2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

[断捨離]離れていったもの:自分の誕生日

[断捨離]離れていったもの:自分の誕生日

ロン毛と坊主とニューヨーク [断捨離]離れていったもの:自分の誕生日

 

 

 

誰でも一年に一回はある誕生日ですが

私はあまり自分の誕生日を人に知られたくなく

フェイスブックでも自分の誕生日は隠して

万が一でも見られないように

設定できる最高齢

1905年1月1日(現在110歳)に

変更しました。

 

誰かに誕生日を聞かれても

「秋」

「◯月」

「セミが鳴くのをやめて、木の葉の色が変わるとき」

などと

相手がリアクションに困る返答をして

誤魔化しています。

 

というのも煩悩の塊の私ですので

誰かの誕生日プレゼントを選ぶときに

自分の誕生日にはお返しに何が貰えるかなー?

というノイズが頭をよぎったりします。

相手のことを考えているはずなのに

自分がそこにでてきては

本末転倒です。

 

自身の誕生日のときに

考えていたものが貰えなかったときに

少しストレスを感じるかもしれません

せっかくの祝いの席なのに。

 

なので根本からバッサリ捨てました。

 

自分の誕生日をそもそも知られていなければ、

そのノイズが発生することもなく

相手のことを想って感謝の気持ちと共に

贈り物を考えることができます。

 

この記事を読んだ方の多くは

「お前はそもそも何様だ!このドアホ!」

と感じると思いますが、私も同感です。

ロン毛のような強く広いハートがあれば

と度々思います。

 

私のような

自分のことばっかり考える人は

自分という存在を相手に対して

できるだけ薄くするようにすると

気分が少し良くなるかもしれません。

 

自分の勝手な妄想を暴走させて

相手に変な期待をするな

ということでもありますね。

 

坊主のカラダの変化の途中報告

坊主のカラダの変化の途中報告

本質的な幸福を求めて。ロン毛が目指す質素で贅沢な生活

本質的な幸福を求めて。ロン毛が目指す質素で贅沢な生活