2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

巷のファッションに飽きた坊主が始めたいこと

巷のファッションに飽きた坊主が始めたいこと

巷のファッションに飽きた坊主が始めたいこと

 

 

 

今日の一枚

撮影者 : 坊主

おでこにシールが貼ってあるお茶目な女の子です。去年の夏に撮影

 

カメラ : Panasonic LUMIX DMC-LX7 

絞り値 : F3.3 / ISO感度 :160 / シャッタースピード : 1/125秒


近々引越しをする予定があります。

それに伴って、荷物の点検をザっとしてみたのですが、

まぁ自分の荷物が減ったことよ。

特に、洋服や靴なんかは、仕事用を除いたら昨年の5分の1ほどでしょうか。

ハンガーが余りまくってしょうがありませんね。

引越しに向けてもう少し細々としたモノを減らす予定ですが、

ファッションに興味がなくなってきたのか?といえば、そうでもなく、

かといって断捨離特有の「持っているもの一つ一つに愛着が湧き始めた」だけでなく、

ちょいと自分でも作ってみたくなったのです。自分が着る服を。

 

といっても、生地を買って、パターンを引いて、一から作るわけではなく、いわゆる古着のカスタムですね。

 

もともと新品の服にあまり興味がなく、ニューヨークに来た当初は金も無いので、古着ばっかり着ていました。

自分の中で失敗あり、成功あり、中々コクのある毎日で、古着屋を片っ端から巡っていたことを覚えております。

原点回帰ってやつですね。いわゆる。

 

かといって昔の様に普通の古着で量を確保して着回して満足するには、

ちょいと精神が捻くれてしまったので、グルグルに歪んでしまったなりに、

古着とゴチョゴチョ戯れて、一つ一つ作ってみようかな、なんて思っている訳です。

 

自分しか持ってない服が欲しい、なんて言っちゃうセンチな歳ではありませんが、

既製品を買うと、なんだか自分が社会の歯車の一部になったようです。

既に会社員としてどっぷりと歯車の一部になっているので、

半歩くらいは、外に出ておきたいなんて思っている次第であります。

 

既に幾つか、自分なりにカスタムしたモノを保持していて、よく休みの日に着ています。

すると見ず知らずの人にも話しかけられて、褒められるので、

「自分で作れるよ!簡単に出来るからやってみんさい!」と、これが結構ハナシの種になるんです。

これらのモノは、頭をひねってカスタムのアイディアが出たのではなく、自然発生的に思いついたもので

果たして、「作ろう」と思って作れるものなのか疑問ですが、

そこらへんは、友人のアーティストの人たちの創作工程なんかも参考にしてみたいです。

 

これも、私とロン毛が常々述べているアウトプットの一つですね。

このブログでは書いて、

NOTEではAUDIO NOTEで喋って、

 

これからは、着るものに関しては、

切って縫って染めて繋げて

叩いて捻って漬けて燃やして

新しいアウトプットができそうで、なんだか楽しい日々になりそうじゃないですか。

それに伴って新たなインプットや刺激も増えることでしょう。

視野が広まって、日々の暮らし方も変化しますからね。

 

一人でこっそりと楽しむのもいいですが、

 

機会があれば周りにお披露目するのも悪くないと思っていまが、そのお披露目の仕方は、プロのロン毛の方に任せたいと思っています。

 

私がアメリカに居られるキッカケになったスナップも、こんな軽い感じでスタートしました。

ロン毛も言っていましたが、何かを始めるのに大それた理由は必要ない

と私も思っているので、パパっと始動させたいと思っています。

 

飽きたらサッと止めますが、それも一興ということで、

「アホな坊主だ。」くらいでご勘弁ください。

 「行動するのに理由は必要か?同意出来過ぎるはあちゅうさんの記事について

 「アウトプットとインプット

 「ロン毛と坊主が喋ります!音声コンテンツ「ロン毛と坊主のニューヨークこぼれ話」について

 「ファッション業界にいる私が、靴と服を大量に断捨離した際の方法と判断基準

 

 

 

動きの研究家IDO PORTAL氏から挑戦する癖を学ぶ(ガチムチ動画付き)

動きの研究家IDO PORTAL氏から挑戦する癖を学ぶ(ガチムチ動画付き)

自殺願望がある人へのアドバイスは難しいと思ったハナシ

自殺願望がある人へのアドバイスは難しいと思ったハナシ