2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

坊主が月一回の大切な反省会で主に同僚と喋っていること

坊主が月一回の大切な反省会で主に同僚と喋っていること

[あんたバカァ?]坊主が月一回の大切な反省会で主に同僚と喋っていること

 

 

 

最近月に一回、同僚のEVALUATION(日本語でいうと先月の仕事の評価?フィードバック?反省会?)

を実施しており、具体的な売り上げのハナシから、日頃の全体的なパフォーマンスまで1対1で話せる良い機会となっています。

その際、従業員のタイプによって、対話のスタイルをやや変えて行っていますが

他の同僚とトラブルをよく引き起こす、短気で厄介な女性(以前書いたコントローラータイプの方)に関しては

直接的に諭しても、彼女は反発する可能性があったので、

できるだけ、全体的に功績を認めつつ、彼女のハナシを聞き、なにか間接的に諭す糸口を探しました。

 

私もそうですが、彼女も健康に気を使っているので、ではここから解きほぐしてみようと思いたち、

会話の流れから日頃の食生活や運動パターン、どのようなサプリメントを摂っているかを聞き出し、

最終的には彼女の体重から、一日に必要なタンパク質の摂取量も割り出しました。

(日本だったらセクハラでしょうね。彼女も健康に気を使ってるので話せたことですが…)

 

トレーナー資格無し、栄養士の資格無しの私なりの見解ですが

彼女の体重は約50キロ

(ちなみにベジタリアンの彼女は、肉は食べないが魚は食べるペスカトリアンです。)

別に彼女は体を大きくする必要はないので、基本的に体重1キロに対してタンパク質1グラム摂取が目安ですね。

ということは彼女には一日10グラム必要です。豆腐半丁で約10グラムです。

(体をバルクアップしたい人は体重1キロに対して、タンパク質1.5〜2グラムを目標にしましょう)

 

彼女は毎朝プロテインシェイクを飲んでいるので16グラム(彼女曰く)は補給できています。

豆腐や魚はよく食べているらしいですが、実際に食べているのは一日どれかひとつらしいです。

昼食、夕食合わせても、50グラム摂取は中々大変なものです。

 

彼女がタンパク質50グラム摂取を達成するために、私が彼女に薦めたのは

朝 プロテインシェイク (タンパク質)16g

  プロテインにミックスするアーモンドミルク 1g

  もしくはソイミルク 8g (女性にはオススメです)

  グリークヨーグルト 15g(ラッシーで飲むと消化にも優しく楽です。)

昼 豆腐 10g(半丁)

  ツナ 25g(85g中)

  サーモン 40グラム(198g中 半切れ)

こちらはサラダに混ぜると仮定したので、現実的に食べれるのは以上の表示タンパク質の半分くらいでしょう。

補助でバナナを食べるといいですね。

 

間食 アーモンド 20粒ほど 2.4g

   プロテインバー 20g

 

夕食 卵2個 12グラム

   もしくは昼に食べなかった魚、豆腐、肉(もしベジタリアンでなければ)

   グリーンスムージーに入れるカボチャの種、ヒマワリの種、亜麻仁の種など

   (種にもプロテインが含まれています。) 

これを実践するのは、なかなかハードなことに見える人もおられるかと思うので

簡単な順でオススメすると

一位:そうだね。プロテインシェイクだね!

二位:グリークヨーグルトで作るラッシー(調べてみてグリークヨーグルトのタンパク質量には驚きました)

三位:卵二個(本当ならスタローンのように5−6個生でイキたいところですが、お腹が心配ですね)

特別参加:納豆(アメリカ人には食べれたもんじゃないので、同僚には薦めませんでしたが、まさかの1パックのタンパク質は175g中31g!日本人で良かったです)

 

これを4つを日常的に摂取すると、あとは上記に紹介したものを無理がない程度にチョイスすると

なんとか50gはクリアできそうです。

 

プロテインシェイクに抵抗のある女性も多いと思いますが、(太くなるんじゃないか?という心配から)

一日一回、あくまでも補助的に摂取する意識で飲んでみることをオススメします。

タンパク質の女性への効果はコチラから

そもそも女性は女性ホルモン「エストロゲン」の作用から、

男性のようにムキムキになるのは本来かなり大変なことです。

女性ボディービルダーの方なんて、影で恐ろしい努力をしていると思います。

 

十分なタンパク質をとって、さらに筋トレも併用できると体全体の代謝が上がって尚良いですね。

成長ホルモン視点からみる男性向けの筋トレや女性向けの筋トレもあります。

ちなみに、同僚はちゃんと女性向けの筋トレをしていました。

(じゃあ、なんでこんなに短気なんだろう?と私は不思議に思っていますが…)

以前はもっと、気が短くてトゲトゲしく、歩く爆弾物のような彼女で、

他のスタッフから恐れられましたが、最近は少しづつ改善してきています。

 

タンパク質のみで健康は維持できませんが、

かなり重要な部分だと思っていますので、書いてみました。

 

 

翌月に、違ったアプローチで反省会をしてみましたので、宜しければご覧下さい。

社員の遅刻癖を直せるか!?上司として私が実践した今すぐ試せる「心理学的テクニック」

 

 

 

私事ではありますが。

私事ではありますが。

「ニューヨークで大人気の〇〇が日本初上陸!」は本当にNYで大人気なのか

「ニューヨークで大人気の〇〇が日本初上陸!」は本当にNYで大人気なのか