2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

ポジティブ思考&ネガティブ思考は単なる一時的な流行ではないのか?というハナシ

ポジティブ思考&ネガティブ思考は単なる一時的な流行ではないのか?というハナシ

?????????????????????????????????????

 

 

 

今日の一枚

撮影者 : 坊主

近所にある有料マガジン?のポスト?らしき物体です。

 

カメラ : Panasonic LUMIX DMC-LX7 

絞り値 : F1.4 / ISO感度 :80 / シャッタースピード : 1/2000秒


ポジティブとは!!

  • 怒らない!
  • 前向きな発言をする!
  • 明るくハキハキと挨拶!
  • 人の悪口を言わない!
  • 笑顔を絶やさない!
  • 他人を励ます!
  • 弱音を吐かない!
  • 叱られた相手に感謝の言葉を伝える!
  • 困っている人を助ける!


上記はポジティブシンキングを調べて出てきたネタの極々一部ですが、まぁでるわでるわ、

私も含めて皆さん、現在の時点からもっと幸せになるために試行錯誤をしておりますね。


「幸せとは、明日来るものじゃない!今なんだ!」なんていうポジティブ発言は今回はよしておきましょう。


私もいくつかポジティブシンキングに関わる本、いわゆる自己啓発本なんて読んだりしてきたわけですが、なんだか最近シックリこなくなってきましたね。

私の根っこは元々そんなに心安いものではないのかもしれない、なんていう心持ちです。

 

時折、チェックしている「パレオな男」という良記事満載のサイトでは、

「ポジティブ思考を実践して、果たして科学的に証明された効果があるのか?」

と、疑問を呈している記事が多く、読んでいて中々面白いものがあります。

特に、もともと根がネガティブな人(サイト管理人)が無理にポジティブになろうとする必要性について説いております。

 

どうやら、ポジティブ思考による精神や身体に対しての効果は、学問の歴史が浅いためか科学的に立証されていないことが多い、実験結果が偏っているなど、最近になって様々な反証結果が出回っております。

 

私の知っている限りでは、巷では、ポジティブ思考やら引き寄せやらと、

中々、ポジティブな考えが一般に流通しており、本も数限りなく出版されていて、一種のブームになっていると感じております。お金の匂いがプンプンしますね。

 

しかし、上記で述べたように、私自身が若干飽きてますね。ポジティブという言葉に。

 

何があっても、感謝の心やら、無償の愛やら言ってたら、そのうち鬱積した感情が爆発するんじゃないかと、自分の中で危惧しております。

ネガティブ思考な方だと、適度にガス抜きできているイメージがありますね。こちらの方が若干人間ぽい感じもあります。

 

不思議と、自然体で楽観的な人と、無理して明るく振舞っている人って一目でわかりませんか?

私は大体わかります。

かといって、楽観的な人が好きか?と言われるとそうでもないです。

 

 

もし、ネガティブ&ポジティブが単なる流行りであれば、これからは、少しポジティブ人気が落ち着いて、そろそろネガティブ思考が流行るのではないか?と思っている次第であります。

以前からその兆しは見えてきているのかもしれませんが。

ブームの火つけ役となる場合が多い芸能界からも少し前から、ブラマヨの吉田、ピースの又吉、モデルの栗原類などのネガティブなイメージを持つ方達がテレビで見られるようになりました。

悲観的な思考回路を辿った彼らの発言を聞いていると、自虐的でありながら、中々鋭いことを言っているように感じます。

チャランポランなことをギャーギャーと喋っている人達が隣でいると、より引き立ちます。

 

調べてみると、周りが「ポジティブは良いことだ!」と叫んでいる風潮のせいで、自分が焦ってしまって、無理に楽観的な考えをしてみたり、悲観的な考えに蓋をしてみたりして、結構精神状態がまいっている人が多いようですね。

 

いわゆるポジティブ病ってやつです。

 

私としては、この病は巷のトレンドと、それを煽っているメディアが引き起こした風邪にかかったようなもので、風向きが変われば、自然と風化していくと思います。

 

ひと昔前の昭和初期なんかは太宰治を代表とするネガティブ作家が、ニヒルでひねくれていて、文学的でカッコいい!抱いて!なんて時代もありました。

その当時の若者達の様子はどんな感じだったんでしょうね。気になります。

 

世相が変わって、ネガティブ思考が主流になれば、今度は元からポジティブな人達が白い目で見られ始めるのかもしれませんね。

 

ちなみに冒頭に挙げた

  • 怒らない!
  • 前向きな発言をする!
  • 明るくハキハキと挨拶!
  • 人の悪口を言わない!
  • 笑顔を絶やさない!
  • 他人を励ます!
  • 弱音を吐かない!
  • 叱られた相手に感謝の言葉を伝える!
  • 困っている人を助ける!

は、他人から自分をポジティブに見られたくてとる行動の一部です。

そりゃ人の目を気にしていたら疲れますよね。程々にやっていきましょう。

疲れるんだったら、筋トレしてテストステロン分泌させた方がいいですね。私は。

 

 

今回紹介した「パレオな男」

心理ネタだけでなく、筋トレや、健康一般について書いてくれています。

「この人なんぼほど論文読むねん…」というくらい読書家の管理人さんの記事は一読する価値があると思いますので、もし良かったらぜひご覧下さい。

 

私とロン毛も、心理的な記事を幾つか書いていますので、こちらもどうぞ!

プライドを「捨てる」から「隠す」ことで見えてくる新しい可能性

あなたの周りは大丈夫?サイコパスの特徴と5つの口癖!

あなたは言霊(ことだま)を信じますか?

環境は性格まで変えるか?当たりすぎる心理テストMBTIと坊主の変化

私も洗脳されていた!日常に潜むマインドコントロールとその解き方

実験例から脳を科学!有効なイメージトレーニングの方法とその効果

演技し続けるとホンモノになれるかもしれない話



[販売員の本音]友達だからって社割をお前が提案するな!というハナシ

[販売員の本音]友達だからって社割をお前が提案するな!というハナシ

銃よりナイフ?ニューヨークで急増する通り魔事件にご注意!

銃よりナイフ?ニューヨークで急増する通り魔事件にご注意!