2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

職場が水没したけど、同僚との仲は深まったような気がするハナシ

職場が水没したけど、同僚との仲は深まったような気がするハナシ

??????????????????????????

 

 

 

今日の一枚

撮影者 : 坊主

冬景色というのは時間が止まったようですね。セントラルパークにて


カメラ : Panasonic LUMIX DMC-LX7 

絞り値 : F3.3 / ISO感度 :400 / シャッタースピード : 1/80秒


 

いやはや、暖冬だと言われていたニューヨークも、やっぱり寒くなってしまいまして

先日は摂氏マイナス17度を記録しました。

何故かニューヨークの最低気温を記録する日と、ファッションウィークは被るというジンクスが

ありまして、今年もロン毛や私の友人達は、凍てつく寒さの中、写真を撮っておりました。

 

ファッションウィークのスナップからは足が遠のいている私ですが、

この期間、自分が働くお店でぬくぬくと過ごしていたわけではありません。

いや、大抵ぬくぬくでしたが、一日だけ、何なら外にいるロン毛より寒い状況がありました。

 

お店が水没しました。

水没はいいすぎですね。水浸しになりました。

 

冬には、よくあるというスプリンクラー凍結による、それの誤作動であります。

前日から兆候が見られ、スプリンクラーからポタポタと水が垂れ始めておりました。

翌日の午後4時頃、収まったかに見えた水がまた流れだしましたが、すぐ止まるだろうという楽観的な憶測から、バケツなどで水を受けていました。

少し水の勢いが強くなってきたので、同僚の機転で大きなゴミ袋の底に穴を開けて、スプリンクラーの周りを塞いで横方向に水が飛ばないようにしました。

と同時に他のスタッフは水がかかる範囲にあるアイテムを全速力で後ろに持っていき、客を避難させました。

 

この時は、まだ私も含めたスタッフ達は笑っていましたが…

 

約2分後、スプリンクラーが100%の力を解放し、水の勢いが強すぎて、ゴミ袋はパンパンになって破裂、私とゴミ袋を支えていた同僚はずぶ濡れになりました。

大量の水が店内を駆け巡り、浸水スピードは速く、お店の奥の方まですぐにたどり着くような勢い。

 

そこからの同僚達の動きが素早かった。

消防署に連絡し、自分達は店頭にある全てのアイテムを在庫スペースの高い位置まで避難させ、

地下まで水が入ってきたので、そこのアイテムも全て水に触れないように避難させました。

私はまず、水を止めないといけないので、お店が入っている建物のガードマンに走っていきましたが、

運悪く新入りの人で、スプリンクラーの元栓の位置を知らず、そしてガードマンの上司のマネージャーと電話で話しても、「状況を説明しろ」と言われ、説明すると「それは私達の責任ではない。そもそも…」と、どうやら責任逃れをする為に会話しているようで、にっちもさっちもいきませんでした。

結局水が出始めて40分後、消防隊員が駆けつけて水がストップしました。

 

そこから、怒涛の復旧作業が始まり、水浸しになった店内を掃除して、お店が水没して16時間後の翌日には何とか、お店を再開することができました。

水道管破裂がお店を閉めた後に起こっていたと思うと、ゾクっとしますね。

現に5年ほど前に同様のことが起き、その際は復旧に1週間ほどかかったようです。

 

しかし、この特殊な事件を乗り越えた後というのは、中々小気味いいもので、

クサい言い方をするとお互いの絆が深まったといいますか、なんだか同僚にも親近感が増すものです。

私が主電源を落としたので、店内が薄暗い中での人間が水に囲まれて作業する姿が見られ、携帯のライトを頼りに真っ暗な地下で声を掛け合う姿は、案外に終わってみると奇妙ですが、なんだか感慨深く、しみじみとした感情が生まれました。

スプリンクラーが破裂したお店が浸水しただけで、同僚にこんな情が湧くのですから、火事や地震などの災害を乗り越えた人達はお互いに対して、そして生きていることに対して畏敬の念を感じるのではないかと、思った1日でありました。

妙な一体感が生まれましたね。「内部の不満を解消したかったら、外部からのトラブルを利用して、解決のために力を合わせると結束力が高まり、不満は解消する」なんて誰かが言っていましたね。

とはいえども、一週間も経てば、そんなセンチな気分もどこかにいってしまい、

ギャーギャー言いあって、平常通りお店を営業しております。

 

水浸しになったせいか、風邪をひいてしまいましたが、気温も上がり、天気も良くなってきたので、テンションは上がってしまいますね。

 

運が悪いことがちょいちょい続いているので、私の大好きな作家色川武大さんの運のセオリーに沿っていくと、そろそろ良いことがありそうです。なので休憩時間もちょっと出歩いたりなんかして

近くのお店なんか入っちゃいます。別に買わないんですが。

 

でも、病気とか怪我してないだけ幸運っちゃ幸運なんでしょうね。

 

私の不運話はこちらから

【ブッシュウィックの治安】安全な地区でも油断は厳禁!強盗に襲われてボコボコにされたハナシ

坊主が女性にフラれた話と同僚Mちゃんの恋愛板挟みバナシ

 

そして、上記の色川武大さんの運のセオリーに関してはこちらからどうぞ!

運を操作できるか?色川武大から学ぶ人生9勝6敗の考え方

[斜め上の考え] 苦労の探し方

[雑記]明日あの娘とキスする為に、今日は雨に濡れて風邪を引く

 

日本と海外の地下鉄パフォーマンスから学ぶ、モノの見方・考え方

日本と海外の地下鉄パフォーマンスから学ぶ、モノの見方・考え方

5年間ストリートスナップを撮り続けている私が思う近年のスナップ事情

5年間ストリートスナップを撮り続けている私が思う近年のスナップ事情