2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

坊主が書いてたSNS苦手な理由をSNSフル活用のロン毛が論破してみる

坊主が書いてたSNS苦手な理由をSNSフル活用のロン毛が論破してみる

ロン毛と坊主とニューヨーク SNS Facebook Line Twitter Instagram

 

 

 

先日、相方の坊主が

SNSが苦手な10つの理由をまとめていましたが、

日々SNSを利用しまくって生活している私、ロン毛は

坊主が書いていたほとんどの理由に賛同できなかったので

今回は坊主のSNS苦手な理由を論破してみようと思います。

 

はじめに断っておきますが、

SNS嫌い、苦手という人はそれでいいと思っています。

人それぞれ好き嫌い、必要不必要がありますから。

なのでそれはそれでいいのですが、

私はSNS推奨派なのでその意見として。

 

あ、ちなみに坊主に喧嘩を売っているわけでも

仲が悪いわけでもありませんのでご心配なく!誰も心配してないですか。

仲良しこよしの坊主とロン毛です。気持ち悪いですね。

 

さて、坊主がまとめていた理由はざっと下記の通り。

1、他の人の楽しそうな画像見ると嫉妬してしまう

2、可愛いコのキワどい写真を見て、LIKEやコメントをしている自分を想像すると、キモくて自分でゾッとしてしまう

3、相手に対して先入観を持ってしまう

4、悪口や愚痴を画面上で見るのはイイ気分ではない

5、酩酊した時、暴言を吐いてしまった時の炎上が怖い

6、ウソがバレる

7、職業上、しない方が良い

8、情報(インプット)が多すぎる

9、自分の軸がぶれてしまう

10、単なる頑固者である

 

それぞれの詳しい内容は、

坊主の記事「SNSが苦手な坊主の本音10選」を参照していてただくとして

ここからは坊主の意見に「ガブリ!噛み付いちゃっていいかな?」ということで

上記の意見を論破していこうと思います。

 

・考えすぎずシンプルに

 

まず、

1、他の人の楽しそうな画像見ると嫉妬してしまう

2、可愛いコのキワどい写真を見て、LIKEやコメントをしている自分を想像すると、キモくて自分でゾッとしてしまう

4、悪口や愚痴を画面上で見るのはイイ気分ではない

8、情報(インプット)が多すぎる

9、自分の軸がぶれてしまう

の5項目についてですが、

これに関してはほとんどのSNS苦手または嫌いな人が言う理由のトップ5かもしれませんね。

 

言わんとしていることは私もわかります。

確かに坊主が言うように、他の人が楽しそうなことをしていたら羨ましく思ったり

誰かがどーでもいいような愚痴や悪口を長文で書いているのを見るのは気分は良くないもんです。

 

ただ、これはもう本当にシンプルな方法で解決出来る問題です。

超簡単です。

シカトすればいいだけですから。

 

シカトするなんて心ないと思われるかもしれませんが、

自分に無駄だと思うことはすっ飛ばしで解決でしょう。

それ以上でも以下でもないというか、

他に対策を考える必要もないと思います。

 

そうすればインプットが多すぎると嘆くことも無くなります。

無駄なものは容赦なくすっ飛ばす。

実際私はFacebook、Twitter、Instagramのそのどれでも

おそらくそれぞれの投稿は1秒も見ていません。

 

流し読みもいいとこで、

その中でパッと見で気になったものだけ少し見てみて、

それで興味がなければすっ飛ばし、

興味があればじっくり読んだりLIKEしたりコメントしたりします。

 

 

・そもそもお酒はほどほどに

 

次に5、酩酊した時、暴言を吐いてしまった時の炎上が怖いに関してですが

これについてはまぁ私はお酒を飲まないのでわかりません。

坊主に限定して言えば、

お世辞にも酒癖がいいとは言えないので

そもそも酩酊してSNSで暴言を吐くまで飲むな!と思います。

 

 

・確かにこれは一理ある?

 

そして7、職業上、しない方が良いということに関しては

職場の上司などがSNSでのどんな発言をどういう風に捉えるかにもよると思うのですが

実際は私はフリーランスなので現状はわかりません。

ただでも勝手なイメージだと特に日本の企業はそういうことにも厳しそうなので

確かにこの理由は一理あるかもしれないと思いました。

 

 

・SNSは終わらない

 

最後に10、単なる頑固者であるですが

坊主は

皆やっている=流行っている=流行っているモノは廃れる=もうすぐSNSは終わる

という根拠も何もない方程式が、私の中にあり、

今からやってもしょうがない気がしています。

最終列車に乗るよりは、自転車に乗って別のルートを走りたい所存であります」

と書いていました。

 

しかし、

SNSは終わりません。

いや、正確にはもうすぐは終わりません、というべきでしょうかね。

そりゃーいつかは終わるかもしれませんが。

 

最近のFacebookの動きを見ていれば

Facebookが世界を変えようとしているのがはっきり見えてきます。

近い将来にはFacebookはGoogleをも凌駕するかもしれません。

 

Facebookだけじゃなく、

日本ではFacebook以上にLINEが爆発的に使われており

12月1日からリリースされたタイムライン広告効果もFacebookのそれ以上だと報告されています。

もはやテレビよりもSNS広告の方が費用対効果が良いという日が近い将来に訪れても、

もはや全く驚きませんし、むしろ当然だろうと納得します私は。

 

パソコンだけではなくここまでスマホが一般に普及し、

ほとんどの人にインターネットが身近になった今、

各サービスはそれぞれ流行り廃りもありなくなることもあるかもしれませんが

SNS自体は発展することはあってももう直ぐ終わることはありません。

 

・まとめ

またこれは私の持論ですが、

SNSが嫌いな人、苦手な人もSNSを使わない人もいていいと思います。

ただそこで、

SNSの使い方や利用価値を理解した上で使わない人と、

ただの苦手意識や毛嫌いして使わないという人だと

同じSNSを使わないでも、全く違います。

 

 

もはや今の世の中では当たり前となったSNSですので

流行り物を理解する、ということも環境に順応するということでは重要だと考えれば

時代の荒波をうまくサーフィンするにはこれも必要スキルのうちの一つなのかな

というのがSNS推奨派のロン毛の考えであります。

 

SNSに限ったことではないですが

頑なに拒むのではなく、一度考えた上で自分を持って取捨選択していければいいなと私は思います。

この季節は要注意!冬季うつ病とHOLIDAY DEPRESSIONについて

この季節は要注意!冬季うつ病とHOLIDAY DEPRESSIONについて

SNSが苦手な坊主の本音10選

SNSが苦手な坊主の本音10選