2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

坊主が上手に水を飲む!自宅で簡単にできるデトックスーウォーター!

坊主が上手に水を飲む!自宅で簡単にできるデトックスーウォーター!

 

 

 

ロン毛が以前、のことについて言及していましたが

私は、つい最近まで水道水をガブガブと飲んでいました。

「不味い」とは思っていたのですが

人間は惰性で生きているもので

なんとなく飲んでいました。


ある日、熊殺しの男とトレーニングをしていた日に

水をコンビニで買う際に、彼が気をつけていたもの

それは「PH値」

簡単に言えば、PH=7で中性

7以下で酸性、7以上でアルカリ性です。

PH値は熱帯魚好きな私やロン毛にとって

水作りの際の基本知識であるので

頭には入っているのですが、

体に良いPH値までは知りませんでした。


ミスター熊殺しが選んでいたのはPH値9.5というアルカリ水

調べてみると、

私たちの普段のカラダの中はアルカリ性なのですが、

食生活やストレスでカラダのバランスが崩れてくると

酸性に傾いていくそうです。

結果、カラダが再びアルカリ性に戻ろうとして

骨などに備蓄してあるカルシウムやミネラルを消費し

骨粗鬆症の原因のひとつにもなるようです。

「カラダに起こる様々な病気はアルカリ性のカラダでは発症しない」

とまぁ、こちらは少し極端ですが。

アルカリ水は老廃物も排出してくれるそうです。


単純で極端な私ですので、飲んでいる水を全てアルカリ性にしてみようと

思いたちました。

しかし、水道水をアルカリ性にする浄水器はかなり高額。(イイやつで10万円オーバーです)

手を伸ばすのが中々億劫です。


そこでミスター熊殺しが実践している方法を真似することに

それは、蒸留水(1ガロンで2ドルくらいの一般的なお水)

にキュウリ半分とレモン一個を輪切りにして一日置くこと。

これでお手軽にアルカリ性ウォーターの完成です。


巷ではこのレシピはデトックスウォーターとして広まっているようですね。

手頃な普通の蒸留水がPH値7くらいで、水道水は水道管を流れているうちにPH値7以下になるようです。

レモンとキュウリをいれることによって

アルカリ性に変化させると同時にビタミンCとカリウムも補給できます。


しかし、ひとつ問題が

それはレモンとキュウリについている農薬

オーガニックのものなんて高くて買ってられません。


そこは流石ミスター熊殺し。答えを用意しておりました。

「坊主よ。レモンとキュウリを酢に15分浸せ。その後に真水でよく洗え。

それで表面についた農薬の90%以上は落ちる。あまり漬けすぎるな。ピクルスになるぞ。」

大きなビンに酢をなみなみといれて、レモンとキュウリをまとめてドボン

酢は長期間腐ることはないので、何回も繰り返し使えるので便利です。

ちなみにヘタの部分は切り取っています。念のため。


最近はこの少し酸っぱいアルカリ水で

白湯やコーヒーを作り、トレーニング中の水分補給をしています。


習慣になってしまえば、どうってことないのでご興味がある人は是非お試しください。

P.S アメリカでもアルカリ水の効能についてはまだリスクを唱える説も沢山あるので、ほどほどにお楽しみください。


演技し続けるとホンモノになれるかもしれない話

演技し続けるとホンモノになれるかもしれない話

本の必要性とインターネット

本の必要性とインターネット