2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

[Q&A] 坊主が読む本とロン毛が見るサイト

[Q&A] 坊主が読む本とロン毛が見るサイト

[Q&A] 坊主が読む本とロン毛が見るサイト

 

 

 

はじめまして。いつも楽しく記事を拝見させていただいております。記事の中でよく本から抜粋などを載せられているので、お二人とも読書家なのでしょうか?お二人にとって大切な本やおすすめの本などがあれば教えて頂けますか?

 

いつもブログをご覧下さり、大変嬉しく思います。

 

沢山本を読むのが読書家ならば、私はそうでもないですが

電車に乗る時はほぼ必ず、何かしら本を携帯しています。

同じ本のルーティーンなので若干飽きているのですが。

 

自分でストレスが溜まっている、人間関係に疲れたと思う方に、私が薦めるのは

小池龍之介の「しない生活 煩悩を静める108のお稽古」幻冬舎新書

です。仏教に沿った108の教えが単純明解に記されているので読みやすいです。

 

お金の使い方に自信がない方や、貧乏くさくならないように生きたいなんて思っている方には

またまた小池龍之介の「貧乏入門」ディスカヴァー・トゥエンティワン

なんて良い塩梅ですね。

私はこの本を日本定価の倍の3000円ほど払って、紀伊国屋で日本から取り寄せました。

「3000円払って「貧乏入門」なんてタイトルの本を買うとは滑稽ですね」

と、店員さんに言おうとしましたが思いとどまりました。

 

以上の本は、2回も読めば頭に入って実生活に活用できるのでオススメです。

正直に言うと、もう読まなくてもいいと思うので、処分しようかとも思っています。

 

手元に残しておきたいのは

私の記事に何度目も登場している

阿佐田哲也、別名色川武大の本です。

 

オバマ大統領に会っても、おそらく私は緊張しないでしょうが、

この人に会う時だけは、緊張する気がします。

もしまだご存命なら、行きつけのバーや、自宅までどうにかして調べて

一度お会いしてみたかったお方です。

 

この方と実際に交流があった方の、色川さんの印象は

「チャーミング」であった。ということ

大食漢で、誰にでもすこぶる優しく、そして持病のナルコレプシー「居眠り病」で所構わず寝てしまう。

しかし、時折見せる洞察眼や鋭い目つきなど、仲良くしている人も少し怖くなるような一面も持っている。

そんな色川さんに私は「ハァ、好き♡」となります。

だいぶ気持ち悪くなりましたがご勘弁ください。

 

高校生の時に観た、「ハンニバル」や「羊たちの沈黙」などに出演している

アンソニー・ホプキンスなども私は大好きで

そのことを、兄者に伝えると「お前は頭がおかしい」と言われました。

確かに、映画で脳を調理している俳優に夢中になる弟を見るのは、少しばかり不気味だったことでしょう。

 

私の主観ですが、この二人の共通点は

人間のカタチをしているけど、おそらく人間じゃない

多分、レオナルド・ダヴィンチもそうですね。

私はそんな人達が大好きです。

 

色川さんの本でオススメは「うらおもて人生録」新潮文庫

別名の阿佐田哲也名義でのオススメは「麻雀放浪記・青春編」角川文庫

ご興味あれば、是非ご一読下さい。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーー

 

もし何かロン毛と坊主に質問がある方や

記事にしてほしいことなどありましたら

どこかのブログ記事にコメントを残していただいたり、

TwitterFacebookなどのSNS、またはメールにてご連絡いただけましたら

内容によってはできる限り記事として書かせていただこうと思います。

(ロン毛と坊主の完全主観の個人的見解での回答になることをご了承いただける方は)

いつでもお気軽にご連絡ください。

ロン毛坊主共々、質問をもらえることを大変嬉しく思っています。

 

 

アンリアレイジとサカナクション山口一郎が魅せたデジタル新時代の体験型ショー

アンリアレイジとサカナクション山口一郎が魅せたデジタル新時代の体験型ショー

[Q&A] ロン毛が見るオススメブログとメディア4選

[Q&A] ロン毛が見るオススメブログとメディア4選