がわからなく、手数料も割高というMixBの投稿をチェックするのは時間の無駄だと判断して、私たちは今回の物件探しでは1,2回程度しかチェックしませんでした。

 

ただし、先にも書いたようにニューヨークで物件を借りるのは想像以上に大変なので、現地の不動産屋が提示する条件はクリア出来ないけれど賃貸物件を契約したい方は、MixBをチェックして日系の不動産を使うことで賃貸物件を契約できるので、そういった方や英語でのやり取りが分からない方にはお勧めです。

 

MixB

物件数 : ★☆☆

サイトの使いやすさ : ★☆☆

契約の簡単さ : ★★★

 

 

2、Craigslist

ここからはニューヨーカーが実際に物件を探す際に使っているサイトをご紹介します。

まずは世界最大のクラシファイド、Craigslistです。

 

ここも掲示板的な要素が強いのですが、いかんせん物件数が多いです。

ただし、個人が投稿できるため、偽物件数もダントツに多いです。

そのため巨大古着倉庫にある大量の古着の山の中から、時間をかけて掘り出し物の一着を探すような根気強さが必要になりますが、時間をかけて探せば良い物件はあります。

特に変わりモノ物件、例えばArtist LoftやWarehouseなんかの物件もちょくちょくあるので、時間をかければ唯一無二の物件に出会えるかもしれません。

サイトの作り自体もシンプルで、キーワード検索、ベッドルーム数、バスルーム数、金額など、最低限の絞り込みは出来るようになっています。

 

さて、私は物件探しの一ヶ月間、毎日Craigslistもチェックしていたわけですが、私の経験から見い出した偽の物件と本物の物件の簡単な見分け方を紹介しておきます。

まず、当たり前ですが条件に対して良すぎる物件は偽物件の可能性が非常に高いです。

例えば$3000の物件を探していると、だいたい$3000という相場に見合う物件が段々わかってくるのですが、ちょくちょく明らかにその相場に見合わない、良過ぎる物件が出ています。

そういった良過ぎる物件は99%偽物件だと思ってください。

よく、虫が良すぎる物事に対してはToo good to be trueと表現しますが、その通りで、物件探しにおいても良過ぎる話は存在しないのです。

 

また少し厄介なのは、相場相応の物件で説明文や写真もたくさん載っていて一見すると偽物件だと分からない物件。

そういった物件はどうやって見分けるかというと、電話番号の記載があるか、これをまず見てみてください。

ニューヨーク アパート 賃貸 引越し

本物の不動産や物件のオーナーが投稿している物件の場合、電話番号の記載が説明文の最後や写真に直接書かれているなど、どこかに番号がある場合が多いです。

写真のように文章中に青文字で「show contact info」と出ている場合はそこをクリックすれば番号が見れるようになっているケースも。

 

しかし偽物件の多くは電話番号の記載がなく、Gmailなどのフリーメールアドレス、または~@hous.craigslist.org、というメールアドレスを使用しています。

こういった物件にも私は使用していない捨てアドレスから数件メールを送りましたが、一度も返信はありませんでした。(とはいえその後スパムメールが来るようなこともないので、何のために投稿しているのかよくわかりませんが)

 

更にもう一つ、不動産のサイトから過去に取り扱っていた物件の写真だけを抜いて、不動産屋さんの名前やロゴマークが写真に使われている偽物件もあります。

ニューヨーク アパート 物件 賃貸 引越し

先ほどの例と同じように、そちらには電話番号の記載はないのですが不動産のマークがあるから不動産屋さんが投稿しているものと信用してしまいがちです、私もそうでした。

もしこれが本当に不動産屋が投稿している場合、通常電話番号の記載がある、またはメールアドレスは不動産屋のアドレスを使用すると思いますが、上の写真のようにメールはGmail、電話番号の記載がないというのは怪しいです。

そういう場合は、そのロゴマークや名前をGoogleで検索し、元の不動産サイトの物件リストに同じ物件があるかどうかチェックする、またはその不動産に直接電話してその物件は存在するのか聞いてみるのがいいです。

 

たいていの場合は、そんな物件は取り扱っていない、という答えが返ってきますね。

ちなみに、Craiglsitや後から紹介するサイトでは、不動産手数料が無料なものも多数あります。

システムとしては、入居者が不動産に手数料を払うかわりに、物件のオーナーが不動産にその手数料を支払って入居者を探してもらうというもので、決して怪しい物件ではありません。

私たちが今回契約した物件も不動産手数料はフリーの物件です。

そういう物件にはNo Fee、No Broker Feeなどの記載があるので、不動産手数料を支払いたくない場合はそういった物件を選ぶことをお勧めします。

 

Craigslist

物件数 : ★★★

サイト使いやすさ : ★★☆

偽物件の多さ : ★★★

 

 

3、Zillow

Zillowも私が毎日見ていたサイトの一つですが、物件数はかなり多いです。

ZillowはCraigslistとは違い、物件探しに特化したサイトになっているので様々な条件で自分にあった物件を検索することができます。

また、一つの物件でも多数の不動産屋が同時進行で取り扱っている場合、その建物にある空き物件すべてを見ることができるのも特徴で、同じ部屋でも写真の撮り方や記述内容が不動産によってそれぞれ違うため、複数の不動産の意見を見ることで、より多角的に比較することができます。

可もなく不可もなくといったサイトの印象ですが、最大級の物件サイトなので、物件探しの際は必ずチェックすることをオススメします。

 

Zillow

物件数 : ★★★

サイトの使いやすさ : ★★★

 

 

4、Street Easy

Street Easyは私が一番多用していたサイトです。

Street Easyは私が使用していたサイトの中で、最もサイトが使いやすい作りになっています。

どの地下鉄のラインで最寄り駅はどこなのか、駅からどの程度の距離なのかがマップで分かるようになっているので、駅からどの程度の距離にあるのか、どのストリートにあるのかも一目瞭然です。

そして地味に嬉しいのが、バスルーム数の選択肢。

多くのサイトが1,2,3,4,などの選択肢となっている中、Street Easyは1,1.5,2,3,4,と1.5という選択肢が入っています。

こちらではトイレとお風呂が一緒になっているものを1 bathroomとカウントし、フルバスルーム(Full Bathroom)と表記し、バスタブやシャワーが付いていないトイレだけのものはハーフバス(Half Bath)、0.5として表されます。

私たちは今回1.5バス以上の物件を探していたので、1.5 bathという選択肢は地味に重宝しました。

 

また、Craigslist、Zillow、Street Easyの3つはスマホの専用アプリもあるので、私は外出時の空き時間や移動中もアプリを使って新着物件を常に調べていました。

物件数はZillowやCraigslistの方が多いかな?といった印象ですが、物件探しをするならこちらもチェック必須のサイトだと思います。


Street Easy

物件数 : ★★★

サイトの使いやすさ : ★★★

オススメ度 : ★★★

 

 

5、Naked Apartments

こちらも毎日見ていましたが、物件数、更新頻度ともそこまで多くはない印象です。

サイトの作りに関しては、私たちが今回ちょっと特殊な物件を探していたのでキーワード検索がないというのはちょっと使いにくかったのですが、それ以外は悪くないかな?という感じ。

ちなみに今回私たちが契約した物件はNakedで見つけた物件なのですが、その他のサイトでは出ていなかった物件だったので、Nakedにしか掲載されていない物件もいくつかある、ということで時間があれば合わせてチェックしてみるといいかもしれません。

 

Naked Apartment

物件数 : ★★☆

サイトの使いやすさ : ★★☆

 

6、RentHop

 

7、Trulia

 

8、Zumper

 

こちらの3つもちょくちょく見ていましたが、サイトも他のサイトと比べれば使いにくく、物件数も他のサイトの方が多い印象があったので、思い出した時に見る程度でした。

一応、今後アパート探しをする方の参考になればと思い記述しておきます。

 

 物件数 : ★★☆

サイトの使いやすさ : ★★☆ 

 

 

9、Nooklyn

Nooklynは今までの8つとは違い、ブルックリンをベースとした不動産屋なのですが、かっこいい物件しか取り扱っていません。

スタッフの対応がとても親身で、とても好感度が高く非常にお勧めできる不動産屋です。

サイト内の写真はきれいに撮られていて見やすく、サイトの作りもおしゃれ風になっています。

 

今回最初にコンタクトした物件のブローカーがNooklynのRamyという男性だったのですが、真夜中でも瞬時に返信してくれる対応の早さ、一ヶ月間常に連絡を取り合って新着物件をテキストしてくれたり、親身になってNooklynが取り扱っている以外の私たちが気になっている物件についてのアドバイスまでしてくれるナイスガイでした。

 

最終的に私たちは彼の物件では契約しなかったのですが、ここまでしてもらうと、心理的にも彼の物件で契約したい、という気持ちにさせられるような、人間力溢れるプロフェッショナルさに私も坊主も終始感激していました。

Nooklynを使う際は、Ramyは信頼できるブローカーなので、是非!

 

物件数 : ★☆☆ 

サイトの使いやすさ : ★★☆ 

写真の見やすさ : ★★★

Ramyの信頼度 : ★★★

 

その他、現地の不動産屋に直接足を運ぶ

これはサイトではないですが、自分の引っ越したいエリアに出向き、現地の不動産屋に直接行って相談するのもいいでしょう。

どこの駅でも、駅の近くに不動産屋があるので現地の様子を見るついでに適当にぷらぷらしながら不動産屋を探しましょう。

ほとんどの不動産屋ではまずアンケート用紙に名前や希望の条件を書き込み、そこから彼らが取り扱っている物件を見せてくれたり、新着物件が出た場合はアンケート用紙に書いた連絡先に連絡が来るというような流れです。

 

さてここまでざっと9つのサイトをご紹介しましたが、日本人の私たちが現地で賃貸物件を借りるというのは本当に大変なことです。

長くなりすぎるので、どういう点が難しいのかなどは別の記事にすることにしますが、これから仲のいい友人だけでルームシェア生活をする、カップルでアパートを借りる、などでシェア以外の選択肢として賃貸物件を借りようと思っている方のアパート探しの参考になれば幸いです。

 

[断捨離した・してる人へ]部屋も頭もスッキリした後はどうするの?

[断捨離した・してる人へ]部屋も頭もスッキリした後はどうするの?

人生の次のステップには進化した自分が必要不可欠である

人生の次のステップには進化した自分が必要不可欠である