2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

生きるのに昼食も必要なかった

生きるのに昼食も必要なかった

職場で撮った一枚

職場で撮った一枚

 

 

 

以前、生きるのに朝食は必要なかった

というポストをしました。

同時期に昼食も制限することも始めました。

今までは食べないと頭が働かないと思い

アメリカンサイズの大きなサンドイッチ等を食べていました。

今は果物やナッツ、小さなチーズなどが主な昼食です。

 

 

 

たくさん昼食を食べると眠くなりませんか?

それはそれで心地の良いものですが、

身体は入ってきた大量の食べ物を消化する為に沢山のエネルギーを使ってしまい、

結局食べたことで疲労感が増すから眠くなるのだと思います。

私の頭の中にあるイメージは、古代人や原始人の暮らし

狩りをしている日中は集中を切らさないように

できるだけ食べないということ

大事にしているのは生き残りをかけた生活からくるハングリー精神です。

まとまった朝食、昼食を食べないと空腹感がありますが

意外と慣れると心地良いものになります。

仕事の能率も上がります。単なる思い込みかもしれませんが。

満腹でボーっとしている時と比べて、小さなミスが無くなります。

空腹なのであまり余計に動かないよう、目標に向かって最短距離で行動します。

クレーマーが来ても、空腹なので怒りが生まれず、

ムキにならずに軽く受け流せます。

30分しかない休憩時間を

無理矢理食べ物を詰め込むことなく

ゆったりと時間を過ごせます。

もちろんダイエットにも効果的。

一日一食で3ヶ月で8キロは落ちました。

今の体重が私の適正体重だと思います。

痩せたいという方は

食べるのを我慢するという意識から

食べない方が健康的という意識に変えると

成功すると思います。

しかし、この生活に身体が慣れた後に

以前の一日三食の食生活に戻すと

確実にリバウンドしますので

実践するのであれば、一生続ける覚悟で挑戦してみてください。

飢餓感が人体に与える影響はもっと調べていきたいです。

他にも、健康に関して私が自分の体で試していることがありますので、良かったらご覧ください。

生きるのに炭水化物も必要なかった

生きるのに朝食は必要なかった

食べない坊主が酒以外に飲んでいるもの

自分で作れば安全安心!疑り深い坊主が作る簡単エナジー&プロテインバー


10年履ける20万円のブーツと、トレンディーで2年で飽きる2万のブーツと。

10年履ける20万円のブーツと、トレンディーで2年で飽きる2万のブーツと。

[DIY] 意外と簡単!? アパートの壁を自分好みにペンキ塗り

[DIY] 意外と簡単!? アパートの壁を自分好みにペンキ塗り