2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでゲストハウス、またオンラインブティックNo.648を運営しています。

Garrett Leight California Optical (ギャレット・レイト)

Garrett Leight California Optical (ギャレット・レイト)

Garrett Leight California Optical ギャレットレイト サングラス ニューヨーク ソーホー オススメ 観光 スポット

価格 : $$$$

良い買い物度 : ★★★★★

オススメ度 : ★★★★☆


カリフォルニアをベースにするアイウェアブランド、Garrett Leight(ギャレット・レイト)の旗本店がソーホーにあります。

 

Garrett Leightをご存じない方もいるかと思いますが、

アイウェアブランドのOliver Peoples(オリバーピープルズ)なら聞いたことがあるかもしれませんね。

実はGarrett LeightはOliver Peoplesの創業者であるLarry Leight(ラリー・レイト)の息子のブランドです。

A post shared by Rika Aizawa (@rika_aizawa) on

上がOliver Poeples、下がGarrett Leight。

ロゴデザインもどこか似ていますね。

ファクトリーもOliver Peoplesが生産される工場と同じ工場を使っているようで、

その品質についても折り紙つき。

世界中の高級百貨店や高感度セレクトショップでも取り扱われている人気ブランドです。

 

デザイン面ではOliver PeoplesもGarrett Leightもクラシックなイメージですが、

Garrett Leightの方がちょっとした遊び心が垣間見れるアイテムが多く若めな感じます。

 

カリフォルニア生まれのブランドでカリフォルニアにもいくつかお店がありますが、

ニューヨークの旗本は今の所ソーホーの1店舗のみ。

店内は入り口にサボテンや多肉植物が植えられ、

壁一面がプライウッドで作られた棚になっているインテリアはLAのお店と同じコンセプト。

白とナチュラルな色を基調とした店内はニューヨークにいながらLAの空気感があります。

 

夏に観光で来ることがあればサングラスは必須のニューヨークですが、

もしサングラスが欲しい方はGarrett Leightのサングラスを是非。

 

私も一つ愛用していますが、とてもオススメですよ。

Garrett Leight California Optical : http://www.garrettleight.com/

住所 : 149 Grand St New York, New York 10013

電話 : 917-262-0955

営業時間 : 11:00〜19:00

 
Rough Trade NYC (ラフ・トレード)

Rough Trade NYC (ラフ・トレード)

Ruby's Cafe (ルビーズ・カフェ)

Ruby's Cafe (ルビーズ・カフェ)