2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

[Q&A]日本の英語教育に疑問?リアルな英会話習得のメカニズム

[Q&A]日本の英語教育に疑問?リアルな英会話習得のメカニズム

[Q&A]日本の英語教育に疑問?リアルな英会話習得のメカニズム

 

 

 

「こんにちは!いつもブログを楽しく拝見しています!

お二人の英会話の勉強法についてご質問させて下さい。日本の学校で学ぶ英語と実際の英会話とはかなり実用性に差があると常に感じていたのですが、お二人はどうやって英会話を習得されましたか?

できれば、日本にいながら独学で出来るようなアドバイスを頂ければ幸いです。

宜しくお願いします。」

 

 

いつもブログを読んでくださって、大変嬉しく思います。

週一のQ&A、今日は坊主の番でございます。

昨日のロン毛の回答「[Q&A] 英会話が苦手な人へ、英会話の重要な心構えと上達プロセス

と同意見ですが、日本の英語教育は詰め込み式で

難しい単語も含めて、できる限り記憶し

授業もリーディング・ライティングが中心のイメージです。

日本の学校は英語という言語は教えていますが、英会話を教えてはいないですね。

 

人間の脳は経験を通して、物事を覚えるような仕組みになっているので

詰め込んでも、使わなかったら全く意味がないのです。

詰め込まれた単語は一応頭には、まだ入っていると思いますが

脳の奥底で眠っているので、無理やり叩き起こさないと口からは出てきませんね。

 

質問の英会話の習得の仕方ですが

私が英語に興味を持ったのは確か中学生3年生。

HIPHOPが好きで、アメリカに行って黒人みたいになりたいなーなんて、

NEW ERAの帽子を斜めに被りながら思っておりました。

 

自慢ですが、現地の人たちには、私の英語と発音はよく褒められます。

日本人訛りの発音が少ないというのは自分でもわかります。

おそらくその理由は

  1. 高校生活3年間、英会話教室に通いアメリカ人と週5で喋りまくって口を鍛えた

  2. 洋楽曲(HIPHOP)を聴きまくって耳を鍛えた

  3. 高校卒業後、すぐカナダのバンクーバーに半年間留学した

  4. 帰国後に、沖縄の米軍基地のスポーツジムで働いた

 

1、高校生活3年間、英会話教室に通いアメリカ人と喋りまくった

高校一年生の時、当時有名であった”駅前留学”N◯VAが近所にあったので

そこに入学しようとしましたが、確か1年間で学費が50万円くらいかかると言われて

兄者に「そんなもん払えるかドアホ!自分で勉強しろ!」と言われ、断念しました。

間もなく通学途中に小さな英会話教室を見つけ

説明を受けたところ、一ヶ月1万円で週5で毎日1〜2時間通えるという破格の英会話教室でした。

しかも講師はほぼアメリカ人だったので、今思うと大変具合の良いスタートであったということですね。

そこで少しづつですが、口を英語に慣らしていきました。

3年間週5で外人と会話していると、日本にいてもある程度喋れてくると思います。

 

2、洋楽曲(HIPHOP)を聴きまくった

耳を鍛えるのには、映画を観るのも有効な手段ですが

私はその頃、HIP HOPオタクでしたので、四六時中黒人の高速ラップを聴いており

やがて耳がネイティブ(黒人)の発音を捉え、脳が記憶し始めたのだと思います。

で、インプットされたダーティーな英語を

英会話教室で無理やりにでもアウトプットするわけですから

ちょっと発音が日本人独特の発音ではなくなるわけです。

「◯◯なんだぜメ〜ン」

ていう、一時期流行っていたあの感じです。

(本当にこんな感じですよ。ニューヨークでも)

で、そんな感じで喋っていても、講師の外人からしたら違和感がないので

いわゆる日本特有の”正しい英語”に直されないわけです。

 

日本にいる外人に

「キャワタンナ、ズットモニ、トリマ、オラツイタラ、ワンチャンアルンジャネ?テヘペロ!」

なんて言われたら、

「オオ!きっとあるよワンチャン!」

とテンションあがりませんか?

 

3、高校卒業後すぐ、カナダのバンクーバーに半年間留学した

3年間の英会話教室を経て、アメリカの大学に入学する際に必要なTOEFLを受験するために

カナダのバンクーバーの語学学校に留学しました。

この時が一番英語を勉強したと思います。

その当時はパソコンも携帯電話も持っていなかったので

日本に連絡したのは半年間で2回。両親に

「昨日着いた」

「明日帰る」と伝えたのみでした。

そして日本語を喋ることを拒否していたので

日本人留学生の方達とも英語で喋っていましたね。

私の知らないところで「何なんだアイツは?ストイックすぎだろ(笑)」と話題になっていたようです。

5ヶ月くらい経った頃、

私が英語で寝言を言っていた、と聞いた時には、とても嬉しかったですね。

おそらくは英語で考えて喋っていた頃だと思います。

この頃から、電子辞書は英英辞典を使っていました。

せっかく現地にいるんだから日本語を徹底的に生活から排除していました。

 

4、帰国後に、沖縄の米軍基地のスポーツジムで働いた

帰国してすぐに、米軍基地で英語を使う仕事につきました。

FIT入学までの1年間でしたが、この仕事のおかげで、

カナダで学んだ英語を忘れることを防げました。

 

英語は絶対勉強するな!というキャッチーな本があります。

私は読んだことないのですが、

英語を詰め込み式で絶対勉強するな!という主張であれば、私は賛成ですね。

大学入試で詰め込んだ単語の1%が、日常的に使えれば

英語での意思疎通はかなり楽にできます。

 

第二言語の会話能力は、机上で向上させることはかなり難しいと思います。

子供の会話能力を上げるために、ひたすら単語を書かせる、文を読ませる親はいないでしょう。それと同じです。

 

 

センター試験、英検、TOEIC、TOEFL、種類によって

効果的な勉強法があると思います。

会話習得に重きを置くのであれば、ひたすら英語を聞いて喋ることが最善策だと思います。

私の友人で発音が綺麗な方、自然な方、語彙力が高い方は

もれなく、凄くお喋りです。

あと、声がデカイですね。そういえば。

 

質問者の方が何処にお住まいか存じませんが

私からのアドバイスは

音楽を聴いて、映画を観てください。

そして外人と喋る機会を無理やりでも作ってください。

 

正直、文法や単語が載っている本は一切読まなくてもいいと思います。

リアルな英会話を習得したいのであれば、バイリンガルではない日本人と英語で喋っても

時間の無駄なので、最初から外人と会話をスタートした方が良いと思います。

最初はかなりツラいと思いますが、3ヶ月我慢してください。

3ヶ月目に会話力がグンと上がります。

そのあとにまた3ヶ月ほど停滞期が来て、また上昇します。

 

言語を取得するということは、根気のいることですが

自分の世界が広がることに繋がると思うので

是非挑戦していただきたいと思います。

 

 

ーーーーーーーーーー

 

もし何かロン毛と坊主に質問がある方や

記事にしてほしいことなどありましたら

どこかのブログ記事にコメントを残していただいたり、

TwitterFacebookなどのSNS、またはメールにてご連絡いただけましたら

内容によってはできる限り記事として書かせていただこうと思います。

(ロン毛と坊主の完全主観の個人的見解での回答になることをご了承いただける方は)

いつでもお気軽にご連絡ください。

ロン毛坊主共々、質問をもらえることを大変嬉しく思っています。

[ロン毛の彼女はグルジア人] 第四章 : 二人の馴れ初め

[ロン毛の彼女はグルジア人] 第四章 : 二人の馴れ初め

[Q&A] 英会話が苦手な人へ、英会話の重要な心構えと上達プロセス

[Q&A] 英会話が苦手な人へ、英会話の重要な心構えと上達プロセス