2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでゲストハウス、またオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

坊主は見た!ブラックカード保有者の特徴と映画「麻雀放浪記」

坊主は見た!ブラックカード保有者の特徴と映画「麻雀放浪記」

坊主は見た!ブラックカード保有者の特徴と映画「麻雀放浪記」

 

 

 

 

私の大好きな映画の一つで

よくパソコンをいじっている時にBGMとして流している

「麻雀放浪記」という映画があります。

博打打ちとして、

男として、そして女として

決して完璧でないリアルな人間描写が特徴の映画で

名俳優揃いの映画ですが

 

その中に溢れる玉虫色の名言集のひとつで、こんなやり取りがあります。

女衒の達「麻雀ってのは面白いもんですね。私は未熟だから勝てないが、それでも面白い。」

出目徳「勝負は時の運さ。それにお前さん、中々の打ち手だよ。」

女衒の達「いや、やるたびに金をなくしますよ」

出目徳「誰かが金をなくすから、博打になるんだが…まぁ勝ったり負けたりってとこだろうよ。」

女衒の達「勝ち続ける人もいるでしょう?」

ドサ健「いるかもしれねぇ。だがそういうやつは金の代わりにカラダ失くしてる。そういうもんだ」

坊や哲「勝ち続けて丈夫な人もいるんじゃないの?」

女衒の達「そういう人はきっと…人間を失くすんでしょうな。

 

私も今のお店に立って4年程になりまして、

学生、社会人、小金持ち、大金持ち、王族まで

様々な人達をみてきました。

 

完全にソース無しで乱暴な言い方ですが

アメックスのブラックカードを持っている人達は

お金を持ちすぎて人間を失くしている

 

…気がします。

 

いきなり裏の倉庫までズカズカ入ってきて

こっちがビックリしていると

「俺、自分のビジネス持っているから、ちょっと裏まで見たいんだよね」

とニヤァ〜と不気味に笑いかけられました。

で、支払いはアメックスのブラックカード。

 

やけに声が大きく、支離滅裂なことを喋っているご夫婦とその子供達

他のお客さんの迷惑もなんのその

とにかく店員や他人にまで喋りかけまくり(意味不明でコチラが答えに困る質問など)

縦横無尽にお店の中を荒らし回って

最後に靴を1足だけ買って清算はアメックスのブラックカード。

 

「ここのデザイナーが好きだから、一緒に飯食いたい。連絡先教えてくんない?」

と、初見でお店に入ってきて、真面目顔で尋ねたりします。

断ると子供みたいな顔で「何で駄目なの?」とキョトンとされましたね。

オジさんの子供みたいな顔は凄く不気味でした。

で、10万円くらいパッと買って清算はアメックスのブラックカード。

 

最近はちょっと様子を見たら、ブラックカード保有者かどうか分かるようになりました。

現代風にいうと、ちょっとイッている方達、

おそらくお金を持ちすぎているのか、言動が人間のそれとはズレている。

かといって動物の純粋な美しさもない。

俗物に近く、人間の顔をしていない。

何が歪んでしまったのか、かなり不気味な顔をしています。

同僚とも、「あの人、多分ブラックカードだよね」と頷きあって

その予想は大体当たっています。

 

 

もちろん、ブラックカード所有者で良い人もいますが、

大富豪で、ブラックカードではなく普通のカードを持っている人達は

まだ人間っぽい顔をしている…気がします。

 

十中八九、上記の方達は、勝負に勝ち続けてきた人達で

巨万の富を築いたのでしょうが、

遠くから見ていると、

「この人達は莫大なお金を得て、何を失ったのか?」

と考えてしまいます。

 

お金を持っているとチヤホヤされるので、

精神的成長が止まってしまったのではないか?

とも思います。

 

肉体は一秒毎に衰退していきますが、

(トレーニングをしても、衰退のスピードを遅くしているだけなので、確実に衰えていっています)

精神は死ぬまで進化できる

と私は思っています。

 

彼らは物質的な富を得たかもしれないが

精神や感覚、人間の尊厳からかなり遠くにいってしまったのでは?

と感じます。

 

本当にお金ってなんなんでしょうね。

無いと本当に困りますし、あっても上記のような常軌を逸した人達に

近づいてしまうのであれば、考えものです。

 

度々私の書く記事にでてくる

「人生プラスマイナスゼロ。何かを得ると同時に何かを失っている」

という考えが私の背中を押しています。

そして断捨離という手段を使って物理的なモノを減らすことで

何か精神的なモノ、肉体的なモノを得たいと思って日々暮らしています。

 

先日書いた「[斜め上の考え]これから生きていく角度について、映画「180° SOUTH」から考える

で言及したように、大多数の人々が向かっている方向から回れ右、180度回転して

前進していきたい。その効果と成果を体で感じて、このブログで紹介できたら大変嬉しく思います。

 

 海外就職の第一歩! ニューヨークでインターンする際の注意点

海外就職の第一歩! ニューヨークでインターンする際の注意点

12年の歴史に幕、長野県松本市のセレクトショップRoneへ「ありがとう」

12年の歴史に幕、長野県松本市のセレクトショップRoneへ「ありがとう」