2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

[経験談]断捨離・ミニマリストを経験すると衝動買いが増える

[経験談]断捨離・ミニマリストを経験すると衝動買いが増える

[経験談]断捨離・ミニマリストを経ると衝動買いが増える

 

 

 

今日の一枚

撮影者 : 坊主

友人と行ったザ・場末のバーのトイレであります。

カメラ:iPhoneで撮影


 

ミニマリスト関連の書籍の売れ行きが順調のようですね。

しかし、流行りに乗った皆さんがそろそろ飽きてくる頃だと思います。

 

いや、飽きるという言葉はちょっと違いますね。

 

おそらくミニマリストの哲学を学習、経験し、自分の中で濾過して良いところを自分の生活に取り込んだ。

ということだと思います。

 

ひと昔前は断捨離、今回はミニマリスト。

言葉は違えど、人生の中で一度は経験した方がいい文化の一つだと私はお勧めします。

 

読者の方から、私の記事を読んでミニマリストに触れ、

実際に身の回りのモノを少なくしていくと、

自然と買い物欲が減少し、衝動買いが少なくなったとのメっセージを頂きました。

 

彼はインスタグラムなどでお気に入りのモノが見つかると、

衝動買いしてしまい、商品が届く頃にはもう飽きてしまうという、買い物中毒に陥っていたようです。

 

かなり生々しいですね。私も一昔前までそうでしたので。

 

飽きてしまっても支払い義務は消えないので、

分割での返済に追われ、日常生活にも支障をきたしていたようです。

 

現在は購入する前に、少し時間を置いて、この物欲が一時的なものか、本当に欲しいのか見極めているようです。

 

このメッセージを読んで、私から、彼がこれから経験するであろうことも参考として伝えておきました。

 

それは、断捨離・ミニマリストを1年程経験すると、衝動買いが増えるということ。

 

というのも、ミニマリズムに触れて、部屋が空っぽになると、実際問題モノを買い足す必要が生じてきます。

 

一回リセットして、再スタートみたいな感覚ですが、衝動買いが増える理由の一つとして

金銭面の余裕があります。

断捨離のピーク時は本当にお金を使わないので、貯金残高が凄まじいスピードで増えてきます。

そしてモノの処分が落ち着いてくると、物欲が以前に比べて10分の一くらいになっているので、

お金があり余っていることが殆どです。

 

となると、欲しいモノは大抵悩まないでも即買いできるようになるんです。

 

そして、この欲しいモノは、上記の彼が経験しているような

一度落ち着いて考える」という思考回路が自身の中で日常化し、

脳の物欲処理速度が加速しているので、一度落ち着いて考えずとも、

これは本当に欲しいモノである→即購入となります。

 

聞こえが悪い「衝動買い」ですが、

こちらのミニマリズムが体に染み込んでいる状態だと

実際には物欲爆発の頻度が極度に減っているので、毎月の返済に追われることもないと思います。

 

あくまで私の経験談ですが。

 

ミニマリズムが自分の思考回路の一部になればコッチのもんです。

”時間を潰す”ための買い物に使っていた、大切なお金と時間が余っていると思うので、

今、興味のあることに、全力投球できるかと思います。

 

さっさと、やっちゃいましょう。

 

断捨離関連記事で人気のミニマリストの佐々木さんが来た際の記事もどうぞ。

断捨離に興味のない私がミニマリストブームの第一人者である佐々木さんと会って感じたこと

 

【お知らせ】明日10月22日、ロン毛が日本のラジオ番組に出演。

【お知らせ】明日10月22日、ロン毛が日本のラジオ番組に出演。

私が考える良い師匠、先生、メンター、指導者の二つの弱点

私が考える良い師匠、先生、メンター、指導者の二つの弱点