2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

[自律神経を操作する]腹式呼吸を極めたら人生楽勝なんじゃないか?

[自律神経を操作する]腹式呼吸を極めたら人生楽勝なんじゃないか?

 

 

 

今日の一枚

撮影者 : 坊主

深夜の地下鉄にて撮影。花束を貰った方と贈った方は、レッドブルでチャージして地下鉄を突き抜けて、空に飛んでいったんでしょうね。

カメラ : Iphoneで撮影


 

最近ふとしたことから、自律神経のひとつ、副交感神経と交感神経について調べております。

その理由が、今回の試みによって改善されたら、そのことについて記事にするか、音声で喋るかもしれませんが、まだ実験段階であります。

 

凄く簡単にいうと、

副交感神経「Parasympathetic Nervous System 」は、人間がリラックスしている時にはたらく神経で体の筋肉も緩み、心拍数も下がり、余分な力が抜けて、内臓の動きも活発になります。

 

逆に、交感神経「Sympathetic Nervous System」は、人間が緊張している時にはたらく神経で、心拍数が上がり、筋肉が緊張して力が入ります。いわゆる緊急事態にはたらく神経で、戦う時や、危険が迫った時にアドレナリンとノルアドレナリンが分泌されます。

カーっと頭と体が熱くなって、汗ばむ状態ですね。

 

この2つの神経はシーソーのようなもので、どっちかが働いている時は、もう一方は休んでいます。

 

この緊張と緩和のシステムを時と場合によって使い分けて、人間は何とか日常生活を送っているわけですが、

本来は「生命の危険や命のやり取り」の場合にはたらく筈の緊張を司る交感神経、

仕事やその他のストレスが人体に加わると簡単に働いてしまうので、

ストレスまみれの現代人は、体を休める機能をもつ副交感神経がはたらく時間が極端に少なくなり、

結果的に、うつ病や不眠など、かかってしまったら治療が困難になって症状になったりします。

 

アスリートの方なんかは、この自律神経の機能が高く、緊張の中でもリラックスする術を身につけている人が多いので、リラックスした無心の状態で高いパフォーマンスができます。

あ、今日もミスタークマ殺しに無心でボクシングでボコボコにされました。

あれは、狩人の眼でしたね。

 

人間が狩りをしていた時代だったら、もうちょっとこのバランスも取りやすいのでしょうが、今は色んな厄介ごとが転がっていますからね。交感神経ブリブリでしょう。面倒なことです。

 

しかし、単純な坊主は、この二つの自律神経を操作する、もしくは副交感神経が優位に働くモードになれば、ストレスフリーで良い塩梅じゃないの?と思ったわけであります。

 

前置きが長くなりましたが、色々調べた結果が「呼吸」ですよ。

 

呼吸といっても、腹式呼吸です。

ロングブレスダイエットなどが日本でも流行りましたので

何を今更、と思う方が多数だと思うかもしれませんが、

呼吸意識していますか?

 

腹で呼吸していますか?

 

どうやら、深い腹式呼吸をすれば、意図的に副交感神経をはたらかすことができるので、体と頭がリラックスする状態にもっていきやすく、ストレス解消に効果的であります。

誰かに教えたくなる腹式呼吸の健康効果 参照

 

息を吸った際にお腹が膨らむのを意識して、吐き出す時にお腹を凹ませるのが基本で、この記事を書いている時も、結構意識して呼吸していますが難しいものですね。でも呼吸がかなり深くなった気がします。

 

後、就寝前に試したいのは、4秒で吸って、8秒止めて、12秒かけて吐き出す呼吸法です

 

これはストレッチした後に行いたいですね。

瞑想のポーズでも一緒にやりゃ格好がつくんじゃないでしょうか。

 

呼吸法について、色々調べていると、やはりヒクソングレイシー氏に辿りつきました。

この人は自身の格闘スタイルにヨガの呼吸法を取り入れているのですが、大変参考になります。

 

 

ヨガの呼吸にも沢山種類があって

・腹式呼吸

・胸式呼吸

・丹田呼吸法

・完全呼吸法

・ハタ呼吸法

・シータリー呼吸法

・火の呼吸法

・バストリカ

・カパラバティ呼吸法

・マントラ呼吸法

・ウジャイー呼吸法(勝利の呼吸法)

【ダイエットにも効果的!】代表的なヨガの呼吸法11選!効果と方法まとめ 参照

 

もうこうなったら一つずつ試していきたいですね。

最近観た、といってもグレイシー呼吸法の検索で辿りつきましたが

London Realに招かれた、旅するパーソナルトレーナー、Steve Maxwellも呼吸法について言及しています。

 

後、日本が誇るマンガ、ジョジョの奇妙な冒険第2章の一コマも凄く気になるところです。

 

グラップラー刃牙やドラゴンボールでもそうですが、マンガからも参考になることが多いですね。

 

ともあれ、この実験が成功すれば、また記事にしたいと思いますので、呼吸を意識し始めたキッカケはまた後日に紹介できればと思います。

 

記事を楽しんでいただけましたら「ロン毛と坊主とニューヨーク」のTwitterアカウント(@longebose)

そしてFacebookページも是非フォロー、イイネをお願いしますね!

 

 

 

一流の人の共通点 Part 4 - 努力型のアイディアマン -

一流の人の共通点 Part 4 - 努力型のアイディアマン -

損得勘定の人間関係は「現代版スカウター」で数値化される人々の"戦闘力"による産物か

損得勘定の人間関係は「現代版スカウター」で数値化される人々の"戦闘力"による産物か