2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

SNS投稿で得られる満足感や充実感はポテトチップス1枚分

SNS投稿で得られる満足感や充実感はポテトチップス1枚分

SNS投稿で得られる満足感や充実感はポテトチップス1枚分

 

今日の一枚

撮影者 : 坊主

ビルでやんす

 

カメラ : Panasonic LUMIX DMC-LX7 

絞り値 : F3.3 / ISO感度 :80 / シャッタースピード : 1/600秒


何でしょうね。言い過ぎでしょうかね。

 

SNSに不信感を抱いている私がちょいと思ったことなんですが、

(いや、もっと活用した方がいいのは分かっているんですが)

 

SNSが苦手な坊主の本音10選」参照

 

そんな画像載せていいの?そんなこと書いていいの?と思うくらい刺激的なものまで、

よくもまぁ飽きずに、インスタグラムやTWITTERで個人的な写真を定期的に上げたり、

呟くことができるものだ。と感心している限りであります。

 

マズローの自己実現理論の5段階欲求に見られるように

 

人間ってやつは、餓死することもなく道で寝ることもない物質的欲求が満たされれば、

その次のステップ、精神的欲求を満たしたくなります。まずは所属と愛の欲求、そして承認される欲求です。

ワカッチャイルケドヤメラレナイ分かってもらいたい欲求」参照

 

誰かと一緒にいたい、好かれたい、認められたいというのは、社会集団で行動する人間なら自然なことです。

 

しかし、ここ最近、その精神的欲求を現実世界ではなく、

SNSというバーチャル世界で満たそうとしている人が急増してきているではないか?

と思った次第であります。

 

自分のアカウントが所属するSNSサイトのバーチャル世界上で、

自分の投稿がライクされて愛を感じ、

コメント、拡散されることで承認欲求、自分は認められていると感じることができる。

 

しかし、この満足感は私に言わせりゃ、一瞬で消える雲みたいな存在、

いい香りの煙にまかれるようなもんです。風が吹けばその煙は何処へと消えてゆきます。

 

そりゃそうでしょう。ライクするのも、拡散するのも2秒とかからないんですから。

自分の存在は1分もすれば、他の人の存在によって下に下に押し下げられて、

3分もすれば遠い過去の存在となります。

 

 

この満足感の薄さを数で補うために、一部の人は、投稿のペースを上げ、

もっと刺激の強いことをお披露目しようとします。

「もっと私を見て!私の意見を聞いて!ライクちょーだい!コメントちょーだい!ギャーギャー、アーーーー!!ビリビリビリ(服を破く音)パシャパシャ(写真を撮る音)」

 

 

タイトルの文字どおり、

ポテトチップス一枚食べて満足する人はいないでしょう。

次々と口に放り込んで、一袋食べないと満腹にはなりません。

そして満腹になっても、すぐお腹が空いてしまいます。

今度は暴君ハバネロを食べたくなる人もいるかもしれません。

 

 

ロン毛が、先日のファッション記事

NYでストリートスナップを撮り続けてきた私から見たファッションの変化【前編】

NYでストリートスナップを撮り続けてきた私から見たファッションの変化【後編】

にて

「ファッション関係の人々の承認欲求が日々高くなっている」と述べていましたが、

 

人々の承認欲求が高くなったのではなくて、

承認される場がSNSの世界に偏ってきていて

コクのある現実世界の充実感と同等のものを得るために

バーチャル世界での何百、何千もの、薄っぺらい充実感を重ねないといけなくなっているのだと思います。

 

ざっと、1000人のライクが、現実世界での一人から賛辞に等しいのではないでしょうか。

 

結果的に数で質を補おうとなると、

自分の周りより、SNSに存在する人達に分かりやすい表現でライク獲得に奮闘するわけです。

 

そりゃ、VETEMENTS着ちゃいますよね。死ぬほど分かりやすいので。

 

あなたが現実に交流している素敵な人はSNSって多用しているでしょうか?

リアルな世界で充実していて、笑顔が絶えず、愛され、認められている人たちのことです。

 

私の個人的見解では、現実世界で満たされている人ほど、SNSを使っていない印象があります。

だってそうでしょう。実際に存在している人達との生活で彼らの精神的欲求は満たされているんですから。

 

会ったこともない一万人のフォロワーより、10人の気の合う悪友と一緒に馬鹿やっている方が楽しいでしょう。

 

1000コメントより、パートナーと一緒に散歩している方が、ゆるやかな幸福が続くでしょう。

 

少なくとも私は、そう思います。

 

蛇足な話ですが、マズローが設定した人間の最後の欲求、自己実現の欲求は、

その下の欠乏欲求、「何か人生に足りてないものを満たそうとしている欲求」からの

次のステップ、成長欲求です。

 

いつまでも承認欲求ばかりだったら、人間として次のステップに行くことは難しいということですね。

加えて、人がSNSに費やす時間というものは膨大になることもあります。

そうなると現実的に自己実現に費やす時間も反比例に減少するでしょう。

現代人のSNSを閲覧使用する時間は平均して78分らしいですが、

SNSにキリキリ舞いするよりは、今日習ったローキックを鏡の前で78分間クルクル練習した方がいいです。

 

このマズローの欲求段階説に生き方を寄せるのであれば、

欠けているものを補うことで満足感から脱出できたら

次のステップ、人間としての成長のキッカケが見えてくるのかもしれません。

 

ジョンレノンが

「人生は僕らがほかの計画を練っているあいだにすぎていくんだよ」

なんて、言ってましたが

 

私から言わせりゃ

「人生は僕らがSNSという薄氷の上で一人右往左往しているうちに過ぎていくんだよ」

てなもんです。

 

「足るを知れ」と老子も述べていましたが、SNSでも現実世界でも、自分の中で良い塩梅に折り合いをつけて、時間を無駄にせずに人生を謳歌したいものですね。

ロン毛はSNSを多用していますが、それにのめり込んでいるわけでも、支配されているわけではないので、彼のSNSの使い方なんて参考にすると良いかもしれません。

坊主が書いてたSNS苦手な理由をSNSフル活用のロン毛が論破してみる

Instagramフォロワーの効果的な増やし方、13.4Kのフォロワーを持つロン毛が教えます

 

あ、でも私もポテトチップス大好きで、一袋ペロっと食べちゃうので、この記事に共感してライクやシェアなんてしてくれたら嬉しくて、ロン毛にドヤ顏しちゃいますね。なんつって。

 

参照リンク

SNSが苦手な坊主の本音10選

ワカッチャイルケドヤメラレナイ分かってもらいたい欲求

NYでストリートスナップを撮り続けてきた私から見たファッションの変化【前編】

NYでストリートスナップを撮り続けてきた私から見たファッションの変化【後編】

坊主が書いてたSNS苦手な理由をSNSフル活用のロン毛が論破してみる

Instagramフォロワーの効果的な増やし方、13.4Kのフォロワーを持つロン毛が教えます

「植物をスタイリングする」NYイチのプラントアーティスト川本 論(Satoshi Kawamoto)

「植物をスタイリングする」NYイチのプラントアーティスト川本 論(Satoshi Kawamoto)

筋トレ6ヶ月目の坊主がパーソナルトレーナーを激しく薦める理由

筋トレ6ヶ月目の坊主がパーソナルトレーナーを激しく薦める理由