2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

実体験から語る、副業の心得と5つのメリット!

実体験から語る、副業の心得と5つのメリット!

実体験から語る、副業の心得と5つのメリット!

 

 

 

私が、現在の仕事について早3、4年が経ちますが

現在進行形で他の仕事もチョコチョコやっています。

昔と比べて量は少なくなりましたが。

 

私がアメリカに滞在できるようになったキッカケである

ストリートスナップのフォトグラファー、

雑誌やウェブサイトのライター、

展示会での通訳、

そして、このブログも仕事のひとつとして捉えています。

 

私の周りだけかもしれませんが、ニューヨークには

いわゆる副業と呼ばれる2つ目の仕事、

もしくは3つ目、4つ目の仕事まで同時進行している人が少なくないように感じます。

 

副業があまり歓迎されていない、日本の会社では中々難しいでしょうが、

こちらは、そうでもありません。

仕事が終わったら何をしようが自由です。

文句を言われる筋合いもありません。

 

逆に何か別のことをやっていた方が、本業の職場でも話のネタになり

結果的に副業の方の仕事に繋がったりします。

 

私の友人は有名な洋服屋でマネージャーをしながら

彼の弟とHIPHOPのユニットを結成し、音楽活動をしながら、

映像を撮って、絵も描いています。

最終的な目標は、誰の力も借りずに

全部自分でディレクションをしたピュアな作品を一つ作ること、と言っておりました。

 

本業一本では食っていけないという理由で副業をしている人達も勿論いると思いますが

個人的に、この片手間でやっている副業が中々精神的にも良いと思っているので

私なりの副業の心得と、勧める理由をまとめてみました。

1、毎日の繰り返し作業にバイバイ

2、正反対のことをして取る人生のバランス

3、副業で知り合える人達の幅の広さ

4、選択肢、というか逃げ道

5、可能性が無限大

 

半分趣味くらいの気持ちでストレスフリー

私なりの心得ですが、本業のようにガチガチの仕事を副業にしたら、肉体的にも精神的にも疲労してしまうので、自分が楽しめること、興味があることを副業にすることをお勧めします。

私としてはスナップで知り合いが増えるのも楽しいですし、

単純に記事を書くことが好きなので、あまり副業が過度のストレスになることは少ないです。

 

1、毎日の繰り返し作業にバイバイ

職場と家を往復する毎日というのは中々精神にこたえてくるものがあります。

本業一本でやってる人は、かなりストレスがたまるんじゃないでしょうか?

 

先日、繊細で有名な私の同僚が職場で急に泣き出して、

その日は仕事ができなくなってしまいました。

 

数年続けている職場での仕事が終わって、

長年付き合ったパートナーのいる家に帰るという無限ループが原因のひとつでした。

以前から職場のことや、パートナーについても文句タラタラでしたしね。

 

「毎日毎日同じことの繰リ返シデ、生キテイル気ガシナインダヨーー!」

というテリーとドリーの様な叫びが聞こえてきそうです。

「笑う犬の冒険」という番組を皆さん覚えていますか?

ともあれ、副業をやっていると、仕事が終わった瞬間に別の仕事のことに頭のスイッチが切り替わりますし、

ミーティングや片付けないといけない作業があるので

生活が単調にならないというか、飽きがこないという利点があります。

 

 

2、正反対のことをして取る人生のバランス

私の本業は、服を売ること、お店のマネージメントをすることですが、

副業は、スナップをしに外に出歩く

クライアントの通訳をする

家やカフェで記事を書くなど

 

本業では使用しない思考回路、脳の部分、筋肉を使って副業をこなしていきます。

感覚的なハナシですが、右脳左脳、両手両足くまなく使っている感じは悪くない気分です。

180度違うことをして、人生のバランスをとっている感じですね。

 

3、副業で知り合える人達の幅の広さ

ひとつの仕事で知り合える人は限られていますし、

仕事仲間、もしくは仕事相手の範疇を超えるのは難しいです。

 

副業は半分趣味なので、もう少し砕けた関係が築けることが多いですし

2、3個違ったことをしていると更に、人脈が倍々ゲームのように広がっていき

そして次第にクモの巣のように個々が繋がっていきます。

 

私が本業で会う人、スナップで会う人、このブログを書くことで会える人は全然違います。

 

変な例えですが、どうせなら様々な野菜の種を畑にまいて、

育てて、色々な野菜を収穫したいじゃないですか

 

4、選択肢、というか逃げ道

半分趣味といっても、副業なので、これが本業になる可能性も大いにあるわけです。

逆を言えば、いつ本業を失っても別の道がもう半分近く出来ているので

サッサと進路変更ができるということがあります。

極論を言えば、クビになっても何とかなるから、いつでもクビにしやがれ!

という変な自信がつきますね。

 

 

5、可能性が無限大

本業を長くやっていると、将来大体こんなもんだろうという未来が見えます。

それが、時たま悲観的予測となる時がありますが

この副業ってやつは、考えが柔軟なせいか、フットワークが軽いせいか

中々楽観的な考えが頭に思い浮かびます。それのおかげで

「人生って悪くない!」

と思う単純な思考回路の私だからかもしれませんが

自分の可能性が広がっていく感覚は、本業一本では中々味わえないものです。

 

といっても、趣味や休暇の取り方で本業一本で縦横無尽に人生を楽しんでいる方達も

沢山おられるので一概には言えませんが、

私はこのご時世、副業を2、3個もつことは大いに結構なことだと思います。

 

興味のあること、好きなことがある方は、もしかしたら、それが将来の仕事につながるかもしれませんので、

思い切ってやってみては如何でしょう?理由なんて後から作ればいいんです。

相方も以前の記事で「行動するのに理由は必要か?同意出来過ぎるはあちゅうさんの記事について

という記事を書いておりました。良かったらご覧ください。




総合力を上げる個人プレーと得意分野を活かすチームプレー

総合力を上げる個人プレーと得意分野を活かすチームプレー

ブログ運営半年を経て、今後の展望と新企画Memoページについて

ブログ運営半年を経て、今後の展望と新企画Memoページについて