2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

[Q&A] ロン毛とホームレスとニューヨーク

[Q&A] ロン毛とホームレスとニューヨーク

ロン毛と坊主とにゅーヨーク 留学 アパート

「いつもブログを楽しく読んでいます!ひとつリクエストがありますので、
もしリクエスト関わるエピソードをお持ちでしたら、それにまつわるブログを書いて欲しいです。『アメリカのホームレス』について、です。私は旦那と毎日晩ご飯を食べているのですが、最近旦那の仕事が忙しく、遅い帰りを待つ日が多いのですが、最近ふと駅に座っていたホームレスを見つけ、ご飯に誘おうかと立ち止まり、本気で悩む所までいきました。(やはり誘えなかったのですが…) というのも、以前このブログで素敵なホームレスの話を知ったことがきっかけなのではと思います。。

そういえばNYに1ヶ月滞在した時に、アメリカのホームレスや物乞いをする人は、日本人のホームレスとは違っていたなと思います。(指が2本切断されていて本当に物乞いが必要そうな人や、綺麗なティンバーを履きながら物乞いする人など)日本とアメリカではホームレスや物乞いに至る理由も全く違うような気もするのですが…

もしホームレスにまつわる前回のような素敵な話や、はたまたやはり気をつけた方が良い、アメリカのホームレスはこんなだ!などありましたら書いて下さい!」

 

 

今週のQ&Aはなかなか書くのは難しい内容であります。

特にホームレスにまつわる素敵な話というのを私はあまり知らないので、

今回は質問内容から少し脱線してしまうかもしれませんが

私の知っている限りの知識とそれについての考察を書かせていただこうと思います。

 



まず、NYには本当にいたるところにホームレスがいます。

街の中、公園、駅のホームや電車の中。

坊主が昨日書いていた記事にある数字(NYでは143人に1人がホームレス)が本当だとすると

いたるところで彼らを目にするのも納得ではあります。



さて、NYに旅行で来たことがある人、あるいは在住者は見かけたことがあるかと思いますが

地下鉄に乗っているとよく物乞いをしているホームレスに出会います。

老若男女、たくさんのホームレス(と名乗る人)がいて、

ホームレスになった経緯や現在の生活の様子などを電車の乗客に訴えかけて

物乞いをしています。


それこそ質問者さんの質問にあるように

身体的に不自由で見るからに助けが必要そうな人、

ホームレスという割には身なりが綺麗な若者などなど様々です。



そんな中で私にはホームレスの物乞いに対するルールがあって

身体的に不自由で本人の意志に関わらず働くことが困難であろう人には手持ちの$1やコインをあげるようにしています。


中には下半身がなく、腕で電車を這いながら物乞いをするホームレスもいます。

明らかに体のどこかが悪く、歩くことがままならない人もいます。

私はそういう人はホームレスであってもなくても人の助けが必要だと考え、

私の出来る最低限のことをする、というのがマイルールです。



ただ、坊主も書いていましたが、

中にはホームレスになりすましお金を稼ぐことを目的に物乞いをしている人もいるようで、

下のYouTubeにある女性は高級ショップが立ち並ぶ5th Aveで物乞いをして

人が多く行き交う日には1時間に$50ほど(日本円にして6000円程度)を稼いでいるようです。

 

 

 

もう一つ、

ニューヨークでホームレスになるトップの理由は

ドラッグ中毒が原因ということを聞いたことがあります。

確かに見るからにドラッグが原因の痩せ方をしている人や、

言動がおかしい人も多いです。

 

私の心が狭いのかもしれませんが

明らかにドラッグ漬けであろう人が物乞いをしているのを見ると、

「そもそも私たちのようにアメリカ国民ではない移民が

どれだけ大変な思いをして歯を食いしばりながらこの街で生きているか知っているのか!

アメリカ人だったら物乞いなんてせずに仕事しろ!」なんて思ってしまう自分がいます。

そんなこと思ってしまうのは

心の狭さと金銭的な余裕がない自分の情けない部分でもあるのかもしれませんが、

そういった経緯で私の場合はホームレスに対するマイルールを設けるに至りました。

 

 

あと、日々同じ電車を使っていると、

同じホームレスに出会うこともよくあります。

一人何度か遭遇したことのある若い自称ホームレスがいるのですが、

「今日は俺の誕生日なのに帰る家がない。ホテルに泊まるのにもう少し金が必要で、誕生日くらいホテルで寝てみたい。ヘルプしてください。」と会うたびに同じことを言っていました。

 

 

 

上記のような現実から

ホームレスにはお金ではなく食べ物や衣服などのものをあげるのがいいという人も多くいます。

 

とはいえそういった悪知恵で物乞いをする人が多少いようとも、

実際にホームレスで金銭的に困っている人が多数いるのも事実なので

その辺りはご自身で何かルールを決めて出来る範囲でヘルプしたらいいのかな、と思います。

私の知り合いには「ホームレスマネー」として

カバンのポケットに常に$1札を3枚程入れていて、

助けが必要な人を見たときに手元に$1がいつでもあるようにしている人もいました。

 

 

 

日本とこちらでホームレス至る違いですが

確かなデータなどではなく私のイメージだと、

こちらはドラッグ関係でホームレスになるというのがトップな理由の中、

こちらと比べて日本でドラッグ漬けの人は多くないと思うので

ホームレスになる原因の多くは失業などだと思います。

それってちょっと考えてみると日本の社会状況は違った意味で恐ろしいな、と思いますが。。。

 

 

質問内容から脱線している部分が多いことについてはご了承いただけると幸いです。

 

 

ーーーーーーーーーー


もし何かロン毛と坊主に質問がある方や

記事にしてほしいことなどありましたら

どこかのブログ記事にコメントを残していただいたり、

TwitterFacebookなどのSNS、またはメールにてご連絡いただけましたら

内容によってはできる限り記事として書かせていただこうと思います。

(ロン毛と坊主の完全主観の個人的見解での回答になることをご了承いただける方は)

いつでもお気軽にご連絡ください。

ロン毛坊主共々、質問をもらえることを大変嬉しく思っています。


人は誰かの為には変わらないので受け止めるだけ無駄かもしれない説

人は誰かの為には変わらないので受け止めるだけ無駄かもしれない説

[Q&A]ホームレスと坊主とニューヨーク

[Q&A]ホームレスと坊主とニューヨーク