2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

[Q&A] お洒落な人観察スポットとオススメの休日の過ごし方。

[Q&A] お洒落な人観察スポットとオススメの休日の過ごし方。

ロン毛と坊主とニューヨーク

「初めまして。FITに通うため大学を1年休学してNYに来ました。◯◯◯◯(22)です。

約2週間前にNYに到着して、まだまだ右も左も分からないような状態ですが、NY生活楽しんでいます。

私は全くスナップなどはしませんが、お洒落なひとを見るのは大好きです。まだ休日は何をしたらいいのか分からないので、とりあえず街に出るようにしてるのですが、どこかお洒落な人ウォッチをするのに良い場所があればぜひ教えてください。

あと、もしオススメの休日の過ごし方があれば合わせてそちらも…。笑

これからもブログ楽しみにしています。」

 

 

今週のQ&Aはお洒落な人を観察する場所とオススメの休日の過ごし方について。

 

まずお洒落な人を観察する場所とのことですが

正直なところどこにいけばお洒落な人に会えるのか、私も知りたいくらいです。

そういったスポットがあればスナップの撮影も捗ること間違いなしであります。

 

 

ニューヨーク(またはアメリカ)に来たことがある人は分かるかと思いますが

基本的にアメリカ人は日本人のみなさんが思っているように全員がお洒落というわけではありません。

 

これはアメリカ人をディスっているわけではありません。

単純にファッションに興味のある人と興味のない人が極端であり

ファッションが好きな人が極々少数派であるという事実から

基本的にお洒落な人を見る機会が少ない、ということであります。

 

 

そうは言ってもファッション雑誌やウェブでのストリートスナップの写真を見ればNYのお洒落な人がズラッと並んでいるので、

それを見た読者の方々は「アメリカ人はみんなお洒落で可愛い!羨ましい!」と勘違いをしてしまうのも頷けます。

 

ストリートスナップを専門に撮り続けて早5年ほどになりますが

一日外にいてスナップで撮影できる人数というのは0〜1,2人で、

一日に3人撮れた日には大収穫というような具合であります。

もちろんスナップを長年続けていることから私の目が肥えてきているというのはありますが、

上に書いたような理由から単純にお洒落な人が少ないのです。

坊主も以前のQ&A記事「ストリートスナップにおける坊主の被写体の選び方とNYスナップ裏話」にてこれと同じようなことについて言及していますが、

つまるところ雑誌のスナップというのは毎日1000人以上の行き交う人々を見ながら

一日に撮れる人数が1人、または0人という中で厳選に厳選を重ねて選んでいる被写体が掲載されている結果

お洒落な人が並んでいるのであります。

 

 

少々話が逸れましたが、

日々お洒落な人々を探している私たちストリートスナップフォトグラファーがこぞって集うエリアはあります。

SoHoというショッピングエリアです。

日本で言うところの原宿や渋谷に当たるような、NYのファッションエリア=SoHoと誰もがいうようなエリアです。

たくさんのブランドの旗本店やセレクトショップ、カフェなどが立ち並ぶソーホーは

たくさんのお洒落な人がショッピングにくるイメージがありますが、

同時に観光客も多く、その多くはファッションに興味のある人々であることは少なく

毎日SoHoでスナップをしていても上で書いていた程度の人数しか撮影できません。

 

 

とはいえ他のお洒落なエリア、

例えばChelsea、Meat Packing、West Village、Williamsburgなどは

単純にSoHoと比べて人の数自体が少ないです、平日なんかは特に。

そうなると確率的にお洒落な人に会える可能性が高いという理由で

フォトグラファーが集まってくるのです。

 

結論としてお洒落な人ウォッチングに最適な場所というのは

ありきたりな回答になってしまいますがSoHoということになるかと思います。

 

 

 

オススメの休日の過ごし方ですが

ニューヨークに来てまだ数週間程度で今後FITに行くということを踏まえて回答させていただくと、

 

年齢が22歳でNYに来たばかり、

自分の新天地で吸収できることがたくさんあるはずです。

 

 

美しいモノから美しくないモノまで、

好きなモノから嫌いなモノまで、

高価なモノから安価なモノまで。

とにかく多くのモノを見て触れるのがいいと思います。

 

ファッションで言えばH&Mもサンローランもグレッグローレンも好き嫌い関係なく見てみる、袖を通してみる。

そういったことを通して、

自分の中でどういったことが違うのか、なにがどう素晴らしいのか、自分はどういったモノが好きなのかと考え、

モノの価値を知ることや自分の考えを持つというのは今後に役立つかと思います。

 

 

モノを見るのと並行してヒトと会うことも大切なことだと思います。

普段からファッション関係の人と過ごすことが多くなればなるほど、

ファッション関係以外の人と会って話をするのも面白いかもしれません。

私も自分がファッションに身を置いているためファッション業界の人ばかりと関わることが多いのですが、

たまに他の全然違った業種の人と話をしたりするのは新鮮で面白いです。

 

なので休日はできるだけモノを見る、ヒトと会う、というのが質問者さんのオススメの過ごし方だと思います。

 

 

 同じNYのファッション業界で、いつかお会い出来る日を楽しみにしております。

 

ーーーーーーーーーー


もし何かロン毛と坊主に質問がある方や

記事にしてほしいことなどありましたら

どこかのブログ記事にコメントを残していただいたり、

TwitterFacebookなどのSNS、またはメールにてご連絡いただけましたら

内容によってはできる限り記事として書かせていただこうと思います。

(ロン毛と坊主の完全主観の個人的見解での回答になることをご了承いただける方は)

いつでもお気軽にご連絡ください。

ロン毛坊主共々、質問をもらえることを大変嬉しく思っています。



[Q&A] お洒落な人観察スポットとオススメの休日の過ごし方。坊主編

[Q&A] お洒落な人観察スポットとオススメの休日の過ごし方。坊主編

[断捨離]買ったもの:筋トレグッズ

[断捨離]買ったもの:筋トレグッズ