2009年よりNY在住で、共にファッション業界に身を置くロン毛(Wataru Shimosato)と坊主(Ryo Miyamoto)が綴るブログです。

海外生活を通して培ってきた考え方、仕事論、ファッションネタ、NY観光情報など雑多に更新中。

ブルックリンでオンラインブティックNo.648を運営しています。


ゲストエディター

Sons of Essex(サンズ・オブ・エセックス)

Sons of Essex(サンズ・オブ・エセックス)

photo via nydailynews.com

photo via nydailynews.com

価格 : $$$

音楽の黒さ : ★★★★★

オススメ度 : ★★★★★ 


バーやカフェ、ギャラリーや小さなブティックなどで地元民からも愛されるマンハッタンのロウアーイーストサイドに店を構えるSons of Essex(サンズ・オブ・エセックス)は、道の向かいにあるBeauty of Essexというちょっとお高めなレストランの姉妹店で、雰囲気もアンティークの調度品が並びイイ感じです。

 

マック&チーズ、フライドチキン、カラマリ等

わかりやすい昔ながらのアメリカン料理が中心です。

味もかなり美味しいですし、グルテンフリーやオーガニックの鶏肉を使い

ベジタリアンメニューもありますので、好みにうるさいお目当ての人を連れてきてもいいですね。

トリュフのピザなんてのもいいですね。高いですけど。

週末はブランチもやっております。

しかし、週末は激混みで、スペースも広いので、かなり騒々しいですが、月~木だったらそうでもないです。

 

そして、このレストランの特徴は、音楽がイイんです。

真っ黒なHIPHOPクラシックが常にPLAYされております。

最近のトラップミュージックなんか大っ嫌いな私としては最高な場所ですね。

 

踊りだしたくなりますが、上手くパーティとかち合ってないと難しそうです。

Video観たらわかりますが、こんな感じです。

Ja Ruleなんていつぶりに聴いたでしょうね。

 


Sons of Essex

住所 : 133 Essex St, New York, NY 10002

電話 : (212) 674-7100

営業時間 : 月曜〜水曜 17:00 - 1:00、木曜〜金曜 17:00 - 4:00、土曜〜日曜 11:00 - 4:00

 
Love Adorned (ラブ・アドーン)

Love Adorned (ラブ・アドーン)

10 Ft Single by Stella Dallas(テンフィート シングル バイ ステラ ダラス)

10 Ft Single by Stella Dallas(テンフィート シングル バイ ステラ ダラス)