2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

本質的な幸福を求めて。ロン毛が目指す質素で贅沢な生活

本質的な幸福を求めて。ロン毛が目指す質素で贅沢な生活

ロン毛と坊主とニューヨーク Libratone Diva

坊主は以前から断捨離、断捨離、と

物理的にも精神的にも自身の周りをシンプルにしていく生活をしています。

 

かくいう私は

坊主がどれだけ断捨離推しであろうが

相変わらずマイペースに割とモノに囲まれた生活をしています。

 

 

私には坊主のように徹底して断捨離し、

シンプルな生活をしている人はとても魅力的に写るのですが

いざ自分がその生活をできるかというと

どうもそこまで徹底した生活は私には今の所出来なさそうなのであります。

 

とはいえ昔と比べると持っている服の数も減り、

周りのモノもなるべく不必要なものは処分したつもりです。

引っ越しもあったので、その際にはなかなかの量のものを処分しました。

 

 

断捨離、シンプルライフを目指しているわけではないのですが

ここ数年で自分の買い物の仕方も変わり、

「質素に贅沢をする」

をコンセプトとしてモノを買うようになりました。

 

 

ここでいう質素に贅沢とは

無駄なモノを購入せず、好きなモノまたは必要なモノにはお金をかける

というような、

まぁ、あえてここで定義するほどでもない何の変哲も無い普通のことです。

 

 

 

そんな私が最近買ったのがスピーカーであります。

Libratoneというデンマークのオーディオ機器メーカーの、

Libratone Divaというスピーカーを買いました。

 

私が欲しかったスピーカーの条件の第一が

「Bluetooth、Wi-Fi接続可能でiPhoneやMacbookから無線で音楽を再生できるもの」だったのですが

スマホで音楽を聴くのが当たり前の今の時代、

その条件を満たすスピーカーはピンからキリまで数え切れ無いほどありました。

 

 

モノを買うときの条件には

・絶対必要条件 (その対象に求める絶対必要な条件)

・希望条件 (その対象に絶対必要ではないが、あったら嬉しい条件)

のような2種類(上の二つは今勝手に名付けたのですが)があると思います。

 

おそらくひと昔の私は

絶対必要条件が揃っている中で安すぎもせず高すぎもしないモノで

保険的な意味で名前の知れている有名メーカーのスピーカーを買っていたと思います。

 

ただ、質素に贅沢な買い物をしたかった私は

今回は希望条件も満たすモノを購入しました。

 

 

このスピーカーにおける絶対必要条件は無線接続機能、

そして絶対必要なわけではないけどあったら嬉しい希望条件は「見た目のかっこよさ」でした。

 

その条件を満たし、

尚且つ第二、第三の希望条件である「誰もが知っているメーカー以外のスピーカーで音にも拘りを感じるモノ」

というハードル高めな条件を自分の中で越えてきたのが今回のLibratone Divaでした。

 

 

質素に贅沢とはいえ、贅沢という言葉通り

今回の買い物は私にとっては背伸びをした買い物だった気がしますが

たまの贅沢で手にした(自分の中での)妥協なしのモノにはやはり愛着が湧き、

今後も長く生活を共にしていく気が満々であります。(私はもともと物持ちがいい方で一つのモノを結構長期間使っていたりします。)

 

 

こうやって坊主ほどに積極的に断捨離はしていないながらも

出来るだけ無駄なモノを増やさず、頻繁ではなくとも少しずつ不必要なモノは処分したりして

時々希望条件を妥協せずに贅沢にモノを買うことを続けていったら、

何年後かに気づいた時には

持っているモノが好きなモノ純度の高いもので溢れているようになるはずです。

 

 

今すぐには出来なくとも

ゆっくりゆっくり自分の周りのモノのお気に入り純度を高めていけたらと思います。

 

[断捨離]離れていったもの:自分の誕生日

[断捨離]離れていったもの:自分の誕生日

あなたはドッチ?わかる人にはわかる太陽の女と月の女

あなたはドッチ?わかる人にはわかる太陽の女と月の女