2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

[断捨離] 残っているもの:装飾品

[断捨離] 残っているもの:装飾品

ロン毛と坊主とニューヨーク 残っているもの:装飾品 カンノコウヘイ 井上靖

 

 

以前は写真集などを

棚に掛けて「見せる収納」に挑戦したりしていました。


処分して残った装飾品は3、4つくらいでしょうか。


右は友人が作成したカレンダーです。
12枚の写真を季節や気分によって変えています。


左は骨董屋で見つけた、大きなヤシの葉をカットしたもの

何かの羽に見えなくもないです。

真っ白な2つのキャンバスを真っ黒に

塗って飾っています。

 


半年程前にタトゥーを入れたくて

色々デザインを調べていました。

 

そこで見つけたシンプルな2本のライン

 

「Always Together but Never Meeting」

 (一番近い存在だけど、この二本は永遠に交わらない)

 

英語で読むとシンプルで凄く小気味良いのですが、

日本語だと私の語彙力不足で、少し野暮ったい印象です。

 

「永遠に交わらない平行線」

というのも少し違う気がします。


井上靖の本の一つに
もう手の届かなくなった初恋の人と再会する話があります。

その中に

「人間というものは、みんな遠くに見える海のようなものを持っていますよ。
目をつぶると、どこか遠くに海の欠片のようなものが見える。
そこだけ青く澄んでいます。」

という台詞があります。


これに近い気がします。


このモノ達はそのうち離れていくので

放っておきたいと思います。


今、全ての人に平等な愛を。LGBTが"普通"の世の中へ。

今、全ての人に平等な愛を。LGBTが"普通"の世の中へ。

人生に計画を立てる必要はあるのか?無計画に生きてきて思うこと。

人生に計画を立てる必要はあるのか?無計画に生きてきて思うこと。