2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

[Q&A] ロン毛がニューヨークにいる理由

[Q&A] ロン毛がニューヨークにいる理由

ロン毛と坊主とニューヨーク

「なぜおふたりはNYなんですか?来たきっかけは何にしろ、今もずっとNYにいる理由、NYが好きな理由書いてほしいです。」

 

坊主が昨日の記事で書いていたように

前回の読者の方の質問内容に私たちがそれぞれ答える記事に

予想外に反響があり同時にいくつか新しい質問もいただきましたので

これから毎週日曜日、月曜日はQ&Aの記事を投稿していきたいと思います。

お楽しみいただけたら幸いです。

 

 

さて、今回の質問、なぜNYなのか、についてです。

来たきっかけは以前の記事で書かせていただいたので

今回は現在もニューヨークにいる理由を書かせていただこうと思います。

 

 

これに関しては私も

坊主の回答と同じような考えを持っていて

日本に帰る、または他の国に拠点を移す理由がない

という理由が大きいです。

 

坊主も触れていますが

逆に言えば

帰る理由さえあれば日本でも他の国や地域でも構わないとも思っています。

 

 

 

もしかしたら質問してくださった方は

「NYは刺激的で楽しくて大好きな街だから〜」というような回答を期待して

質問してくださったのかもしれません。

 

私も坊主も現在NYに7年ほど住んでいるのですが

おそらくある程度長く住んでみると、

好きだから住んでいるというよりは

流れのままに住み続けているという人が多くなってくるんじゃないかと思います。

 

もちろん長年住んでいる人でもこの街が好きだからずっと住んでいる!

という人もいるかと思いますし

私も過去にはNYが好きだからこっちにずっと住みたい!

と思っていた時期もありましたが、

今はそういった感情でここに留まっているということではなくなってきたと思います。

 

同じ場面を日本での生活に置き換えて想像してもらったらわかりやすいかもしれませんが、

東京で7年ほど住み、そこで何年か働いていたとすれば、

それなりの理由がない限りそのまま東京で働き続けるのではないでしょうか。

ニューヨークにいるといっても案外そんなものなのかもしれません。

 

 

結局ニューヨークにいても世界のどこにいても外的要因は変えられず

それを受けとる側である自分次第で感じ方はそれぞれなので

「この街はエネルギーに満ち溢れていて刺激的である」と多くの人が言う反面、

受け取り方によっては

「毎日うるさくて人間関係が大変で疲れてしまう」

というように思っている人もいるかもしれません。

 

 

それと同じで自分の動き方や考え方次第で

どこにいても(NYとは違う種類だとしても)楽しさを見つけることができる気がしています。

 

 

なので何かしら私に変化、またはビッグオファーがあった際には

ニューヨークをサラッと引き上げて日本または他の国に行くことになるかもしれません。

 

なかなか実際には難しいことなのかもしれませんが

周りの環境に流されずフットワークを軽めに

どこでも生きていけるのがベストかなぁと思っています。

 

ーーーーーーーーーー


もし何かロン毛と坊主に質問がある方や

記事にしてほしいことなどありましたら

どこかのブログ記事にコメントを残していただいたり、

TwitterFacebookなどのSNS、またはメールにてご連絡いただけましたら

内容によってはできる限り記事として書かせていただこうと思います。

(ロン毛と坊主の完全主観の個人的見解での回答になることをご了承いただける方は)

いつでもお気軽にご連絡ください。

ロン毛坊主共々、質問をもらえることを大変嬉しく思っています。



関連ポスト

[Q&A] 坊主がニューヨークにいる理由

[Q&A] ファッション業界の今後と生存方法 : 坊主視点

[Q&A] ファッション業界の今後と生存方法 : ロン毛視点

あなたはドッチ?わかる人にはわかる太陽の女と月の女

あなたはドッチ?わかる人にはわかる太陽の女と月の女

[Q&A] 坊主がニューヨークにいる理由

[Q&A] 坊主がニューヨークにいる理由