2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでゲストハウス、またオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

外にいるからこそ見えてくる「日本の常識」の非常識さ、表裏一体の長所と短所。

外にいるからこそ見えてくる「日本の常識」の非常識さ、表裏一体の長所と短所。

ロン毛と坊主とニューヨーク

 

 

私がニューヨークに住むようになって

外から日本という国を見るようになったことで感じることがたくさんあります。

 

分かりやすいことで言えば、

日本っていう独特の国や文化って、外から見るとものすごく魅力的に映るんですよね。

それこそ私の地元にある国宝、松本城なんてめちゃくちゃかっこいいじゃないですか。

修学旅行で回るような京都の景観、東京のカオスな雰囲気、和食の素晴らしさ、、、

 

 

そういうのって、私は日本にいた時には身近すぎて気付くことが出来ていなかったのですが

ニューヨークに住むようになったからこそ客観的に日本を見れるようになり、

日本にいた時には「日本が好きだ!」なんて考えたことはなかったものが

今では日本を好きになり、誇らしくもあります。

上で書いたような、わかりやすいことだけでなく

他にも海外から見ると日本の特殊な部分って結構あります。

そうですね、例えば、日本のマナーや常識、なんていうのはモノではないですが、

外から見るとかなり異質なものだったりします。

 

駅のホームで電車を待って良いる人がドアの位置でしっかり一列に並んでいることや

周りの空気を読むのが当たり前という風潮、

お店やレストランでの店員さんの謙虚さなんかもそうですかね。

El civismo y la educación en Japón son sorprendentes pero esto es solo un ejemplo la gente cuida mucho no molestar a los...

Posted by Voz Ciudadana Chile on Wednesday, November 18, 2015

日本では当たり前のことが世界では当たり前ではないことの証明に、

このFacebookの動画は520万再生以上、10万シェアされています。

 

 

しかし良い意味で海外から見ると異質の部分は、時に尖りすぎて悪い方にも見えてきます。

しかし日本にいて、それが「普通」の日常であると、

実際に私が日本にいた頃はそんなこと思ったこともなかったように

その異様さに気がつかないことも多いのではないでしょうか。

 

 

先日、Twitterで話題になっていたツイート

「昼に会ったレジのお姉さんのおつりの渡し方がめちゃくちゃ好みだったので嬉しかったメモ 」というのを見ました。

これを見た瞬間に、正直引いてしまいました。

「え?日本人ってレジのお釣りの渡し方にここまで理想を求めるの?」と。

 

日本の「おもてなし」の文化は素晴らしいです。

店員さんがお客さんのことを考えてより良いサービスを提供しようとすることも良いことだと思います。

ただ、それを享受する客の立場の人でそこまで理想のサービスを求める人の多さに違和感を感じ、

ゾッとすると同時に、あっ、日本はやっぱり特殊だなと思いました。

ニューヨークをはじめ海外ではここまで気を使う文化はなく、

更にそれを受け取る側もそこまで気にしている人は誰もいない、というのを知ったからこその違和感でした。

 

 

先日は日本各地で雪が降り、大混乱だったようで。

 

それに対してもちょっと思ったことがあり、ツイート。

雪で交通が完全麻痺している中でも仕事に行くことが常識という世の中の風潮。

ニューヨークの事例に関しては市長の決定でしたが、

日本ではホームが人で溢れかえり大混乱状態だったことが物語る通り、

こういうことって日本では会社単位でもほとんど無いのでは?

 

無理をしてでも仕事に行くことも常識のうちのような風潮な気がしますが

でもそれで数時間かけてクタクタになりながら出勤しても

明らかに生産的じゃ無いですよね、考えればわかるはず。

 

 

長所と短所とは表裏一体みたいなもので、

日本は素晴らしいところがたくさんありますが

本来の日本の良い部分が行き過ぎによって短所になっていることが結構ある気がします。

そんなことを外から思いました。

 

日本にそういう思いを抱くのと同じくして、

日本の良い部分を知っているからこそ

ニューヨークやアメリカのことに関して疑問に思う部分もたくさんあります、当然ながら。

日本の常識は世界の非常識なんて言葉をよく耳にしますが、

言い換えれば世界の常識は日本の非常識でもあり、すべてが一長一短です。

 

 

まぁ、昨日のような雪の日に会社を休むということは、

会社という組織に属している以上は個人で勝手にできることではないですが、

少なくとも日本社会の風潮としてもっと自分たちの今までの常識をそれぞれ考え直すような、

そんな意識を持てる世の中が出来ればもっとより良い社会になるのかな、なんて思いました。

 

 

せっかくこの世界中の情報が瞬時にわかる便利な時代に、

いつまでも意識だけ鎖国状態でいるのはもったいないですから。

自分たちの良い面と悪い面を客観的に見れるようになりたいものです。

 

他の海外関連の記事もあわせてどうぞ。

→ 「まだ日本で消耗してるの?」海外移住に興味のある人はさっさと海外に出た方がいい

  明日からスグ使える!学校では教えないかっこいい英語のスラング18選

  旅行じゃ分からないNYの裏の顔!大好きな街ニューヨークの大嫌いな7つのこと。

  海外在住者には分かるハズ!日本帰国時に感じる一時帰国あるある20選



情緒ある美しいHIPHOP!錦織圭も絶賛のNujabesから、坊主が勧めるベスト12選!

情緒ある美しいHIPHOP!錦織圭も絶賛のNujabesから、坊主が勧めるベスト12選!

手取り早く嫌われたかったら相手を「論破」してみればいい

手取り早く嫌われたかったら相手を「論破」してみればいい