2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

「ニューヨークで大人気の〇〇が日本初上陸!」は本当にNYで大人気なのか

「ニューヨークで大人気の〇〇が日本初上陸!」は本当にNYで大人気なのか

ロン毛と坊主とニューヨーク

 

 

 

ここ数年、日本でのニューヨークブームは過熱する一方で

パンケーキ屋からカフェ、服屋からレストランまで

あるとあらゆるNY発のものが東京を始めとする日本でオープンし続けています。

 

NYのモノが新しく東京でオープンする際には

「NYで大人気!」「NYで行列が絶えない〇〇!」などの

お決まりのキャッチフレーズが飛び交うわけですが、

そもそも本当にNYで大人気なのかと疑問に思ったことはないでしょうか?

私はNYに住みながら毎回疑問に思っているのですが。

 

 

おそらく誰も気にしていないと思うのですが「NYで大人気」という言葉には2種類の意味があって

  1. NYで観光客に大人気
  2. NYでローカルのニューヨーカーに大人気

この二つはどちらも「NYで大人気」という言葉に収まりますが

本質的な意味は結構違ってきます。

 



東京に住む人の生活を想像していただいたらちょっと分かりやすいかもしれませんが、

わざわざ毎回都心の混雑しているカフェを自分のお気に入りのカフェにして通うでしょうか?

おそらくそういう人は少なくて、

むしろあまり誰も知らなそうな、住んでいる近所や職場の近くの静かでリラックスできる自分だけの秘密の場所のようなところに通うのではないでしょうか?


NYでも同じことがもちろん言えるわけで

特に人混みを嫌い、観光客で溢れかえるBroadway沿いは歩かないニューヨーカーは

大手のカフェや話題のカフェなんかよりもローカルのカフェをよく利用するわけです。



つまるところ「NYで大人気!」という宣伝文句で日本へ上陸してくるNYのものは

ほとんどのものが「NYで観光客に大人気!」と言えるのではないかと個人的には思っています。

または「実際は大きな話題になる程大人気ではないが、ローカルのニューヨーカーが日々利用する」といったところでしょうか。





「ニューヨーカーで大人気!」という言葉に多くの人が心躍らせると思いますが、

現地では当のニューヨーカー達はその店のことをほとんど気にも留めていないのが現実であると、個人的には思っています。


坊主が月一回の大切な反省会で主に同僚と喋っていること

坊主が月一回の大切な反省会で主に同僚と喋っていること

[Q&A] 一眼レフは必要ない?坊主が愛用する高性能デジカメ

[Q&A] 一眼レフは必要ない?坊主が愛用する高性能デジカメ