2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

頑張り屋と怠け者

頑張り屋と怠け者

頑張り屋と怠け者

 

 

 

どこかで読んだ仏教の本のハナシです。

 

仏陀の弟子が、悟りを開こうと完全断食、24時間座禅を繰り返し

今にも土に還りそうなくらいストイックに修行をしていました。

しかし一向に悟りが開けないので、ますます彼は焦り、さらに無理を繰り返しおりました。

その様子をみて仏陀が

「◯◯よ、もし君が琴を美しく演奏したいと思う時、

弦がキリキリと固く締められていたら良い音がでるだろうか?

かといって弦がユルユルでも良い音は出るはずもない。

自分にキツすぎず、そして怠けすぎず程々にリラックスして修行を行いなさい。」

その言葉のあとに、弟子は考えを改め後に悟りを開いた、ということです。

 

現代もご多分にもれず、

断食が度を越して栄養失調になったり

筋トレしすぎでオーバーワークになったり

断捨離しすぎて、部屋のなかが空っぽになったり

目標を達成するために無理をして、逆に体調を崩してしまう人もチラホラ見受けられますね。

真面目な人ほどこのパターンに陥ってしまうことが多いです。

 

そこで気をつけたいのは

努力することは中毒性があるということ

自分を追い込んで「あぁ、私頑張ってる、ギリギリで踏ん張ってる。もう少しで達成できる」

という思考パターンが一つの例です。

 

私もニューヨークに来た当初は、スタイリストの元で週7日無給で働いて+大学に通っていました。

未だに放置しているmixiの過去の日記には

「週7日でバリバリ働いてます!最高です!」 なんて書いてましたね。無給なのに。

 

結局体調と精神状態がオカシクなって 

大学の心理カウンセラーからドクターストップがかかって、

そのインターンは終了しました。その時に「助かった…」と感じたのを覚えています。 

 

若い時は体もピカピカなので無理がきくのですが、

年齢と共にそうもいかなくなってきますね。

 

人間、何かしらきっかけがあって

ある目標を設定して、それを達成するために努力しますが、

 その先にはもっと大きな目標があると思います。

 

仏陀の弟子も悟りを開いてから、その先を見たかったと思います。 

 悟りが最終ゴールと思いきや、達成したらまた新たな目標ができます。

人の欲望は生きている限り、ノンストップです。

 

 懸垂20回を達成したいのは、次に片手懸垂がしたいわけで

この人と付き合いたいと思うのは、その先にこの人と長く過ごしたいわけで

今スナック菓子を我慢するのは、50歳になっても体は20歳でいたいわけで 

 

なんだか答えのでない問答のようになりますが、

過程はどうあれ、新たなスタートラインに立つだけ、だと思うので

程よく努力して時には休んで、うまい具合にバランスをとった方が良いのでは?と私は考えています。

無理して体を壊して、半年休むことになったら正に時間の無駄ですし、

取り返しのつかないことになったら笑えません。

 

自分や相手の幸せがゴールならば、その達成する過程で不幸になってもしようがありません。

 

何をしても、終わりはない

欲望には終わりがないが、人生には終わりがある。

よくも悪くもスタート地点に戻る

ならば、水のようにリラックスして世の中を流れていきたいなんて思っています。  

 

今日終わらせたい課題は、明日起きたらまだ机の上にあります。

増えていることもなく、減っていることもありません。

ただ今寝れば、明日は今日より回復した身体と精神があります。

それは課題を今日終わらせることより、大事なことだと私は思います。


インスタグラムの便利な使い方!ハッシュタグ検索で報収集する方法

インスタグラムの便利な使い方!ハッシュタグ検索で報収集する方法

[お知らせ] ブログの公式LINE@アカウントができました!

[お知らせ] ブログの公式LINE@アカウントができました!