2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

[斜め上の考え] 苦労の探し方

[斜め上の考え] 苦労の探し方

ロン毛と坊主とニューヨーク [斜め上の考え] 苦労の探し方

 

 

 

以前、運の流れについて書きましたが、その続編のようなものです。

色川武大 aka 阿佐田哲也の「うらおもて人生録」新潮文庫

から生き方について多大な影響をうけている私ですが

 

概要をおおまかに表現すると、

人生プラスマイナスゼロなので、

良いことがあったら、自分で無理やりでも苦労してバランスをとる

そうじゃなきゃ、予期せぬ悪いことが起きますよ

豆腐の角に頭をぶつけて死んじゃうかもね

ということです。

 

最近仕事も順調で、これは大変結構なことなのですが、

「ちょっとツキすぎてるな。」

と、内心はハラハラドキドキしています。

「どうやって折り合いをつけようか?」

と悶々と考えたりもします。

経験や実力からその状況を上手く立ち回れたらまだマシなのですが

自分が失敗をして、運良く何とかなったら余計心配になります。

 

こんな時に何もせず放っておくと

勝手に、酒に溺れて所持品をなくしたり、誰かにボコボコにされるので

一発でプラスマイナスゼロになるのですが、

この方法は、他のヒトにも迷惑がかかるので

避けたいものです。

 

なので私が実践していることのひとつは、

できるだけ日常生活で意図的に苦労すること

お店の売り上げがよかった日や、

運良くトラブルが回避できた日などは

どんなに疲れていても、電車では座らず

目的地まで仁王立ちです。(正直座ってトロトロと眠りたいです)

床で寝ることもそうですし、仕事中に他のヒトがしたくないことを

率先してやるのもそのひとつです。

体を壊さない程度の小さな苦労を積み重ねて

なんとかバランスをとろうとしています。

 

もうひとつは、他人のために時間を使うこと

「情けはヒトのためにならず」と言いますが、

自分の時間を惜しげもなく誰かに使うことで

なんとか生きていることが許されている感じがします。

この方法は、苦労どころか

お互い楽しいのでオススメです。

 

 

この考え方に人生を寄せると

「何で私がこんなことを…」

「何でこんな不運なことが私に…」

と思うようなことがあると

前者は、今苦労できてよかったと思えますし

後者は、おそらく今までがツキすぎていた、これでご清算でゼロに戻った

と考えるようになります。

結果、私のような単純な人間は

ストレスが限りなくゼロになるので

もしよければ、身の回りの苦労を探してみて下さい。

 

いつか良いコトがあるかもしれませんし、

悪いコトもそうそうおきなくなるかもしれません。

 

他にも、色川武大さんのことについてげんきゅ 

短所の育てかた

[雑記]明日あの娘とキスする為に、今日は雨に濡れて風邪を引く






[お知らせ] NYPGにインタビューしていただきました。

[お知らせ] NYPGにインタビューしていただきました。

[Q&A] 坊主の好きなブランド、注目しているブランド

[Q&A] 坊主の好きなブランド、注目しているブランド