2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

筋トレ3ヶ月目の坊主がカラダでわかってきたこと

筋トレ3ヶ月目の坊主がカラダでわかってきたこと

筋トレ3ヶ月目の坊主がカラダでわかってきたこと

 

 

 

 

8月の初めにミスター熊殺しから連絡がきて

「坊主、お前を鍛えてやる」

「いえ、ミスター熊殺し、私は低燃費で、できるだけ食べずに仙人みたいに生きてい…」

「問答無用である。ハイ!しか答えはない。SAY YES TO YOUR LIFE」

「ハイ!」

 

とまぁ、そんな感じで筋トレ人生が始まったわけで

まだ3ヶ月程だと思うと、不思議な気分ですね。

最近は毎日カラダの何処かが、筋肉痛している状態です。


筋トレをしたことがある人はわかると思いますが、

翌日の筋肉痛がないと、かなり不安になります。

私は昨日一体何をしていたのか…と悩みますが

もうそれは後の筋肉祭りですね。


最近私がカラダで分かってきたことは

50メートルダッシュは吐き気がしてからの、最後の5セットスタート

スクワットは、カラダを起こした時に、地震でもないのに地面が揺れ始めてからの100回

腕立て伏せは、カラダが全く上がらなくなってからの5回3セット

懸垂は一回も上がらなくなってから、本番スタート

この意識でやれば翌日には一応筋肉痛はきます。


もう女性の方は、このページをそっと閉じたかと思います。


…しかし気にせず続けます。

私は、一応大まかな回数は決めてあるものの、

イケそうだったら1セット30回でも40回でも100回でも追い込みます。

早く、上記の状態に持っていきたいからです。


ミスター熊殺しとのトレーニングで必ずあるのが

懸垂、腕立て、ディップスが本当に一回もできないくらいに追い込まれること。


そこで良く言われるのが、

「坊主、一回もできないなんて情けない。

しかし、坊主よ、本当はお前はできるんだ

ただお前の脳が、できないと決めつけているんだ

脳が勝手にリミッターをかけているんだ。

頭カラッポにして、自分のカラダを信頼してみろ

絶対に一回はあがるから」


で、これが本当に出来るんです。カラダに集中したら。

火事場の馬鹿力ほどではないですが、最後の一回は気合と根性です。

ミスター熊殺しとの筋トレは、この「最後の一回」が10回くらい続きます。


誰かが見ているとやりやすいですね。ナニクソ!っとなりますからね。

一人でやっている際は、

自分のコメカミに銃を突きつけられて、「ハイ、後3回」と言われるのを想像したら絶対できます。

もしくは、フラれた女性のコトを考えて「◯◯◯◯◯、コノ野郎!!」と頭で叫べば絶対できます。


「腕立て伏せ1000回は、完全にやりきった後の根性であげる爆発的な最後の1回の為の単なる布石である。」

と誰かが言っていましたね。


現在体重を5キロ増やそうと頑張っているのですが、

調べてみると一日に増える筋肉の質量の限界は7グラムだそうで…

いやはや、道はなんと険しいことでしょう。

早く、腕立て伏せを足つかずに出来るようになりたいものです。




12年の歴史に幕、長野県松本市のセレクトショップRoneへ「ありがとう」

12年の歴史に幕、長野県松本市のセレクトショップRoneへ「ありがとう」

[ロン毛の彼女はグルジア人] 第四章 : 二人の馴れ初め

[ロン毛の彼女はグルジア人] 第四章 : 二人の馴れ初め