2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

ベジタリアンの向こう側、絶対菜食主義者のビーガン食が想像以上だったハナシ

ベジタリアンの向こう側、絶対菜食主義者のビーガン食が想像以上だったハナシ

ロン毛と坊主とニューヨーク

 

 

 

今日の一枚

撮影者 : ロン毛

“ロン毛と坊主のアパートハント!ということで、ロン毛と坊主の新しい拠点を探しています。候補の一つの内見に行った際、坊主が黄昏ていたところをパシャり。近々、ロン毛と坊主の共同生活が始まりますので楽しみです。”

カメラ本体 : iPhone6 Plus

焦点距離 : 29mm / 絞り値 : F2.2 / ISO感度 : 32 / シャッタースピード : 1/439秒


 

私は甘いものが大好きなので、よくアイスクリームを食べます。

過去記事でも書いた通り、最近食べるアイスはほぼほぼTalenti(タレンティ)というジェラートアイスか、たまーにハーゲンダッツです。→ アメリカで人気のジェラートアイス"Talenti"の美味すぎるフレーバーベスト5

 

先日、近所のスーパーで買い物をして、いつも通りアイスを買おうと思い、アイスクリームのコーナーへ行ったんですね。

そうしたら、今まで見たことのないアイスクリームがあったので「おやおや?」と思い、ジャケ買いしてみることにしました。

 

それがこちら。

WINK Frozen Dessertsという、ちょっと可愛いパッケージのアイスです。

いかにもジャケ買いしてしまいそうでしょう。

 

家に帰って楽しみにしていたアイスを早速食べてみたら、、、

まずスプーンを刺した感触がね、アイスじゃないんですよね。

シャリシャリしたシャーベットのようなあの感じ。

でもまぁ、シャーベットアイスでも美味しいものはあるでしょうから、構わず食べてみました。

 

そしたら、

アレ?

全っ然、味がない!

 

何だこのアイス!と思ってパッケージをよく見てみたら、

なんとコレ、

ビーガン用のアイスでした。

 

というか、可愛いっぽいウィンクしている何かのパッケージに惑わされ勢いでジャケ買いしましたが、パッケージには

  • Vegan (ビーガン)
  • Gluten Free (グルテン不使用)
  • Sugar Free (砂糖不使用)
  • Dairy Free (乳製品不使用)
  • Soy Free (大豆不使用)
  • Fat Free (脂肪分不使用)
  • Nut Free (木の実不使用)
  • Egg Free (卵不使用)

って堂々と書いてありますね。

完全にウィンクしている何かに油断して、食べるまで一切見ていませんでした。


ちなみにビーガンが何かわからない人のために補足しておくと、ベジタリアンのもう一歩向こう側、日本語で言うと絶対菜食主義者と言われるような、乳製品や卵なども一切口にしない人たちのことです。

そりゃー味もしないわけですわ。

しかしこういうのって、あんまり美味しくないなぁと思いながらも食べ続けたら案外慣れてきて美味しく感じてくるやつなはずだ!と思って少し食べ続けてみたのですが、やぱり私にはこのアイスは合いませんでした。

 

ビーガンが悪いとかそういうことでは全くないのですが、今回のこのアイスクリームを食べて、私はビーガンにはなれないなと。

ビーガンになるつもりなどそもそも一切なかったものの、アクシデントでビーガン食を初めて口にして、ふとそんなことを思いました。

いかんせん、想像以上に味がない!

そしてこのアイスクリームに関してはミルク不使用だからか食感がすごく粉っぽい。

アイス好きな私ですので、今まで大して美味しくないアイスでも食べ切ってきましたが、今回は食べきれませんでした。

それほどまでにビーガンアイス、全く口に合いませんでした。

 

 

以前、ほとんど肉類を食べずに生活していた時期があったので、ベジタリアンならなれそうだな、なんて思ったことはあるのですが、ビーガンは無理そうです。

 

ニューヨークをはじめ、海外ではビーガンとして生活している人たちが一定数います。

近年の健康志向ブームからかベジタリアンだった人もビーガンになり始めていたりして、ビーガンの人の数は年々多くなっているように感じるのですが、肉や魚、乳製品を27年間食べ続けている日本人の私としてはなかなか衝撃的なビーガン初体験でした。

とはいえ、ビーガン専門のレストランのメニューの写真や、インスタグラムのビーガン食で生活している人気インスタグラマーの料理写真なんかを見ると、見た目はかなり美味しそうなので、今度は機会があればアイスクリーム以外の料理もちょっと食べてみたいな、なんて思ってはいるのですが。

 


何はともあれ、今日はまたいつものスーパーでお気に入りのTalenti(ティラミス味)を購入し、安定の美味しさに幸せを感じています。

こうやってブログでTalentiのことを美味い美味いと紹介してるので、いつかTalenti本社からスポンサーシップの話が来て、アイスクリーム1年分贈呈!なんてことになったらいいなと夢見ています。

Talentiの方は甘いもの好きのロン毛をどうぞよろしくお見知りおき下さい。

 

食関連の記事はこちらも人気ですので合わせてどうぞ。

 中国産の激安チキンを5年間食べ続け鳥になりかけた男

 慣れれば意外と美味しい!生玄米を発芽玄米にして食べる簡単レシピ

 生きるのに炭水化物も必要なかった

 

筋トレ6ヶ月目の坊主がパーソナルトレーナーを激しく薦める理由

筋トレ6ヶ月目の坊主がパーソナルトレーナーを激しく薦める理由

別れの酒は出会いの酒と同じくらい美味い時もある

別れの酒は出会いの酒と同じくらい美味い時もある