2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでゲストハウス、またオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

[お金のハナシ] 何のために稼ぐのか?

[お金のハナシ] 何のために稼ぐのか?

ロン毛と坊主とニューヨーク

 

 

 

今までも何度かお金のことを書いてきましたが、

自分はお金を何のために稼ぐのか、

と言うことを最近よく考えます。

 

もちろん生きていく上で最低限

生活を営むためにお金を稼ぐ必要があるわけですが、

それ以上お金を稼ぐ意味は何なのか、ということです。

 

・やりたいことの為に稼ぐ

最近、知り合いの社長と話していたのですが、

お金はツールだと言っていました。

お金があればやりたいことの幅が増える、

だから稼ぐ、と。

 

そしてイケハヤことイケダハヤト氏やホリエモンこと堀江貴文氏もいつも言ってます、

高知に面白いことを仕掛けたい、

宇宙開発を進めたい、

だから稼ぐ、と。

 

2ちゃんねるのひろゆき氏は

「お金を持っていて得なことは、例えば海外に予算の問題を考えずに行けることは、自分の経験値を上げられることで、それをいつでもできるのが得だ」というようなことを言っていました。

 

上記の全員のように、おそらく自分で考えて何かやっている人というのは

世の中の本質を感情論ではなく理解していて、

自分にとって必要なものと不必要なものを明確にわかっているんでしょうね。

その結果彼らは全員、

お金を自分自信や自分のやりたいことのために稼ぐという点が一致していて、

なるほどなぁ、と分かってきました。遅いですね。

 

そういうことが見えてくると同時に、

もしやりたいことがない人がお金持ちになった場合

浪費以外にすることがないということも分かってきました。

 

・やりたいことのないお金持ち

ニューヨークには本当に大金持ちみたいな人たちが沢山いるのですが、

私の年齢くらいのそういう人の多くは

親のお金を使っていい部屋に住み、いいクルマを持ち、いい服を着てカッコつけるのが仕事のようです。

確かに昔はそういう人たちと自分を比較して、

きらびやかな生活を羨ましく思えたりもしたのですが、

しかしそれって全然クリエイティブじゃないし、

私はそれを本当は求めてないということに最近になって気がつきました。

人によってはそれはそれで幸せなのかもしれませんが。

 

・今を生きて自分に投資する

上記の彼らのようにお金持ちではない私がこんなことを書いても

負け惜しみのようにも思えそうですが、

私は将来もしお金を稼げてもやりたい事にお金を使う、

お金はツールという意識を持ち続けて生きていきたいですね。

 

おそらく、お金持ちになる前からこう考えられていると

いざお金を持った時に既にその考えが構築されているはずなので

無駄なことにお金を使わずに自分に投資できるんじゃないかと。

 

まぁ、今からお金を持つ想像をして心配しても

取らぬ狸の皮算用ということで

いつも通りに今やるべきことにのめり込んで、

流れに身を任せながら未来に繋げていきたいと思っています。

 

 

相方の坊主視点でのお金の話も興味があれば是非。

→ [お金のハナシ] お金を使う楽しみと使わない楽しみ

環境は性格まで変えるか?当たりすぎる心理テストMBTIと坊主の変化

環境は性格まで変えるか?当たりすぎる心理テストMBTIと坊主の変化

激闘!巨大ネズミVS坊主の3時間一騎打ち!

激闘!巨大ネズミVS坊主の3時間一騎打ち!