2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

[断捨離] 離れていったもの:家具

[断捨離] 離れていったもの:家具

モノを処分し始める前に撮った一枚

モノを処分し始める前に撮った一枚

 

 

 

 

私は影響を受けやすい人間です。

読書家の人と仲良くなれば、本を貪る様に読み

ワイルドな人と仲良くなれば、自分もライオンの様に街を闊歩します。


生活の中で溜め込んだモノを減らし始めたのは2015年4月

小屋暮らしのカツヤさん

のブログがきっかけで

断捨離、ミニマリスト、シンプルライフという言葉を知りました。

今まではミニマリストの反対、マキシマリスト寄りの人間でモノを収集し、

それらに囲まれて暮らしていました。

断捨離を行った人達の簡素な生活に感銘を受け、

自身でも実践してみようと思い立ち、今に至ります。

ニューヨークでは、要らなくなった家具等は

夜に道端に放棄されていることが多いです。

なぜなら次の朝までには、

そこを通りかかった誰かが拾っていくから

朝に外を見て捨てたものが無くなっていると、

リサイクルできた気分になり嬉しくなります。

今回手放したモノ達も、元々は道で拾ってきたモノ達です。

古ぼけた感じが好きだった机。

パンパンに詰まった4つの引き出しを空にして捨てました。

女性が訪問した際にイチャつけるスペースが必要だと思い、

革張りのソファを拾ってきましたが、捨てました。

モノが溢れていた以前はこのベッドの下にも収納スペースがありましたが

コチラも捨てました。

姿見があるから「今日何を着ていこうか」と迷うのだ、と思い捨てました。

無くなったら困るかな?と思いつつ捨ててみましたが、不都合は何一つありません。

モノを手放すということは、得る快感と比べ

緩やかで静かですが、かなりの刺激があり、

度々自分の所有しているもの全てを捨てたい衝動に駆られるので注意が必要です。

私は、もう少しでマットレスも捨てるところでした。

 

今まで様々な断捨離を行ってきましたので、わかりやすくまとめてみましたので、よかったらご覧下さい。

断捨離関連ポストまとめ


心の器の中身は水か油か

心の器の中身は水か油か

生きるのに朝食は必要なかった

生きるのに朝食は必要なかった