2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

Pates et Traditions(ペイツ・エ・トラディションズ)

Pates et Traditions(ペイツ・エ・トラディションズ)

Photo via https://www.instagram.com/p/BA3JGwyLbHa/

Photo via https://www.instagram.com/p/BA3JGwyLbHa/

価格 : $$$

可愛さ : ★★★★★

オススメ度 : ★★★★★

ブルックリンはウィリアムズバーグ地区、

N6th StとHavemeyer StのコーナーにあるPates et Traditions(ペイツ・エ・トラディションズ)は、

女性が好きそうな可愛らしい内装のフレンチレストランです。

 

 

ここでの看板メニューはクレープ(ガレット)!

フランスのトラディショナルな料理であるクレープですが、

おやつやデザートとして食べるスイーツ系のクレープから、

食事のメインとしていただけるガレットまでいただけます。

 

 

チキンなどの入ったガレットは食べてみると意外とボリュームがあり、

女性ならそれだけでも満足できるかもしれませんが、

せっかくなので食後にデザートとして甘いクレープもオーダーして欲しいところ!

 

私は甘いものが大好きなのですが、ここのスイーツ系のクレープはどれを食べても間違い無し!

大きなお皿に運ばれてきますがクレープなので生地が薄く、ぺろっと食べられてしまいます。

「今日はフレッシュなストロベリーが入荷したばかりだからトッピングに欲しかったら言ってね!」なんてウエイターの方が教えてくれるので、お好みでトッピングをつけてもいいですね!

ここはクレープも有名で美味しいのですが、実はフレンチトーストがすごく美味しいです!

メインにフレンチトースト、デザートにホームメイドキャラメルとアイスクリームのクレープを食べれば言うことなしです。

 

 

通常のガレットは11ドルから、ここでしか食べられないオリジナルのガレットは17ドル程度からですが、

スイーツ系のクレープは値段も6ドルから7ドル程度と、この雰囲気のレストランにしてはお手頃。

普通のガレットとデザートのクレープを食べてもチップを入れて25ドル弱なのは良心的です。

ただしここはキャッシュオンリーのお店なので、カードは使えません。

店内にATMがありますが現金の用意をしていくことをお勧めします。

 

店内だけでなくテラス席もあるので、

晴れた日には外でクレープをいただくのはとても気持ちがいいです。

ちなみにクレープやガレット意外にもパスタなどの料理もあります。

 

 

最寄り駅はLトレインのLorimer Stですが、Bedford Avからも歩いてすぐ。

ウィリアムズバーグに来て小腹が空いたらクレープを是非!

このお店からすぐ近くには10 ft Single(テン・フィート・シングル)という日本人が働くヴィンテージショップがあるのですが、そちらもオススメですので古着好きな方は寄ってみてください!

 

 

Petes et Traditions : http://www.patesettraditions.com/

 

住所 : 52 Havemeyer St, Brooklyn, NY 11211

電話 : (718) 302-1878

営業時間 : 月曜〜金曜 12:30 - 22:30、土日 11:00 - 22:30

 
Boris Bidjan Saberi (ボリス・ビジャン・サベリ)

Boris Bidjan Saberi (ボリス・ビジャン・サベリ)

Saturdays Surf NYC(サタデーズサーフ ニューヨーク)

Saturdays Surf NYC(サタデーズサーフ ニューヨーク)