2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

アメリカに7年間住んでみたら本気で日本語が書けなくなっていたハナシ

アメリカに7年間住んでみたら本気で日本語が書けなくなっていたハナシ

ロン毛と坊主とニューヨーク 日本語 書けない アメリカ生活

 

 

 

今日の一枚

撮影者 : ロン毛

アイディアノートとして活用中の頂いたノートたち。このノート、私と同じようなファッションが好きな方には伝わるでしょうかね?

カメラ : SONY Cyber-shot DSC-QX100

焦点距離 : 28mm(35mm換算) / 絞り値 : F1.8 / ISO感度 : 800 / シャッタースピード : 1/25秒


文字を書くっていう行為を、今や私はほとんどしなくなりました。

パソコンやiPhoneのテキストでほとんど全てやり取りが事足りるので

家にもペンが1本あるだけで、筆記用具的なものがありません。

 

なのですが、最近、ノートを数冊頂いたので

せっかくいただいたノート、使ってみようかなと思い立ち

先日からアイディアノート的なものを書き綴ってみています。

基本的に私はこういうテキストなどは全てデジタル化して保存しておけば

物質として所持している必要はないかなと考えているのですが

「手書きもいいもんだよ」と友人に言われたので、物は試しということで。

 

「当たれば100億円になりそうなアイディアをいくつ持っていても、行動しなければアイディア自体には1円の価値もない」なんていう記事をよく目にしますが

せっかく浮かんだアイディアなので一応覚え書き程度にメモを。

自分のネタ帳のようなものですね。

このブログもそうですが、実際に頭の中のことを文字に起こすことで

考えがよりクリアに整理されまとまるもんです。

 

そこでいざペンを取り、頭にあるアイディアをノートに書き始めたら

自分の日本語の書けなさに驚愕したのです。

私がアメリカ、ニューヨークに来てから7年が経ちますが

こちらでは日本人の友人もいますしインターネットでは日本語を見ない日はありませんし

日系の本屋に行けば日本の本や雑誌を目にする機会もあります。

 

しかしアメリカで日本語を書くという行為をすることって、

基本的にほぼ無いんですよね。

家族や友人に手紙を書いたり、または日記や今の私のように日々アイディアノートを綴っている人、

アメリカにある日系企業で働いて書類を日本語で手書きする機会がある人じゃない限り、

本当に日本語を書く機会ってほとんどありません。

私は上記のどれにも当てはまらないので、気がつけばこの7年間、

ほとんど日本語を書いていませんでした。

 

 

するとどうしたことか、

日本語が書けないんですよ、上手く。

上手くって、美しい文字を書くとかそういう見た目の美しさはもちろんなのですが

パソコンやiPhoneのキーボードでタイピングするには全く問題なくとも

実際にペンを持って紙に文章が上手く書けない。

 

見た目的なことで言えば、もともと字を書くのがうまかったとは言えませんでしたが下手なほどではなかったはず。

しかし今や正真正銘、ただ字が下手な人になっていました。驚きとショックを隠せません。

 

そして、漢字が全然書けないという焦り。

タイピングだと予測変換で漢字がパパッと出てきますし、ネットの記事や本も問題なく読めるのですが、

いざペンを持って文字を書いてみると、小学校で習うような簡単な漢字すら一瞬迷って合っているのか不安になり

かなりの回数をパソコンで実際にタイプして漢字の確認をしながらペンを走らせています。

いざ手書きするとなった途端、漢字の多くの形はぼんやりと頭に浮かぶのですが、

合っているのか確信を持てない感覚。

焦りと同時に結構恐怖感すら覚えました。

 

 

これって私だけなんでしょうかね?

アメリカに7年いるだけでこうなってしまうということは、

10年、15年、20年いる人たちはまだちゃんと日本語を手書きできるんでしょうか?

アメリカに長くいる人に聞いてみたい質問ですね。

これでみんな普通に書けるようだったら、それはそれで私自身に問題があるということで更に焦るわけで、

どうか海外長期滞在組の皆さんも書けないでいてくれ!と、心の奥底でひっそり願っていたりもします。(え?

 

 

しかし、「文字を書く」という、義務教育を受けてきている日本人なら誰でもできることが

まさか自分は出来なくなる日が来るなんて思っていませんでした。

そういえば最近は、しゃべり言葉までちょくちょくおかしいと指摘されることも増えてきましたが

人間、当然出来ていたことも長い間やらなくなると本当に出来なくなるもんなんだなぁと

身を持って実感している次第です。

 

先日書き始めたアイディアノート、これはしばらくの間書き続けて

もう少し字を書く習慣をつけようかと思います。

ニホンゴ、ムズカシイネ。

 

海外に長期間住んでいる人が一時帰国する時に感じるあるあるネタを集めた記事も合わせどうぞ。

 海外在住者には分かるハズ!日本帰国時に感じる一時帰国あるある20選

 

記事を楽しんでいただけましたら「ロン毛と坊主とニューヨーク」のTwitterアカウント(@longebose)

そしてFacebookページも是非フォロー、イイネをお願いしますね!

今どき誰が紙の雑誌なんか買うのか?noteの可能性と若者の消費傾向について

今どき誰が紙の雑誌なんか買うのか?noteの可能性と若者の消費傾向について

ニューヨークで働いて感じる「日本の常識」は自分の最大の武器になる可能性について

ニューヨークで働いて感じる「日本の常識」は自分の最大の武器になる可能性について