2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

アウトプットとインプット

アウトプットとインプット

ロン毛と坊主とニューヨーク

このブログ、

「ロン毛と坊主とニューヨーク」を始めて以来、

変わったことがあります。

 

 

それは定期的にアウトプットすることが習慣になってきたことです。

このブログはロン毛と坊主が基本的には交互に記事の更新を行っているため

二日に一度程度は自分の考えを書き起こす、

つまりはアウトプットをしていることになります。

 

アウトプットをすることで

有益なものから無駄なものまで、

インプットした情報で溢れかえった頭の中を整理できるのはもちろんですが、

アウトプットをする際に同時にインプットをすることで

更に自分の考えを深めることもできます。

 

通常はアウトプットをするためにインプットをするという考え

インプット→アウトプット

になると思うのですが、

逆の流れとしてインプットをするためにアウトプットをする

アウトプット→インプット

という方法もあるのではないかと。



例えば、

なにか自分の興味のある分野のことをアウトプットするとして、

自分のわからないことがあった場合に

アウトプットをするために関連情報を調べる=インプットする、

そうすると更に自分の知らなかったことを知るきっかけになります。


アウトプットするという枠組だけ決めておいて、それを後からインプットしたもので埋めていくというような感覚で、

言ってみればテーマを決めておいてそれについて調べるということにも似ているかもしれません。



インプットをしないとアウトプットはできませんが、

アウトプットから始まるインプットもとても有益なものでではないか

と、最近は思っています。





これ(アウトプット)に慣れると

習慣的に自分の考えがまとめられるようになり、

習慣的に情報をインプットするようになり、

更にいうとそれが長く続けば続くほど習慣から日常の一部になり

意識せずともそれが出来るようになれる気がしています。




最近読んだ記事では(どこの記事だか忘れてしまったのですが、、、)

一つのことをアウトプットするには

十個程度のインプットが必要だ。

という内容で、


なるほど、確かに。

すごく納得でありました。





このブログは始めてまだ3ヶ月程度でありますが、

出来るだけ長く更新し続け、

仮にいつかブログを辞めることになろうとも

アウトプットは日常的にしていくようにしようと思った次第であり、

それに気付くことができただけでもこのブログを始めてみた価値があったかなと思いました。

[断捨離]離れていったもの:本と読書

[断捨離]離れていったもの:本と読書

[お知らせ] NYPGにインタビューしていただきました。

[お知らせ] NYPGにインタビューしていただきました。