2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

ロン毛が選ぶInstagramオススメアカウントまとめ15選

ロン毛が選ぶInstagramオススメアカウントまとめ15選

ロン毛と坊主坊主とニューヨーク

 

 

 

「こんにちは、いつもブログ楽しく拝見させていただいています!お二人のパーソナルな記事が好きで以前から読ませていただいているのですがお二人それぞれに質問があります。ロン毛さんはよくインスタグラムの記事を書かれていますが、この人はフォローした方がいい!というオススメのアカウントがあれば教えてください!坊主さんは以前から断捨離をされていますが、断捨離のオススメブログなどあれば教えてください!Q&A記事、楽しみにしています!」

 

こんにちは、ロン毛です。

毎週日曜日恒例のQ&A記事になります。

 

ブログをよく見てくださっているようで、とても嬉しい限りです!

ありがとうございます!

では今回は私が実際にフォローしている人の中からオススメアカウントをまとめ形式でご紹介させていただきます。

めちゃめちゃ好みが偏っていますが 

お楽しみいただけたら幸いです。

 

1, @KAT_IN_NYC

i think @noravai is hiding 😋

A photo posted by kat irlin (@kat_in_nyc) on

まずはフォトグラファーのKat Irlin (@kat_in_nyc)をご紹介。

ニューヨークベースで主に人、ポートレイトを撮るフォトグラファーですが

たまに街なんかも撮っています。

上の1枚は実際に彼女がSoHoの街でこの写真を撮っているところを偶然目撃し、

その時にKatの存在を知りました。

通常の写真の他に「多重露光」を使ったような、

2枚の写真を1枚に重たアーティスティックでオシャレな写真に仕上げている投稿などもあって、

見ていて飽きないアカウントです。

 

 

2, @BOBBIMAC

ロン毛と坊主坊主とニューヨーク

From a long time ago... Uncropped version. Still makes me smile.

A photo posted by R O B (@bobbimac) on

二人目はイギリスのフォトグラファー Rob (@robbimac)

写真を見ていただけたらわかるかと思うのですが彼は風景写真家です。

どの写真も「どこにこんな景色があるねん!」と突っ込んでしまいそうになるほど美しく、

それでいて、ちょっと暗さのある深い写真の数々に圧倒されます。

牛の写真は私のお気に入りです。

 

 

3, Jona_Sees

ロン毛と坊主とニューヨーク

Welcome to The Sanctuary ⠀

A photo posted by JONA SEES (@jona_sees) on

先ほどのRobとは被写体は違えど写真の色味、テイストがそっち寄りなのは

NY在住のアーティストのJona(@jona_sees)の写真。

彼はもう何年も前からの友人なのですが、

本当にいつでも自分を持っていてかっこいいんです。

 

写真はBrooklynにある自身がデザイナーを務めるブランド、InAisce(イナスカ)のアトリエ。

色が強いのでどなたでも着れる服ではありませんが、

唯一無二のクリエイションが好きな人はハマるかも。

興味のある方はブランドのアカウント(@InAisce)も合わせて是非。

 

4, @UMEMICHI77

ロン毛と坊主とニューヨーク

私は植物が好きなので植物の写真が素敵なアカウント、

植物に詳しい方のアカウントを幾つかフォローしています。

その中でも@umemichi77さんのアカウントは

写真も植物のテイストも私の大好きな雰囲気。

私が好きなトゲのないサボテンもたくさん持っていらっしゃって羨ましい限りであります。

 

 

5, @MALULANI93

ロン毛と坊主とニューヨーク

@Malulani93さんも植物アカウントなのですが

この方はちょっとマニアックな植物をたくさん所持していて

中でも写真にある私が大好きなリトープスというカラフルなアフリカの植物に関しては

ものすごい数と種類を所持しておられます。

フォロワーの方とも頻繁にコメント欄でやりとりしていて、

他の方々からも師匠と呼ばれていることもあることから

とても植物に詳しい方(植物屋さん?)だと思います。

 

 

6, @Jackman0615

ロン毛と坊主とニューヨーク

植物に特に興味がない人はそろそろ飽きてきた頃かもしれませんが

もう一人だけ植物のアカウント、@Jackman0615さんを。

この方は植物屋さんなのですが植物のセレクトが上の二人と比べてやたらと渋い!

男気があってカッコイイ植物、そしてそれに合う鉢のセレクトや仕立て。

写真のオニソテツの美しい佇まい、堪らんです!

 

 

7, @TaroTamai

ロン毛と坊主とニューヨーク

植物はアカウントはこれくらいにして

今度は私の大好きなスノーボードのアカウントを。

日本スノーボード、サーフィン界のパイオニア、

そしてスノーボードメーカーGentemstickの創設者である玉井太郎氏(@TaroTamai)のアカウント。

北海道の四季を切り取ったスノーボード、サーフィン、キャンプ、釣りなどのアウトドア系の写真が多いです。

私の憧れのボードであるGentemstickで

ニセコのバックカントリーをライディングしている写真や動画は私にはヨダレものであります。

興味があれば、私が世界一美しいボードだと思っているゲンテンスティックのアカウント(@Gentemstick)も合わせてどうぞ。

 

 

8, @FrodeSandbech

ロン毛と坊主とニューヨーク

ウィンタースポーツ界からもう一人、

と言ってもこの人は競技者ではありません。

世界中のスキーやスノーボードの雑誌なんかでプロのライディング写真を撮っている写真家のFrode(@FrodeSandbech)。

世界の山々で夕日をバックにキッカーを飛ぶプレイヤーの写真、

自然そのものの美しさを写した写真、どれも圧倒的に美しいです。

そして時に、上の写真のように神懸かり的なタイミングを捉えた写真で楽しませてくれます。

フォトグラファーにもこんなジャンルがあるんだと思わされたアカウントです。

 

 

9, @Neru0414

ロン毛と坊主とニューヨーク

自然つながりということで@Neru0414さんは

キャンプ、そして拘りを持ったアウトドア用品が好きな人へオススメ

ディフェンダーでキャンプに繰り出し、

自らレザーを使ってアウトドア用品をカスタマイズしたり、

そして自宅からも丁寧でハイセンスな暮らしぶりが伺えます。

こんな大人になりたいです私も。

 

 

10, @_______my_name_is_xoxo________

ロン毛と坊主とニューヨーク

@_______my_name_is_xoxo________さんは以前別の名前でアカウントされていたのですが

最近アカウントを作り直したようで写真はまだ少ないです。

この方は見ただけでわかるかと思いますが、ただひたすらにオシャレ!

そして私の大好きなMad Et LenやAstier de Villaatje、Piero Fornasettiを始め、

家にある家具コレクションが素晴らしい!

いつかお邪魔してみたい!

 

そしてこちらのアカウントではもう一つ見ていただきたい部分があって 

写真の投稿を白背景の写真と通常の写真を交互にアップすることで 

プロフィールページを見たときにも全体的に統一感を出しています。 

プロフィールページは初見の人が 流し見したときにフォローするかしないか決める重要なページでもあるので

投稿の仕方に拘ってうまく自分のプロフィールページを作り上げることも考えてみてもいいかもしれませんね。

 

 

11, @Blackbirdtales

ロン毛と坊主とニューヨーク

#dembones #bw

A photo posted by Yiorgos Mavropoulos (@blackbirdtales) on

私の友人のギリシャ人フォトグラファー、Yiorgos(@Blackbirdtales)は自分の作品を投稿しています。

写真には彼の好みが割とはっきり出ていてそういう人の写真は見ていて面白いです。

#Dembonesというハッシュタグを使って骨が浮き出たような写真シリーズをたまにアップしていて

私はそれが好きですね。

ちなみにアカウント名のBlack Bird Talesは彼の苗字を英訳したものだそう。

 

 

12, @FrouFrouu

ロン毛と坊主とニューヨーク

🕕

A photo posted by @froufrouu on

NYベースのフォトグラファーであり、

自身のファッションも人気のNadia(@FrouFrouu)は

基本的にブラック&ホワイトの写真が多いです。 

彼女もYiorgos同様に徹底して自分のテイストを押し出しています。

写真はNadia本人ですが 

このユルくてガチガチに決めすぎないファッションが最高に似合ってるんです。 

 

13, @Le21eme

ロン毛と坊主とニューヨーク

 ストリートスナップフォトグラファーとしては

もはや世界でもトップ3には入るであろうAdam(@le21eme)は 

すべてのファッション好きにオススメです。 

彼の切り取る世界各国のファッションウィークでのスナップは 

ライブ感に溢れていてるものばかり。 

そして一応NYにアパートはあるものの1年の9割ほどは海外を飛び回っていることから、

その旅先の土地柄が出た写真も 見ていて楽しいですね。

彼は私がスナップを始めた当初にいつも一緒に写真を撮っていた割と古い友人なのですが、

いつの間にかスター街道をひた走っていました。

昔からの友人なので彼の活躍は刺激になります。

 

14, @VanquishCEO

ロン毛と坊主とニューヨーク

 ファッションブランド、バンキッシュのCEOである石川涼さん(@VanquishCEO)のアカウントでは

涼さんの生活の一面が切り取られた写真に毎回ズバズバと核心をついた言葉の数々が添えられており

クリエイター、経営者として の一面を垣間見ることが出来ます。

自身はライカを愛用し写真家としても活動しておられるように

インスタグラムとはいえハイクオリティーな写真をアップされいてるのですが、

私が個人的に好きなのは涼さんが切り取る日常、

特に定食屋での定食の写真や上のサクランボのような食べ物の写真。

日常をうまく切り取るのは簡単そうで難しいことです案外。 

 

 

15, @InspirationCultMag

ロン毛と坊主とニューヨーク

imageVia@the_kafka Please tag #inspirationcultmag for the feature, and join our movement

A photo posted by INSPIRATION CULT MAGAZINE (@inspirationcultmag) on

そして15番目は新しく誕生し、 

今世界中でビッグなムーブメントになってきているインスタグラムのキュレーションメディア、Inspiration Cult Mag(@InspirationCultMag)。 

およそ三ヶ月前くらいにアカウントを開設してから

ハッシュタグ#InspirationCultMagには世界中から投稿された写真が既に16000枚以上。

そしてハッシュタグを見ていただけたらわかりますが、 

すべての写真のクオリティの高さたるや! 

写真家それぞれが切磋琢磨して

自分にしか撮れない写真を求めているからこそ投稿者のレベルも高いのだと思います。

わずか三ヶ月でこの数なので今後更に大きくなるはずです。

今後のICMの動きに乞うご期待! 

 

 

おまけ、 @WataruBob

ロン毛と坊主とニューヨーク

 

はい、最後はね、自分のアカウントも載せておきますから。

ニューヨークの街並みからファッション、植物 、

プライベートからフォトグラファーの仕事、モデルの仕事など など

SNSではインスタグラムに一番注力しているので 

フォローしていただけたら私のことはほぼ 全てわかるんじゃないでしょうか?

写真は上で紹介しているAdamが撮ってくれたものです。

こちらのブログでロン毛の存在が気になった方は 

是非@WataruBobで検索を! 笑

 

 

 

さて 、オススメアカウントまとめ15選はいかがでしたでしょうか?

 

こうして見ると、全てのアカウントに共通して いえることは

自分の色があり拘りが強いこと。

写真の質が高いこと。 

でしょうか。

 

写真をコミュニケーションツールとして使用するInstagramは 

言葉選び以上にその人の美的センス、ビジュアル面が問われますが 

それをうまくセルフブランディングできれば

今の時代はインスタから仕事が入ってくるのも当たり前の時代です。

そういったことも含めインスタグラムを楽しく使用出来たら一番ですね。 

 

 

完全に個人の趣味嗜好が出まくったオススメアカウントとなっておりますが、 

楽しんでいただけたら幸いです。 

 

インスタグラムに関しては他にも記事を書いているので合わせてどうぞ。 

ガイドブックより詳しいニューヨーク古着屋まとめ30選!【マップ付き保存版】

ガイドブックより詳しいニューヨーク古着屋まとめ30選!【マップ付き保存版】

社員の遅刻癖を直せるか!?上司として私が実践した今すぐ試せる「心理学的テクニック」

社員の遅刻癖を直せるか!?上司として私が実践した今すぐ試せる「心理学的テクニック」