2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

坊主が本気で酒を断ってみようと思った理由

坊主が本気で酒を断ってみようと思った理由

坊主が本気で酒を絶ってみようと思った理由

 

 

 

今日の一枚

撮影者 : 坊主

通勤途中にウィリアムズバーグ橋にて撮影

 

カメラ : Panasonic LUMIX DMC-LX7 

絞り値 : F1.4 / ISO感度 : 80 / シャッタースピード : 1/1600秒


はてさて、何から書いてよいものやら

去年から、色々と物理的、行動的、精神的なモノを捨ててきましたが

唯一、私が生活していく上で

日々の習慣から離すことのできなかったモノがあります。


そうお酒であります。

 

かなり量は減って、週一程度になったのですが、

 

本気で断酒した方がいいかもしれない兆候がカラダに出始めてきました。

 

まず飲んだ次の日は、朝から軽いウツ状態になってしまうこと。

二日酔いとは、また違った嫌な感じです。

身体もダルイし、頭はずっとボーッとしているし、

仕事にも身が入らず、時間がダラダラ過ぎていきますが

どうも力が入りません。

 

人の声も遠く聞こえますし、なんだか思考が停止している感じがするのです。

何か喋っていても、自分が馬鹿なことを喋っているようで落ち着きません。

 

しかも、最近気づいたのですが、仕事中や日常生活で

掛け算、足し算などの簡単な計算を間違うようになってきました。

この簡単な計算が間違うようになってから、少し怖くなってしまいましたね。

短期的な記憶力がかなり低下してきたこともあります。

一週間前のことが、かなり昔のことのように感じます。

仕事でも、無駄な動きが増えた気がしてお店の中を行ったりきたりすることが多くなりました。

 

もしかしたら、そもそもお酒のせいじゃないのか?

と思って、ちょいと上記の症状を調べてみると

うつ病と若年性アルツハイマーが検索にヒットしました。

 

審査してみると、軽いうつ病状態でノイローゼ気味だという診断結果が出ました。

 

マズいじゃないですか!

 

男性ホルモン下がりまくりでしょう!

 

しかし、昨日お酒を飲んで、気分が最悪の時にテストを受けたので

こういう結果になったのかもしれません。

 

うつ病とアルコールには深い関係があり、うつが進行する原因のひとつらしいです。

 

ということで、おそらく一番てっとり早いであろう

お酒を絶って、しばらく様子を見てみようかと思います。

 

はたして、この気分の落ち込みは、たんなる季節的なものなのか?

酒を抜いて、カラダの調子が上がるのか?

 

ちょいと試してみようかと思います。

お酒に関する記事、酒量を減らした経緯や、変化などを過去に書いているので、もしよかったらご覧下さい。

アル中に近かった坊主が、ほとんどお酒を飲まなくなった結果

[断捨離]離れていったもの:酒

[断捨離] 断てなかったもの:酒

 



坊主が女性にフラれた話と同僚Mちゃんの恋愛板挟みバナシ

坊主が女性にフラれた話と同僚Mちゃんの恋愛板挟みバナシ

バーバリーが動く!インターネット時代が遂に業界のシステムを変えるか?

バーバリーが動く!インターネット時代が遂に業界のシステムを変えるか?